戯言 その18くらい

 

図書館からの帰り道、県庁の前を通りました。

テレビカメラや記者が集まって来ていました。

米山知事はね、今日の県庁をどんな思いで見つめたのでしょう。


うちのココちゃんの散歩コースは県庁敷地内の「県庁の森」。

「職員用駐車場」には普段と変わらないたくさんの車が停まっていました。


絵に描いたような美しい経歴があっても孤独には勝てなかった?


孤独に慣れている私は「誰かに傍にいて欲しい。」と、

5年に1度くらいは思いますが、私は強いですからね。


昔ね、すすきのでこんな言葉を聞いたことがあります。

「すべてを失ってもいい程イイ女か?を基準に女性を選ぶ。」

と言った男性がいました。

そう言った男性も誰でも知っている公人でしたが、

見事に女性の噂はまったく出ませんでした。


願わくば、米山元知事にもそんな強さが欲しかったと思います。

有能な秘書に恵まれなかったか。


何より、

「その女性」が簡単に口を割る女性かどうかくらいは見極めるべきでしたね。


一瞬にして世界が変わったことでしょう。

愚かなことを考えず、

自分を見つめ直したら、

誰かのためだけに生きてみるのも道だと思います。


大勢の人に必要とされなくても、

大勢の人を照らせなくとも、

たった1人の誰かの太陽になりますように。










[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-18 21:21 | Comments(0)

やすみの使いかた


今日は仕事がやすみ。

(・・・なんとなく休んでばかりだな。)


取りたい資格が見えて来ました。

実は未だ迷いはありますが、

学校に行かずに取れる国家資格の勉強をしようと考えています。

資料を取り寄せ、「これかな。」と。

ま、ね、合格率が5%もないから無謀ですが。


介護とは畑違いの資格ですが、

勉強したいと思ったときが始め時。


さて、図書館に行ってきます^^



[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-18 13:51 | Comments(0)


新潟県知事の米山氏が、2年半の任期を残して辞職するという。

医師と弁護士の資格を持つ米山氏は無敵なはずだが、

仮に記事が事実なら残念であり、ご本人も無念であろう。


visualでいうなら三条市の市長は俳優としても生きて行けそうだが、

誰かが足を引っ張ろうとしてくだらない噂を流そうとも動じない。


米山氏も、できることならばつまらない噂であるならば突っぱねて欲しかった。


「あぁ・・・この写真が記事になったなら仕方ないかな・・・」

つまりは、公人は文字通り「公人」である。

「隠したいプライベートを持ちたいなら公人にならないことである。」

・・・という意識がなければ務まらないのかもしれないな。















[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-17 06:23 | Comments(0)

十年先のラブストーリー







[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-17 06:05 | 好きな曲 | Comments(0)

自分へ


哀しいことは気づかないこと。

もっと哀しいことは気づいても直せないこと。




[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-15 19:48 | Comments(0)

迎賓館TOKIWA

こちらの結婚式場、迎賓館TOKIWA

CMの女性があまりに美しいので検索しました。



e0161915_16561300.jpg
澤田泉美さんというモデルさんです。

https://ameblo.jp/sawada-izumi/entry-12073652561.html



迎賓館TOKIWAのプロモーションビデオです。







ちなみに、私は札幌の伏見にある、

ヒルサイドクラブ迎賓館で結婚式をあげるのが夢でした。

https://www.tgn.co.jp/hall/sapporo/hcs/



[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-11 17:12 | Comments(0)

津川 狐の嫁入り行列


一昨日、仕事で津川と言うところへいきました。

毎年、5月3日は「狐の嫁入り行列」というイベントがあるそうです。

本物の結婚式とのことです。


e0161915_20251265.jpg

e0161915_20272427.jpg

警察官も狐のメイクをするそうです。

e0161915_20335077.jpg


お昼は「塩屋 橘」さんにてお蕎麦を戴きました。

http://www.shioyatachibana.com/oheya.html





[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-10 20:35 | イベント | Comments(0)

不機嫌を抑えよう


不機嫌は、あらゆる害悪のもとです。

子供は、不満があっても、それをうまく表現する言葉を持たないし、

大人と対等にわたり合うこともできないので、

すねたり、だだをこねたりするという手段を用いるのもやむをえません。


しかし、結局、不機嫌からは何も解決策は生み出されないし、

むしろ事態を悪化させるだけであるということを学ぶことが、

大人になるということではないでしょうか。


不機嫌の原因が他人のせいであっても、

自分が不機嫌になるということが、子供じみた行為であることを認識すべきでしょう。


他人に腹が立ったとき、怒りにまかせて文句を言ったり、

仕返しをしたりすることが、「他人に勝つ」ということではありません。


また、人を許すことは、「負けて引き下がる」ことでもありません。


そもそも、人間関係に勝ち負けなど存在しませんが、

どうしても勝ち負けにこだわるなら、「どちらが大人か」という点で勝負すればよいのです。

嫌なこと、辛いことは避けられなくても、不機嫌は心がけ次第で避けられます。

「ムカツク」「キレル」などという言葉は、自分の甘えや弱さから出てくるものです。


不満があるなら、知恵をしぼって、前向きな解決策を考え出すべきでしょう。


それができない自分、いいたいことをはっきりいえない自分へのふがいなさが、

ますます不機嫌を増幅させてしまうのです。

自分をごまかしてはいけません。

誰も、不機嫌な人と仲良くしたいとは思わないでしょう。

ニコニコと機嫌よくしていれば、自然とまわりに人が集まってくるものです。


他人に媚びを売るというのではありません。

媚びを売るのは、自分に自信のない人です。

笑顔で他人に接するということは、相手を尊重するということです。

自信に裏打ちされた、精神的な強さが要求されます。


朝、目を覚ますと、まっさらな一日があなたを迎えてくれます。

さて、あなたは、今日という日を、にこやかに楽しく過ごしますか、

それとも、イライラと腹を立てて、台無しにしますか。

(文・たかたまさひろ)


この記事と出逢ったのは8年前です。

・・・

「どうしても勝ち負けにこだわるなら、「どちらが大人か」という点で勝負すればよいのです。」

・・・




[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-09 13:36 | 気づき | Comments(0)

人生の扉




会社の車を運転していたときに流れてきた曲です。

お客様が「あら、良い曲ね。」と。


ずいぶん昔に聴いた曲ですが、

(・・・そのとおりだな)と心に沁みました。



[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-06 21:56 | 好きな曲 | Comments(0)


食べ物をくださいと懇願する犬

…やっと手に入れた焼き鳥をくわえ向かった先は?


e0161915_18023832.jpg


出典:https://irorio.jp/omochi/20170109/379226/


動画がありますのでご覧ください。

[PR]
# by miyabinahiro | 2018-04-04 18:07 | Comments(0)

虎なmakoです。