ベンツという見栄


82才のお客様が仰った。

「これからはもうベンツに乗らなくていいんだ。

 ずっとな、見栄でベンツに乗って来た。

 国産には乗れなくなってたな。」


社会的な地位や財力がおありになるのだから、

ベンツを難なく維持されていらしであろうに。

運転したくても運転できない疾患を患い、

時間をかけてあきらめたという。


「やっと、見栄から解放されたよ。」と笑顔だった。


ケアプラン作成するにあたり、願いをお尋ねした。

「今の願いか? ・・・100円ショップに行ってみたい。」




 

[PR]

# by miyabinahiro | 2017-09-04 12:57 | Comments(0)

自分の目の中の梁

何故、あなたは、兄弟の目の中のちりに目をつけるが、自分の目の中の(はり)には気がつかないのですか?

 兄弟に向かって、「あなたの目のちりを取らせてください」などと、どうして言うのですか? 自分の目には
(はり)
があるではありませんか。

 偽善者たち。まず自分の目から
(はり)を取り除きなさい。そうすれば、はっきり見えて、兄弟の目からも、ちりを取り除くことができます。


参照:http://tukkomi.takara-bune.net/kosatsu/menihari1.html


ミッション系の高校にて、「宗教」と言う授業がありました。

当時は理解できなかった言葉の意味がわかるようになりました。


「目には目を、歯には歯を」とは、やり返す意味ではありません。


以下の「引き寄せの法則」がとっても面白いですよ。

http://tabinootomo.com/bible003/

「自分の右太ももに突き刺さった毒矢の毒性を考えたり、

 どんな因果で誰が毒矢を放ったのかを考えても無駄です。

 『今』できることをしましょう。毒矢を抜くことです」


釈迦の言う「毒矢のたとえ」のように、

起きてしまったことをあれこれ考えても無意味です。


そもそも起きたことの因果関係を、

完全に紐解くことなど不可能だからです。


「起きてしまったことを後悔したり分析してもしょうがない。

 だったら、「今」できることをしよう」


これが釈迦の教えでしょうか。


イエスの教えにも同じことが言えます。


仮に誰かに刺されてしまったとして、

そこでやり返したらどうなるでしょうか?


 刺される → 怒りに任せやり返す

→裁判沙汰になる → 身も心も疲れ果てる


おそらく、憎しみが憎しみを呼び、

最悪、中東問題のように末代まで

両者にしこりを残すことになるでしょう。


・・・なるほど。


[PR]

# by miyabinahiro | 2017-09-03 13:00 | Comments(0)

ホンダCM





Takaさん、かっこいいですね^^
[PR]

# by miyabinahiro | 2017-09-01 12:19 | 好きな曲 | Comments(0)

ただの戯言 その3


今朝の6時前に緊急速報?で目が覚めました。

「なにごと?・・・ほぉ・・・」

でも、どこに避難をすればいいのでしょうか。


テーブルの下? 犬ハウスの中(大人1人なら入れる大きさです。)?


あれ? そう言えば、撃ち落とすとかなんとか言ってませんでした?

[PR]

# by miyabinahiro | 2017-08-29 09:20 | Comments(0)

ただの戯言 その3


9月下旬から主任ケアマネの研修が始まります。

事前に提出する書類がありました。

特に難なく。

ここまで来るには平坦な道ではなかったからこそ、

研修を受けられることに感謝いたします。


介護福祉士の試験は勉強した量に比例した結果が表れると思います。

ケアマネの試験は・・・そうでもないかな。

「私に限って」言えば、

「素直じゃない私だから捻くれた試験に合格」したのです。


この記事を書き始めてから2日が経過しました。

昨日と今日は仕事が休みです。

昨日は車のことでオートバックスに行き、

「その商品はウチでは扱っていませんがイエローハットさんならあると思います。」

・・・と言われ、イエローハットに行くと、

「それならドンキホーテならあると思いますよ。」

・・・と言われ、初めてドンキホーテなるお店に行きました。


バンパーの傷を隠したくて可愛いステッカーが欲しかったの。

ウケ狙いで高齢者用のステッカーにしようかと真剣に悩み、

・・・キティちゃんのマグネットのステッカーを見つけたので買いました。


さて、家に帰り、バンパーに張ろうとしたら着かない。

「へっ?」

ボディーにはくっつくのに・・・バンパーは材質が違うのか。

こういうの徒労に終わると言うのかな。



先に、主任ケアマネ研修を受けるのに「平坦な道ではなかった」と言いました。

仕事そのものが大変だとかつらいと思うことは少なかったけれど、

あ、つらい仕事じゃないですし。

ただ、無資格で入って来る職員さんのことが大変でした。

「それが違反」になることを知らない、

制度そのものを学ぶ機会がなかったからケアプランの意味を知らない。

「私には私のやり方があります。」を貫こうとする。

「資格なんて関係ないと思います。心が1番大切です。」と。

(そこからか・・・資格を取ってから言え。)

叶うならば、病院に勤めてみると沢山のことに気づくと思います。


不満ややるせなさは日々あります。

なぜ? やってらんない!

あきらめるクセがついてしまったのか。

相手を直そうとすると疲れますからね。



つづきはまたあとで^^



[PR]

# by miyabinahiro | 2017-08-27 19:27 | Comments(0)

message


相手が変わってくれたら私も変われるのに・・・


つまりは相手次第なわけだ。

自分中心なあなたが相手に合わせるのね?

滑稽だ・・・


変わりたいなら相手の顔色をなぜ見るの?


笑顔でいたいなら笑顔でいればいい。

笑顔を返して欲しいならあなたが笑顔でいればいい。


嫌われたいなら嫌えばいい。


難しくしているのは相手じゃない、

あなたです。



[PR]

# by miyabinahiro | 2017-08-23 21:33 | message | Comments(0)

絶賛!松山千春の「神対応」


絶賛!松山千春の「神対応」

シンガーソングライター・松山千春さんの「神対応」に、インターネット上で称賛の声が寄せられている。

2017年8月20日正午ごろ、松山さんは新千歳空港から大阪(伊丹)空港行きの便に乗った。だが飛行機は、混雑により出発予定時刻を過ぎても出発できず、乗客は約1時間待たされることに...。松山さんはそこで、自ら客室乗務員に掛け合い、マイクを借りると、自身の代表曲「大空と大地の中で」を歌い出したというのだ。


参照 
https://www.j-cast.com/2017/08/21306272.html?p=all


[PR]

# by miyabinahiro | 2017-08-23 10:06 | Comments(0)

5人死傷の岐阜の介護施設 「それいゆ」


5人死傷の岐阜の介護施設 「それいゆ」の事件

http://www.sankei.com/west/news/170821/wst1708210017-n1.html


暴力はね、直らないと思う。

大体がやり返さない相手を選ぶから卑怯な行為。

叩く方は手が痛いのだろうか。


叩かれた方は生涯忘れない傷みになる。




[PR]

# by miyabinahiro | 2017-08-21 15:38 | Comments(0)

お盆の出来事



お盆にね、急患センターを受診したところ、

見た目とは違う先生が、とっても紳士的な対応をしてくださった。

「明日、この検査結果を持って近くの内科に行ってください。」

(大学病院くらいしか知らないし・・・知らない内科もイヤだ)

そう言われて、開業しているかどうかも知らないのに、

「先生の病院で診ていただけませんか?」と尋ねた。


先生から「僕んとこ来る?」と言われ、ふと名札を見た。

(・・・おれんとこ来ないか?というセリフがあった^^)

「あっ!・・・あの有名な先生・・・ですか?」とやっと気づいた。

すると、先生は、

「それは僕の親のことです。」


僕んとこ来る?・・・その言い方が人懐っこくて心に残りました。



余談ですが、

勤務先の施設に往診医が定期的に来るのだが、

往診用にポルシェに乗って来る。

しかも車には「Doctor ○○○○○○」とロゴを入れている。

こっぱ・・・

ま、あそこまでイヤミなら潔いのかもしれないな。


さて、やすもぉーっと。



※「こっぱ」の意味ですか?

 「こっぱ」とは、生前の父が使っていた「こっぱずかしい」という言葉の略語です。


意味:このうえなく恥ずかしい



 

[PR]

# by miyabinahiro | 2017-08-18 23:29 | Comments(0)

わがまちの介護保険料


以下、ご参考ください。

http://www.asahi.com/national/eldercare/kaigohoken_map/?iref=comtop_rnavi_r1?iref=pc_extlink#
[PR]

# by miyabinahiro | 2017-08-17 13:04 | 介護 | Comments(0)