泣く泣く「オコエ1位指名」回避


野球賭博が巨人ドラフトを直撃…泣く泣く「オコエ1位指名」回避


2015年10月24日 6時0分

東スポWeb


 巨人のドラフトを野球賭博問題が直撃だ。22日、都内で開かれた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、41年ぶりに監督不参加となった巨人は、1位で立命大の最速150キロ右腕・桜井俊貴投手(22)を指名。即戦力投手を一本釣りで交渉権を獲得した。一方で“投高打低”が叫ばれながら、当初評価の高かった関東第一・オコエ瑠偉外野手(18)は直前回避。背に腹は代えられない苦しい実情が浮き彫りとなった――。

 大山鳴動した結果、巨人のドラ1指名は「即戦力投手」の桜井だった。異例の監督不参加という事態で、報道陣の取材に応じたのは堤GM。評価については「(桜井指名を決断したのは)昨日の夜です。球種も多彩で、直球も速い。ウチの投手陣の中で、来年の先発ローテーションの一角を狙える力が十分にある」と評価を語った。

 野手ではなく、投手を指名した理由については「ディフェンスの重要性です。もちろん、打者を補強するべきとの声があるのは知っている。ただ何より、ディフェンスだろうと」と語った。

 高橋由伸に監督就任要請を行った際、久保球団社長は「打ち勝つチーム作り」を掲げていた。それでも今回のドラフトで投手を指名せざるをえなかった裏では、いったい何が起きていたのか――。

「オコエがなんとしても欲しい」。世間が夏の高校野球に沸いていたころ、巨人首脳の視線は抜群の身体能力を爆発させて甲子園で躍動する1人の高校生野手に集中していた。先月29日のスカウト会議後には、山下スカウト部長が「オコエは甲子園で評価を上げた選手。評価を変えて(1位候補である)Aクラスになった」と明言。久保社長、堤GMら幹部も熱視線を送っていた。育成を除き5年連続で外野手指名を見送っていること、主力野手の高齢化、若手スター候補の不在…。オコエを1位指名する筋の通った理由はいくらでもあり、球団内では獲得への期待感が高まっていたところだった。

 しかし、会議直後の10月5日に福田と笠原が絡む野球賭博問題が発覚。ここから、事態が急転した。福田はもともと戦力外候補だったが、笠原は今季も20試合に登板していた。将来は先発候補としても期待できる逸材だったが、NPBの裁定がどうであれ、今後戦力として計算できるはずがない。

 さらにドラフト前日には既出の2投手に加えて、2011年のドラ1左腕・松本竜も野球賭博に関与していたことがNPB調査で発覚するという騒動に発展。支配下投手3人が賭博問題で“戦力外”となった事実は、チーム編成上の大打撃だった。

 球団は10月初旬以降、宮崎で開催中のみやざきフェニックス・リーグに編成担当者を派遣し、他球団の来季構想から漏れそうな投手のリストアップを開始したが、笠原らに代わり一軍即戦力となりそうな投手は簡単に見つからない。いまだ賭博問題がくすぶり続けているなか「1位は投手でいくしかない」(球団首脳)と判断。オコエ指名は泣く泣く見送るしかなかった。

 前日に巨人が開いた会見では、ドラフト会議への参加を辞退すべきではとの厳しい声も上がっていた。堤GMは神妙な表情で「若い選手を中心に(野球賭博などの不祥事)再発防止策を立てていく。二度とああいうことが起きないようにしたい。(交渉権を獲得した選手たちには)絶対に間違いのない球団だと申し上げたい」と宣言したが…。傷ついた盟主復活への道のりは果てしなく長い。




なるほどね。
[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-24 12:14 | スポーツ | Comments(0)