ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

良寛うどん



e0161915_14461670.jpg



国上寺の茶屋にて「良寛うどん」を食べました。

もう美味しいのなんのって忘れられない味になりそうです。

具材は里いも、こんにゃく、にんじん、どんこ、長ねぎ。

みそ仕立てでした。

是非とも家で作ってみようと思います。
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-05-04 14:52 | 旅行 | Comments(0)

国上寺

e0161915_2364885.jpg


e0161915_237762.jpg


弥彦山の帰りに国上寺(こくじょうじ)に行って来ました。

なんと!「ぼけ封じの観音様」があったのです。

私の前にいらした女性が「うちのおじいちゃんみたいにボケませんように」と手を合わせていました。

その言葉に驚いた私に気づき、女性はニコッと笑いかけました。


その方はお嫁さんの立ち場なのでしょうか・・・

あるいはお父様の介護をされていらっしゃるのかもしれませんね・・・
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-05-03 22:38 | 旅行 | Comments(0)

東京まで281km!

長岡東インターに「東京まで281km」という表示がありました。

札幌を基点とすると、どのあたりまで行くでしょうか。

281kmは決して短い距離ではないのに、なぜかとっても近く感じます。

札幌から目的地まで、直線距離700キロを車で南下した所為なのでしょうね、

「東京まですぐそこかぁ・・・」と、思わず口にしてしまいました。

私は浪人~大学、その後を合わせると約8年間を東京で過ごしました。


浪人時代は、現在「都庁」がある向かい側の「十二社(じゅうにそう)通り」に住んでいたのですが、

「太陽にほえろ!」の撮影を、都庁建設前の中央公園でしているのを何度か見た記憶があります。

(ちなみに、十二社通りに東京で唯一の温泉、「十二社温泉」があるんですよ。)


「おのぼりさん」という表現がまだあるのなら、

私が今、東京に行ったなら上ばかり見てしまうのでしょうね、だって25年も前のことですから・・・


大学の専門課程に入ってからは、「板橋区役所前」という都営三田線の駅近郊に住みました。

懐かしいと思える今の環境に感謝です!
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-05-02 05:58 | 自分のこと | Comments(0)
長岡の平潟神社に行って来ました。

神社にて、長岡は「山本五十六」生誕の地であると教えられました。

山本五十六の有名な言葉が

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」 ですね。

これは、あらゆる指導者に共通する理想的な教えなのでしょう。


真珠湾攻撃やミッドウェイが舞台となった第二次大戦の話しを、母から何度となく聞かされました。

「あなたたちは、戦争という事実を後世に伝える義務があるのよ、

戦争は二度と繰り返してはならないのだから。」・・・母の口癖でした。
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-04-29 21:24 | 気づき | Comments(0)

e0161915_1930318.jpg


西暦208年。天下統一の野望に燃える漢の丞相・曹操(そうそう)の攻撃によって追い詰められた劉備(りゅうび)軍の天才軍師・孔明(こうめい)は「天下三分の計」を説き、曹操軍に対抗するため、孫権(そんけん)軍との同盟を提案。自ら孫権のもとに向かい、そこで交戦派の司令官・周瑜(しゅうゆ)と出会い、信頼関係を築く。こうしてかつて敵同士だった劉備軍と孫権軍が手を組むが、連合軍の兵はわずか5万人。対する曹操は80万人もの大群を率いていた。圧倒的な力の差がある状況下、連合軍に勝機はあるのか?

三国志とは?
「三国志」の舞台は今から約1800年前の中国、「三国時代」と呼ばれる時代。それまでは「後漢」という王朝が中国全土を支配していたが、政治の腐敗や民衆の反乱などにより王朝の支配力が衰退。各地の有力者たちは自身の勢力拡大の戦争に明け暮れるようになる。この群雄割拠の時代は約50年にわたって続くが、最終的には3つの勢力が生き残った。これらの三大勢力は、それぞれ独自に皇帝を名乗って魏・呉・蜀という国を興し、この三国がさらに約50年間、天下統一を目指して戦争を続けることになる。狭義の「三国時代」は229年から280年までの約50年間だが、いわゆる「三国志の時代」という場合には、三国成立以前の群雄割拠時代も含まれることが多い。また、小説などでは「三国時代になるまでの時代」が主に扱われていることが多い。
~紹介文より~


久々に感動した映画です! 「おくりびと」以来です。

この時代は、日本が弥生時代の終わり頃なんですね。

流石に、4、000年の歴史のある国です。


流暢な中国語を話す金城 武にうっとり・・・。

重鎮かつ聡明な役柄だからでしょうか、非常に存在感がありました。


リン・チーリンという女優さんが美しいのなんの・・・・

e0161915_201647.jpg



是非ご覧あれ!
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-04-28 19:34 | 映画 | Comments(0)

介護保険が使えない



4月26日(日)21:00-21:49、NHK総合
4月29日(水)15:05-15:54、NHK総合(再放送)

番組名「NHKスペシャル」
テーマ「介護保険が使えない」

2000年4月にスタートした介護保険制度。
「家族が担ってきた介護を“社会化”し、必要なサービスを自ら選択。自宅で最期まで生活できるようになる…」そこにはバラ色の未来がうたわれていた。
10年目を迎えた今、その理想が実現したとは言い難い。
今回NHKは、超高齢化社会を先取りしていると言われる都内のある団地に注目した。
介護保険についてアンケートを行ったところ、1000世帯あまりから回答があり、十分なサービスが提供されず、社会から孤立する高齢者、介護家族が増え続けている実態が明らかになった。
当初、国は制度の導入を優先し、その後は「走りながら考える」としてきたが、財源問題などに追われ「介護保険がどこまでサービスを担うのか」「制度を運用する自治体がどのような役割を果たすのか」といった重要な議論は先送りされてきた。
今後、団塊世代の高齢化が進めば、さらに多くの人々が介護保険の網からこぼれ落ちる事態になりかねない。
番組では独自のアンケートをもとに介護現場が直面する深刻な実態を浮かび上がらせ、さらに介護事業者や自治体などの取材を通して制度の問題点を検証。
介護保険にどのような改革が求められるのか、高齢者介護はどうあるべきか、考える。

~介護情報サイトから~
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-04-25 09:37 | 介護 | Comments(0)

http://www.woodylove-takabe.com/voice.html

上記のアドレスで、メルヘンな世界に出逢えます!

犬小屋の他に、メールBox(ダルメシアン模様やてんとう虫模様など)やフラワーBox,
テーブルも制作しているそうです。

是非、ご覧くださいませ。
e0161915_1055197.jpg
e0161915_10594245.jpg


e0161915_1054960.jpg
  e0161915_1163897.jpge0161915_11764.jpg
e0161915_1110040.jpg

[PR]
# by miyabinahiro | 2009-04-22 22:23 | | Comments(0)

わん!ルーム


e0161915_200373.jpg
e0161915_2005225.jpg



最近、やっと自分の家だと認識するようになりました。

昨日まで大雨でしたが、今日は晴天!


スペースからすると、もう1頭入れます。
最初は2頭を一緒にしていたのですが、鎖がからまってしまい、
危険な状態になるので北海道犬用のワンルームはもう1軒別に置きました。

軽自動車なら、サイドブレーキを外せば引っ張れるほどの力がある犬です。
この犬ログハウスは総重量が350キロありますが大丈夫かな・・・と、心配しましたが大丈夫でした。

今年10才を迎えますので、やんちゃはしなくなり随分おとなしくなりましたね・・・

ピレネー犬の体重は50キロ、北海道犬は30キロ、2頭の合計80キロ!

これまでは1頭ずつ散歩に行っていましたが、今は2頭一緒に散歩に行けます。

北海道犬は今年で14才になりますから、走る元気はなくなりました。

いつも一緒の2人(?)なので、何をするのも一緒です。

お昼寝のポーズも同じでした。
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-04-18 20:28 | | Comments(0)

ブログ名変更

昨年度末でサー責を退職しました。

近々ケアマネとして就職もしたいと考えています。

それで、これを機会にブログ名を「ケアマネmakoのひとりごと」に変更いたしました。

今後とも末永くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。かしこ
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-04-18 19:42 | Comments(0)

今日は鮭のフライ



e0161915_1936207.jpg



鮭のフライ、子持ちめかぶ、里芋の煮物、わんたんスープ

介護の仕事を通して、誰が私を育ててくれたかと言うと「利用者さん」です。

デビュー当時に私が作れたものは・・・カレーライス、肉じゃが、炊き込みご飯の素を使った炊き込みご飯。

・・・くらいのものです。

だから、子どもに何を食べさせてるの?と、周囲が心配したほどでした。


料理も利用者さんから教えて頂いたのです。

利用者さんからよく言われました、「あなたには教え甲斐があるわ、だってなんにもできないんだもの。」

「できることは自分でしましょうね。」とのケアマネさんの言葉より、

私が訪問することが自立支援につながっていましたね・・・
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-04-16 19:56 | 今日の料理 | Comments(0)