ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

時代錯誤な親分


やくざ映画にはヒットマンという存在がいて、

親分のためなら命をも投げ出し罪を被る。

今の時代にはおおよそ流行らない時代錯誤なシナリオである。


そんな時代錯誤な真似をさせた上層部の罪は重い。


20才の青年の会見は、昨今の誰の会見よりも心がありました。

誰かが書いていましたね、

「体は大きいけれど、雨に打たれて震える子猫のようだった。」と。


日大アメフト部は存続するだろうか。

精神を叩き直すのは指導者の名を借りた親分(上層部)であろうな。









[PR]
by miyabinahiro | 2018-05-23 16:56 | Comments(0)