断捨離

断:入ってくるいらない物を断つ。


捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。


離:物への執着から離れる。

「日本では伝統的に「もったいない」という観念・考え方があるが(これはこれでひとつの考え方・価値観ではあるが)、この考え方が行き過ぎると物を捨てることができなくなり、やがてすでに使わなくなったモノ・将来も使うはずがないモノなどが家・部屋の中に次第に増えてゆき、やがては自分が快適に居るための空間までが圧迫され、狭くなり、また人は膨大なモノを扱うのに日々 膨大な時間や気力を奪われるようになってしまい、知らず知らずのうちに大きな重荷となっていて心身の健康を害するほどになってしまう。」

参照:断捨離

家にある使わない物を、車に積めるだけ積め込んで、

清掃センター⇔家を2往復しました。

10キロ60円ですって。

2往復して1000円弱でした。

あと、着ない洋服をリサイクルに出したら493円でした。

1点5円、名前が書いてあったり、売り物にならない衣類は1点1円とのこと。

売り物にならないのに何故買い取るのかなぁ・・・と思い、尋ねると、

「海外に送るんです。」との回答でした。


ゴミステーションに出せない大型ゴミは持ち込んだほうが安いです。


いつか使うから・・・思い出があるから・・・

中々ね、いつまでも、恐らく未来永劫使わないのに。


哀しい記憶やつらい思い出も断捨離いたします。







by miyabinahiro | 2018-11-12 20:26 | Comments(0)