祖先



ところで、私という個人は、

自分の両親である父と母の間において授かり、

この世に生を受けてきていますが、

その父と母も、同じく、

その両親によって、この世に生を 受けてきています。


このように考えますと、例えば、500年さかのぼれば、

たぶん、 10世代として、2の10乗=1024人の人たちのおかげで、

今の私が、ここにいるということになります。

神様は、どのような存在なのかは、分かりませんが、


私と関わりを持つ祖先は必ず誰にでもいるはずですから、


自分と関わりをもつ祖先を、

あまり粗末にするのは、良くないのかもしれません。



出典:祖先

























[PR]
by miyabinahiro | 2015-07-14 22:04 | 学習 | Comments(0)