そこまで言うなら自分の親くらい


モンスターな家族。


認知症の症状が重度になればアリセプトも効果は期待できないらしい、

抑肝散を処方されるのも珍しいことではない。

しかしながら、

「親父の認知症が進んだのはアリセプトを飲んでいなかったからだ。

 東洋医学は信用できない。」

 
・・・

「居宅療養管理指導は薬剤師が金儲けのためにやってるそうだな。

 処方箋があれば全国どのこの調剤薬局での処方してもらえるのに、

 わざわざ薬剤師に設けさせる必要はない。」

(他で言わないほうがいい、無知をさらすことになる)


キザミ食を提供しているのに「とんかつ」を置いていく家族。


医者の指示とおりに内服薬を持ってきた薬剤師さんに、

「こんな薬は効かないんだよ! 医者にそれぐらいどうして言えないんだ!」

医師に直接言ってくださいと薬剤師さんに言われて、

「それが客に向かって言う言葉か!」と言い返す家族。


救急搬送したが家族に連絡が取れない、

やっと連絡が取れて家族から言われた言葉、

「いつごろ調子が悪くなりそうだくらい分かるだろう?

 こっちは旅行に行っていたんだ、

 分かっていたら旅行になんて行かなかった。

 携帯電話をお持ちくださいくらい言うのが親切じゃないの?」


・・・もうめちゃくちゃだ。


(おまえ、いいかげんにしろよ、んじゃ、じぶんのおやくらいじぶんでみろ)



 



[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-28 19:20 | Comments(0)