『るろうに剣心』から学ぶ



『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』


・・・じーん。

凄い映画だ・・・


テレビが始まる1時間前にアラームをセットして、

残業を切り上げて家路を急いだ。



この映画を見て、「執着とこだわり」の違いを学んだ。


執着は、伊勢谷友介が演じた「過去」、

こだわりは「逆刃刀」


執着は自分の足に枷を着けて成長を阻み、


こだわりは、哀しみを呼ばず幸せに繋がる。


この映画が教えたのはきっと、

人の心を打ち、伝わるのは『愛』。


歴史と過去とは、「学ぶ」ためにあること。


執着を解き放てるのは、自分自身でしかないこと。

























[PR]
by miyabinahiro | 2015-11-07 01:58 | | Comments(0)