ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

戯言 その18


昨日は夜9時30分頃に休みました。

変則的な勤務時間などでダウン。

「眠れないときに聴く音楽」とかいう曲をiPadで聴きながら休みました。

夜中何度か目が覚めましたが、

8時間は眠れてうれしかった^^

基本的に、6時間を切ると寝不足です。


お客様の受診送迎で車を運転する機会あります。

大学病院にも行きますが、

私はこちらの生まれではないから、

大学病院の名前をフルネームで呼びます。

「しんだい」とは「信州大学」のことだと思っていたから、

「新潟大学」を「しんだい」と呼ぶことに慣れませんでした。


例えば「岩手大学」は「がんだい」、

なら「近畿大学」は「きんだい」、

「金沢大学」は「きんだい」・・・?

ま、いいか。


つまりは、その土地でしか通用しない呼び方があるわけだな。



数日前に、入浴介助をアセスメントしていたときのこと。

リフト浴の介助を見ていたら、スタッフが目を離してしまった。

私がいたからそのスタッフはその場を離れても良いと思ったのだろう。

それなら声をかければいいがそれもない。

なぜ目を離すのか尋ねると、

「タオルを取りに行きました。」

始めから用意しておけば良いのだと伝えたのは2度目。


ヒヤリハットを書くように伝えると、

「機械浴」は「リクライニング車椅子」に書き換えられ、

「リクライニング車椅子に移乗しているお客様が溺れるわけがありませんから、

 ケアマネの見間違いだと思います。」と記載してあった。

・・・あ・ぜ・ん。

そのときの状況を見ていた別のスタッフも唖然としていた。


その職員の言動は意図的ではなく、

「自分でしたことを本当に覚えていないみたいです。」とスタッフが教えてくれた。


お客様と会話が成立せず、

ほかのスタッフの誰ともコミュニケーションが取れない。

明日は辞めるだろうと言われ続けるも出社して来る。


私は彼の指導係ではないから、話さなくても関わらなくても困らない。


介護業界は人手不足なのは事実だろうが、

「誰でもいいから頭数を揃えなくてはならない」

・・・これが現実か。








[PR]
by miyabinahiro | 2018-03-23 22:49 | Comments(0)