ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

「バイステックの7原則」は様々の人間関係に役立つのでしょう。


https://matome.naver.jp/odai/2144428810260916101
[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-28 21:14 | Comments(0)




う・・・ん?

こういう事件は介護業界だから起きるのでしょうか・・・ね?


「このやろぉ・・・」と思うことって私はあります。

気が短いですから。

あと、執念深いですし^^

きっと末代まで恨みますし。

ただね、その分だけ自分も苦しむものですからね。


木本愛乃容疑者は気が晴れたでしょうか。

「それ」しか方法がなかったのでしょう。









[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-28 21:04 | 事件 | Comments(0)


法律に関する事例


病院や施設で身元保証人として署名した場合の責任について説明します。


【事例】
利用者が緊急入院したとの連絡があり、病院に駆けつけたところ早急に手術が必要であり、手術と入院に関する書類への家族の署名が必要であるとの説明があった。
家族や親戚がないことを告げると入院に関する身元保証人を求められ、書類にサインをして入院の手続きを行った。

【注意点・留意点】
今回の事例は、身元保証人になったことが直ちに法律に抵触するわけではありませんが、身元保証について誤解が生じないように注意する点を整理します。


○身元保証について

入院や施設入所で「身元保証人」と言われるのは原則的「1.身元引受人」と「2.保証人」の2つの契約になります。
1.身元引受人とは、死亡時などの本人や遺品などの残置物を引き取る契約であり、2. 保証人については費用の保証を行なうことになります。
入院や施設入所で「身元引受」と言われるのは残置物引取、ならびに入所・入院費用の債務について保証するという意味で使用されることもありますので書類の内容を十分に確認することが必要になります。


○法的根拠

身元引受(身元保証)という言葉は「身元保証ニ関スル法律(昭和8年法律第42号)」において定められており、就職などで事業主との雇用契約のときにのみ定められています。
入院や施設入所時の身元引受人については法的な定めはありませんが、書類にサインすることにより契約としての責任が生じますので十分な注意が必要です。

利用者などの第三者の身元引受人や身元保証人に個人でなることは相当の責任が発生することを覚悟しなければなりません。
身元保証人としての行動を求められても責任が取れない場合には法に反することになります。
身元保証などの言葉は曖昧な状態で使用されていることも多く、家族や親族であっても身元引受人になることを強制されることはありません。
第三者に身元保証人を求められても身元保証人にならなければならないという責任はないということも理解しておく必要があります。



参照:ケアマネドットコム


[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-25 16:22 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

ONE OK ROCK「Fight the night」


[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-22 21:13 | 好きな曲 | Comments(0)

主任介護支援専門員研修3日目が終了しました。

残るはあと8日。


みなさん知識が凄く豊富で、

私の勉強不足を痛感しています。

知識がある男性はカッコイイなぁ・・・


グループに分かれての受講です。

私のグループはほんわかしていてとっても楽しかったです。

札幌での実務者研修を思い出していました。

研修最終日は飲み会で乾杯167.png167.png167.pngでした。

・・・楽しかったなぁ。

みなさん、元気かな。


フォーマルサービスとインフォーマルサービスがあるでしょ、

フォーマルサービスとは、

インフォーマルサービスを補うためにあると知りました。


大学の先生の講義は勉強になります。

当たり前ですけど、

この3日間、講義の時間はまったく眠くならず、

心の中で「ほぉ・・・そういう意味か・・・それでそれで?」と、

全部の時間、聴き入りました。


今回、研修を受けたことで、

私は如何に日々の業務に慣れと胡坐をかいていたのかを知りました。











[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-22 19:27 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

遠隔死亡診断の指針通知・・・看護師代筆 年内にも


https://mainichi.jp/articles/20170913/k00/00e/040/258000c?ck=1


[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-21 21:38 | Comments(0)

主任ケアマネ研修


本日から主任介護支援専門員の研修が始まりました。

私のレベルの低さを痛感。


現在の仕事の環境は包括さんとのつきあいも殆どありませんし、

外部とのサービス担当者会議もなかなか・・・ね。


今後は「居宅の管理者は主任介護支援専門員であること」に移行するらしい。

確かに今日の研修は、

介護支援専門員更新研修を受けても学べない内容でした。

主任ケアマネが部下では話しが通じなくなるかもしれない。


研修を受けて毎回思うことがあります。

ひと前に出るとものすごーく緊張する私は、

講師が違う星の人かと思うほど尊敬してしまいます。

「あがらないのかなぁ?

 ドキドキして頭の中がまっしろにならないのだろうか。」・・・



以下、主任介護支援専門員のサイトです。

https://www.kaigo-shigoto.com/lab/archives/4094










[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-20 21:36 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

シルバー川柳

e0161915_13590066.jpg

シルバー川柳より



介護保険認定調査員の経験があるので、これは共感しました。

「できますと家族を泣かす認定日」



[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-18 13:59 | Comments(0)

タイガとココア


【釧路】四肢に生まれつき障害のある釧路市動物園の2頭のアムールトラのうち、雄のタイガが25日、急死した。肉片をのどに詰まらせたことによる窒息死とみられる。タイガは雌のココアとともに懸命に生きる姿が共感を呼んでいた。

 同園によると、閉園後の同日午後4時50分ごろ、タイガの寝室から突然大きな音が聞こえ、タイガがもがき苦しんでいたという。獣医師や飼育員がのどの奥から肉片を取り出すなど救急措置を施したが、間に合わなかった。同園で死因を調べている。

 タイガとココアは2008年5月に誕生。骨が十分に成長しない「軟骨形成不全症」と診断された。このうちタイガは脊椎(せきつい)と腰椎(ようつい)の骨に異常があり、後ろ左脚も引きずっていた。だが食欲は旺盛で、体重も64キロと普通のトラと変わらぬくらいに成長していた。

 志村良治獣医師は「トラが食べ物をのどを詰まらせることはあまりない。障害との関連は分からない」と話している。山口良雄園長は「信じられない。夢であってほしい」と肩を落とした。

2009.8.25 道新より













[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-17 12:57 | 施設 | Comments(0)


合格者1543人 新試験完全移行後で最少

法務省は12日、今年の司法試験合格者を発表した。5967人(昨年比932人減)が受験し、1543人(同40人減)が合格した。合格者数は新試験に完全移行した2012年以降で最も少なくなったが、政府が2015年6月に決定した年間合格者の数値目標「1500人程度」は下回らなかった。合格率は昨年より2.91ポイント高い25.86%。

法科大学院別の合格率は京都大の50.00%がトップで、一橋大(49.59%)、東京大(49.45%)、慶応大(45.43%)と続いた。一方、1543人のうち、法科大学院を修了しなくても司法試験受験資格を得られる「予備試験」の通過者は290人を占めた。合格率は72.50%と、どの法科大学院よりも高かった。

 合格者の平均年齢は28.8歳で、最年長は71歳、最年少は21歳。法科大学院修了者のうち法学部出身者向けの既修コース(2年)の合格率は32.66%、法学部出身者以外が中心の未修コース(3年)は12.06%だった。【鈴木一生】


https://mainichi.jp/articles/20160218/mul/00m/040/00900sc

毎日新聞


[PR]
# by miyabinahiro | 2017-09-17 11:08 | Comments(0)