<   2011年 03月 ( 57 )   > この月の画像一覧

映画音楽メドレー







by miyabinahiro | 2011-03-31 22:42 | 好きな曲 | Comments(0)

Nino Rosso



by miyabinahiro | 2011-03-31 22:30 | Comments(0)


赤ちゃん一時避難プロジェクト


お母さんが安心して過ごすことが小さなお子さんにとって何よりの栄養です


お問い合わせ赤ちゃん一時避難プロジェクト・湯沢町へ

◎ 費用は無償 →宿泊、食事、医療費など無料で提供! エリアにより移動の支援もいたします。下記問合せ先(仙台)までご相談ください。
◎ 小さなお子さんとお母さんを →ご家族でという方もご相談ください。
◎湯沢町が自治体全体で全面的にサポート
→自治体、宿泊施設、 地域の全面支援で安心。
◎ 民間宿泊施設をご用意 →2組同室も。友達同士でのお申し込み可。
◎ 小児科医や保健師、チャイルドマインダーなどが常駐
◎ 滞在期間は4月末までを予定 →期間途中でのご帰宅も可能です。


・運営は、NPO 法人 全国商店街まちづくり実行委員会、NPO 法人 日本ファーストエイドソサェティ、アトム通貨実行委員会仙台支部[NPO連携]GANBARO↑MIYAGI/宮城復興支援センター 、NPO法人災害人道医療支援会(HuMA)が行います。

・湯沢町民よりみなさまへ「私たちも中越地震では全国のみなさんに助けてもらった。困った時はお互いさま。」

●お問い合わせはこちらへどうぞ 【赤ちゃん一時避難プロジェクト事務局】

仙台
電話:022-256-2231
メール:npo@gakuwarinet.com
[NPO 連携]GANBARO↑MIYAGI /宮城復興支援センター 担当:茂木

湯沢町
電話:025-784-2460(24時間対応)
湯沢町公民館(「赤ちゃん一時避難プロジェクトの件で」とお伝えください)


【赤ちゃん一時避難プロジェクト・湯沢町へ 実行委員会】
湯沢町 町長 上村清隆
NPO 法人 全国商店街まちづくり実行委員会 理事長 安井潤一郎
NPO 法人 日本ファーストエイドソサェティ 代表 岡野谷純
アトム通貨実行委員会仙台支部
[NPO連携]GANBARO↑MIYAGI/宮城復興支援センター センター長 茂木秀樹
NPO法人災害人道医療支援会(HuMA) 理事長 鵜飼 卓

Twitter公式アカウント:@move_baby

・支援してくださる小児科医・保健師(看護職)・チャイルドマインダー・心のケア専門家も募集しています。

このプロジェクトの運営に関するお問い合わせ、メディアの方は下記まで。

赤ちゃん一時避難プロジェクト 実行委員会 担当:安井 yasui@mps.ne.jp



[赤ちゃん一時避難プロジェクト・湯沢町へ]より
by miyabinahiro | 2011-03-30 22:52 | 子育て | Comments(0)

Pray for JAPAN



by miyabinahiro | 2011-03-30 21:25 | Comments(0)

被災した障害者支援

大阪のNPO、基金2億円全額投入 

被災した障害者支援



阪神大震災を機にできた障害者支援のNPO法人「ゆめ風基金」(大阪市)が、16年かけて積み立てた基金約2億円の全額を、東日本大震災で被災した障害者の支援に投入する。「こんな日のためにためてきた。救える命をいま救いたい」という。

 「訪問介護の利用者が津波に巻き込まれ行方不明です」

 「お金が底をついた。早急に援助してほしい」

 ゆめ風基金のブログには、被災地の団体からの悲痛な訴えが並ぶ。障害者の状況はなかなか伝わってこない。そこで、安否確認や支援態勢づくりに役立てようと、被災地の約20団体からメールなどで得た情報を掲載したところ、アクセスが殺到。事務所では「支援したい」という電話が鳴りっぱなしだ。

 基金の設立は1995年6月。阪神大震災のとき、障害者の中に逃げ遅れや避難所で体調を崩した人が相次いだことから、障害者や支援者らが立ち上げた。永六輔さんや小室等さんら著名人にも協力を呼びかけ、約1万人の会員が集まった。基金の元手は寄付金で、新潟中越沖地震やハイチ地震など、これまでに総額約4千万円を国内外の障害者支援に役立ててきた。

 今回も素早く動いた。理事の八幡隆司さん(53)は、各地の障害者団体でつくる障害者救援本部を代表し、18日から20日にかけて福島県郡山市と仙台市で障害者の避難状況を確認。現地の団体から現状を聴き取ったところ、ガソリン不足でヘルパーが介護に向かえなかったり、筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者のたんを吸引するチューブが不足したりしているという。

 知的障害者の中には、生活サイクルの急変で精神的に不安定になり、家族の負担も深刻化しているという報告もあった。対応が急務だとして、郡山、仙台の両市に障害者支援のための拠点を作ることを決め、21日に帰阪した。

被害が深刻な地域では、連絡すら取れない団体もある。事務局長の橘高千秋さん(59)は「助けを求められず孤立している障害者はたくさんいるはず。助かった命をなくしたくない」と支援を呼びかけている。

 救援金の送り先は「ゆめ風基金」(郵便振替口座00980・7・40043)へ。問い合わせはメール(yumekaze@nifty.com)で。(阪田隼人)



朝日新聞 2011年3月24日
by miyabinahiro | 2011-03-30 00:26 | Comments(0)

KOKIA












by miyabinahiro | 2011-03-29 23:18 | 好きな曲 | Comments(0)

メッセージ

何を甘ったれているのかと思う。

絶望などと簡単に言えるなんて。

それで・・・

よくも魂を救うなどと言えるものだと。

それで・・・

よくも魂の叫びなどと言えるものだと。


さよならすら言えずに永遠の別離が訪れた哀しみが、

どんな傷みなのかを。

あなたには分からなかったと言うのか。


自分に酔っている時間があるなら、

ふたたび本気で人の魂を救うことです。


それがあなたが自ら選んだ道だったはずです。



あなたが言う『絶望』と闘っている人の魂の涙が、

あなたには聴こえませんか?

by miyabinahiro | 2011-03-28 21:36 | Comments(0)

Only Time






誰にわかるというの?
道がどこに向かっているのか
一日がどこに流れていくのか
時だけが知っているのよ

誰にわかるというの?
あなたの心が選んだ愛が
大きく育っていくかどうか
時だけが知っているのよ

誰にわかるというの?
愛が舞い上がるとき
なぜ心がため息をつくのか
時だけが知っているのよ

誰にわかるというの?
愛が嘘をつくとき
なぜ心が叫びを上げるのか
時だけが知っているのよ

誰にわかるというの?
いつ道と道が交わるのか
その愛は
あなたの心のなかにあるのかもしれない

誰にわかるというの?
いつ一日が眠りにつくのか
もし夜があなたの心をすっかり
捕えているのなら

夜があなたの心をすっかり捕えているのなら

誰にわかるというの?
時間だけにわかるのよ


訳せ!カウントダウンより
by miyabinahiro | 2011-03-28 20:55 | 好きな曲 | Comments(0)

今の私にできること

この度の被災地への応援のため、

子どもが1月に合格していた明訓高校の、

入学金ほか学校納入金等諸経費を、

全額日本赤十字社に送金させて頂きました。


初年度に納めるものは用意できましたが、

卒業までの経費を支払い続けるのは困難だったと思います。


子どもが明訓高校に入学していたならできなかったことですが、

これが今の私にできる最大限の応援です。


どうか、どうぞ、

お1人でも多く心が救われますように・・・

お祈り申し上げます。



私の子どもは公立高校に入学いたしますが、

必ずや、

社会のお役に立てる人間に育てます。

待っていてください。

お願いいたします。
by miyabinahiro | 2011-03-27 22:45 | Comments(0)

被災したのは人間だけじゃない、

被災地のペット様子が報じられ話題に



e0161915_21571059.jpg



この度の東日本大震災、被災したのは人間だけじゃない。ペットとして飼われていた動物達も同様に被災している。

Youtubeに被災した動物の動画がアップされ、中国新浪新聞でトップニュースとして報じられた。

アメリカ、ロシアをはじめ世界中で既に5万人以上が閲覧しているらしい。中国でも多くのネットユーザーの心を揺さぶり、「可哀想」「早く助けてあげて」など同情の声が集まっている。


映像に収められた犬は首輪をしており、元々飼い犬だったようだ。痩せて疲れきった様子だが、傷ついた仲間の傍を離れようとしない。

怪我をした犬は既に自分で動くことができないらしい。じっとレンズを見つめ、怪我をした仲間だけでも助けてほしいと言わんばかりだ。

中国メディアによると、この2頭の犬は保護され、うち1頭は手当てを受けるため搬送されたという。多くの人が引き取りたいと申し出ているそうだ。

主人を失ったペットはその多くが自分の力だけでは生きていくことができない。また、人間、ペット両者が助かった場合でも、避難施設に連れていくことができず泣く泣く放棄するケースも少なくない。

被災者にとってもペットは大切な家族の一員である。被災動物支援団体への募金やペットの一時的な引き受けも一つの被災者への支援の形ではないだろうか。

参照元:新浪新聞(中国語)

http://rocketnews24.com/?p=81606
by miyabinahiro | 2011-03-27 22:01 | | Comments(0)