入院・介護SOS


e0161915_19552511.jpg



老親が倒れた時、まずどうしたらよいかや、まだ動けないのに病院から退院を迫られた時の対処法など、誰でも経験しそうな医療・介護にまつわる事柄を、119項目ピックアップした。「看(み)取り」や「老後の住まい」も含め、知っておいた方がいい情報や相談先が、イラスト入りでわかりやすく紹介されている。

 著者は、新聞や雑誌などで活躍する医療・福祉ジャーナリスト。利用者の目線に立ったアドバイスが満載だ。1500円(税別)。創元社。

(2008年4月8日 読売新聞)


ケアマネの知識を深めようと購入しました。

本当にわかりやすい本です。

お勧めの一冊です。
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-27 19:53 | 介護 | Comments(0)

ねこいぬくん


ばぶたちの散歩コースに、ビーグル犬を飼っているお宅があります。

そのビーグル犬が「ねこいぬくん」です。

いえいえ、私が勝手につけた名前です(飼い主さん、ごめんなさい)。

ばぶたちを見つけると塀(ブロック塀です)の上にのぼって来て、

「う~っ・・・わん!」

ばぶとじじは無反応・・・


あるとき飼い主さんに「塀から落ちませんか?」と尋ねたところ、

「たまーに落ちます(笑)。」とのこと。


塀の内側には上りやすいように階段があるのだとか。


まぁ・・・犬が塀の上にいても・・・いいかぁ・・・
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-27 17:07 | | Comments(0)

あなたが好きで





「あなたしか見えない」という曲を知り、その次に知ったのが「あなたが好きで」でした。

恋をすれば、その人のことで心がいっぱいになります。


せつないけれど、愛さずにいられない・・・
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-27 13:56 | 好きな曲 | Comments(0)

三日月





つながっているからね

愛しているからね


この曲をあなたに贈らせてください
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-27 00:17 | 好きな曲 | Comments(0)

うちの犬と似てる!


今朝のことです。

いつものように「ばぶとじじ」の散歩をしました。

散歩から戻ったあとで、自動販売機にジュースを買いに出かけたのです。

すぐに戻るから・・・と、玄関に鍵をかけずに行きました。

子どもには、「必ず鍵をかけてね、ばぶたちがドアを開けるかもしれないから」

そう言ってきた私です。

実際にドアを開ける場面は見ていませんが、

「ごめんくださーい!」 ガラガラ・・・と、
(ちなみにわが家は横開きのドアです。)

私の返事より早く、玄関のドアを開けたお客様がいらしたこともありましたので、

念のため、帰宅したら鍵を閉めるのを習慣にしていました。

当たり前と言えば当たり前ですが・・・


ジュースを買って家に戻る途中で、

向こうから、なんか嬉しそうに走ってくる白い犬がいるんですね。

めがねをかけていなかったことも手伝い、よく見えなかったのです。

「なんかうちのじじ(北海道犬)に似てるなぁ・・・」

?・・・!・・・
あっ!じじ!


外に出たな!

・・・ということは、ばぶも!

じじを連れて家に戻ると、ガラーッとドアが開いているではありませんか。


ばぶがいない・・・


引き綱を持ち、行きそうなところを探しました。

そんな遠くには行ってないはず・・・と、まるで刑事の気分。

50メートルほど先にばぶ発見!

あっ!いたぁ~!


もう必死に追いかけました。

こんな朝早く、全力疾走する私・・・

中学時代は陸上部だったのよ!

リレーのアンカーと200メートルのスプリンターだったんだから!

・・・も、30年以上も遠い昔のことです。

20メートルも走ったかどうか・・・の辺りで息が切れ、

「過去の栄光」を痛感しました。


ばぶの背後にそっと近付き、しっぽを掴まえました。

驚いたばぶ。

「あっ!ママ、ママも散歩?・・・」と言ったかどうかは分かりませんが、

「さぁ帰るよ」・・・


とぼとぼと、私とばぶは家路に着きました。
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-26 22:14 | | Comments(4)

あなたしか見えない





日本語で聴くとこんな感じです。


[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-26 06:30 | 好きな曲 | Comments(0)

語先後礼

「おはようございます」と挨拶してから、次におじぎをすると印象が良いですね。

言葉が先、おじぎが後です。

ありがとうございます・・・次におじぎです。

目上の方や取り引き先の方にも、今日から試してみませんか?


女性なら、みぞおち辺りに両手を組むと美しいシルエットになるようです。

なぜ左手を右手の下に位置するのか・・・

いろいろな説があるようですよ。


美しいシルエットには美しい気持ちをそっと添えましょう^^

[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-26 05:11 | マナー | Comments(0)

願い


右でも左でも 行ってみることですね

行きたい方に行ってみましょう

あなたがそうのように選択したのだから


誰にも責を求めない強さを持ってください


どうぞご自身を赦し ねぎらってください


あなたの願いが真実ならば 与えられるでしょう
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-25 22:52 | 願い | Comments(0)

指針


最近、過去の出来事がフラッシュバックします。

車の運転中やこうしてパソコンに向かっているときも、

当時の光景が蘇ります。

母が病に倒れたときのこと、大学を辞めたときのこと・・・



「あなたがそこ(その思考)に留まっている限り、何を言っても伝わらないでしょう」

そう言われたことがあります。


ブログの「気づき」は私自身にも言い聞かせているものです。


原因に続くものが結果ならば、

過去の出来事は、すべてが当然の結果としてわが身にふりかかりました。


だから今、悲しみは繰り返してはならない・・・と。

それでも言い様のない感情が私を包みます。


季節の美しい移り変わりも、人の笑い声も、

当時の私には理解できなかった。


目の前の人が日本語で話しているのに、

私には初めて聞く言葉に思えたほどでした。


病に伏して働けなくなった母の目の前で、

ある女性が「こんな役立たずな女は早く追い出して、若い女性を貰えばいい」と、

私の父に言いました。

そう言った女性は、今は特別養護老人ホームに入所し90才になろうとしています。


その女性を心底憎みました。

長い時間、本当に長い時間、その女性を憎みました。


私が言っていない言葉が、実しやかにひとり歩きしたこともありました。

「そんな事は言っていない」と、否定する場面すら与えては貰えなかった。

それでもいいと思いました。

私がなにも言わないことで、立場が守られる人がいるのを知っていたから。


憎しみからはなにも生まれない事を、

憎しみは繰り返してはならない事を、


母を亡くして知ったのです。


人がどう判断しても、どのように母を審判しようとも、

私の母なのだから。


想像でものを言わない兄は、

必ず自分の目で確かめるのを信念とする人でした。

医師であった以上、然るべき生き方だったように思います。


兄と心でしか対話できない今、

こんなとき、兄ならどう言うだろう・・・


それがそのまま私の指針となっています。


人は生かされているのです。


どうぞ、人も自分も大切にしてください。
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-24 22:13 | 自分のこと | Comments(7)

答え


今年は運勢が良いとか悪いとか

去年は運勢が良かったとか悪かったとか

そんな事ではないように思います

すべては自分次第なのでしょう

あの人がこう言ったから この人がこう言ったから

ではなく・・・

私はどう在りたいのか

親があぁいう人だから 私もこうなんだ・・・

ではなく・・・

だから 私はこう在りたい


なにごとも自分次第なのでしょう


どうすることもできない・・・? ほんとうに・・・?


自分以外の何かに原因を見つけないこと

そうすれば答えが見つかると思います


人と人は出逢うべくして出逢い

物事は起こるべくして起こるのならば


すべてに意味があるのだから

通りすがるのはもったいない


私は どう在りたいのか

答えを出すのはいつも自分です


他人(外部のなにか)に決められても良いですか?

あなたの人生ですよ
[PR]
# by miyabinahiro | 2009-06-23 04:48 | 願い | Comments(0)