e0161915_19470737.jpg

解放直後にアウシュビッツ収容所の子供用宿舎から出てくる子供たち。

1945年1月27日以降、ポーランド。

— US Holocaust Memorial Museum, courtesy of Lydia Chagoll

https://www.ushmm.org/wlc/ja/article.php?ModuleId=10005131




[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-28 20:05 | 事件 | Comments(0)


新潟県の県立高校でいじめがあり、

お頭(おつむ)の弱い女子生徒が呆れた行動に。





この高校は偏差値40とのこと。

・・・なるほどね。





[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-27 13:52 | 事件 | Comments(0)

えっ、ほんと?



・・・このBM、税金で購入ですよね?






この車然り、おしゃれな車を運転する人は、

運転も華麗でいてほしいです。






[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-26 20:42 | Comments(0)

message


それは相手もあなたも明るくなる話題ですか?


黙っていたほうが良いと思うなら、

自分だけの心にしまっておきましょう。

余計なことは言わないほうがいい。



[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-25 21:03 | message | Comments(0)

message


退屈でも、同じことの繰り返しでも、

それがしあわせなのかもしれませんよ。

[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-24 23:13 | message | Comments(0)

DEPARTURES


小室さんを「ザ・ベストテン」という歌番組で初めて見たときよりも、

今までのどの小室さんよりも、

先日の会見の小室さんのほうが好きです。

今の小室さんなら私でも傍にいたいと思います。

やっと人らしくなったような印象でした。


今更ですが、小室 哲哉という名前は本当に大きく重いですね。


6年もの月日を「介護」に費やすとは、

心身ともに疲弊するものだと思います。




[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-22 22:19 | 好きな曲 | Comments(0)











[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-21 15:34 | 介護 | Comments(0)






[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-21 15:29 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

Because I Love You


来月88才を迎えるお客様。

最近、歩行に自信が持てなくなったと仰る。

認知症もなく、内科的な疾患もない。

元社会的地位がお有りで、今も終日品行方正です。


スタッフから「○○さんがお呼びです。」と内線があり、居室へ出向いた。

○○さんが神妙な面持ちでゆっくりと話し始めた。

「図らずも私は恋をしました。

 ついては相手に私の気持ちを伝えては頂けないだろうか。」

(ほぉ・・・)

「承知しました。それでは相手の女性のお名前をお教えください。」

すると○○さんは私の名刺を取り出し私に手渡しました。



相手が私でなければ素敵なお話しだ。














[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-19 22:00 | 好きな曲 | Comments(0)

L'intimité


ご入居から6年が経ち、老衰で旅立った命がある。

遺品となった居室の中の大量の洋服、眼鏡、ルームシューズ・・・

「すべて処分してください。」

そう言ったご家族の目には涙がなかった。


6年のあいだに、一度も会いに来なかった嫁と孫。


「息子と2人で暮らしたい。」・・・口癖だった。








[PR]
by miyabinahiro | 2018-01-18 16:04 | 好きな曲 | Comments(0)

虎なmakoです。