<   2017年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

『人には優しくしなさい。』


3年前の私の誕生日に書いた記事です。

3年経っても成長していない自分を知りました。



『人には優しくしなさい。』


生前の兄の言葉です。


未だにそれができない私がいます。



条件をつけて相手を見てしまう。


『されてイヤなことはしないようにしましょう。』などと、


尤もらしいことを言いながら私ができない。


生き難くしているのは私の弱さとegoismだ。


肯定することの尊さを説きながら、


否定的な見方から始め、相手を判断してしまう。


身近な人の幸せを願えないなら遠くの人の幸せを願うのは順番が違う。



『人には優しくしなさい。』


そうか、


優しい人には言わない言葉であることを、今日のこの日に気づく。


一瞬、微笑んだ兄の顔が今、見えた気がした。



[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-12 06:38 | | Comments(0)

サクラビア成城


日本一高額な老人ホームとのことです。


https://www.sagasix.jp/hla/hla_svs.html


https://www.sagasix.jp/search/tokyo/setagayaku/detail=1677





[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-11 16:06 | 介護 | Comments(0)

すすきの 中村慎之介 Live12


慎之介、逢いたいなぁ・・・

すすきのは美しい雪景色ですか?







[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-09 22:42 | 好きな曲 | Comments(0)

介護福祉士の8万円賃上げ

勤続10年以上の介護福祉士、

月8万円の賃上げへ 処遇改善の政府原案


政府が近くまとめる2兆円規模の新たな政策パッケージのうち、介護職員の確保に向けた具体策の原案がわかった。

経験・技能のある人材に重点化を図りながらさらなる処遇改善を進める、と説明。勤続10年以上の介護福祉士を対象に、月額の平均で8万円相当の賃上げに踏み切る方針を盛り込んだ。実施する時期は消費税率の引き上げと同じ2019年10月。現場を長く支えている専門性の高い人を優遇することで、介護の仕事を続けていく場合の将来の生活をうまくイメージできるようにし、業界に入ってくる人の増加や離職の防止につなげていく狙いがある。

政府が5日の自民党の政調全体会議に提示した。今後も調整を重ねて6日にも与党の了承を得る予定。新たな政策パッケージは8日にも閣議決定する。詳細な手法はその後に厚生労働省などと検討していく。

10年未満の介護福祉士やヘルパーといった他の職員などの処遇改善にもこの収入を充てられるよう、施設・事業所には柔軟な運用を認めていく――。そんな考えも示された。障害福祉人材についても同様の処遇改善を行うとされている。

介護職員のさらなる処遇改善は、「介護離職ゼロ」を目指す安倍晋三首相が先の衆院選の直前に表明。他の産業との賃金格差を無くしていく、と約束していた。自民党は先月、キャリアアップの道筋をより分かりやすく描けるメリットなどを勘案し、経験・技能のある職員に重点化すべきだと提言していた。


[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-09 14:49 | 介護 | Comments(0)

戯言 その16


あるときふっとその答えに気づくことがあります。


上司の中には尊敬もできず、顔を見るのもおぞましい人種がいる。

ま、お互い様だから。


「資格なんかどうだっていいんだよ!」と怒鳴られたとき、

長い間違和感を覚えていました。

資格がなければいけないと言った場面で怒鳴られたのではない。

○○さんは精神保健福祉士も持っているそうですよと言ったとき怒鳴られたのだった。


私が出した答えはこうだ。

医者や看護師に向かって、

「資格なんてどうだっていいんだよ!」とは言わないし、言えない。

つまりは介護や福祉を下に見ているから言える言葉だ。


例えば管理者が国家資格を持たなくとも良い事業所があり、

勘違いする管理者は多い。

「俺が1番だ、お前らは俺の下だ」という空気を撒き散らすのだ。


陰で舌を出しながらよいしょする面従腹背な職員が可愛いのだろう。


残念ながら私は心で思う気持ちがそのまま顔に出る。

幼稚なのだろうが直す気持ちがまったくない。


私の母は、

「1度嫌いになったら二度と気持ちは変わらない。

 私の恨みは買わないほうが良いわよ。」と言いました。

おおよそ娘に言う言葉ではないがそれも母だった。


最近、母はアスペルガーだったのではないか?と思うようになりました。

教科書の何ページに書いてあるわよ。とか、

本を読めば写真のように画像が記憶に残るなどと普通に言っていました。


わが娘はどんなに優秀な人間に育つのだろうと思っていたようだが、

その「わが娘」である私は「できが悪く残念な存在」であった。


私とは似ていない母は顔に絶対的な自信を持っていました。

化粧品を買うときは美容部員に向かって、

「お化粧してもあなた程度にしかならないの?」と平気で言い、

隣で非礼な言葉を聴きながら、私はどこかへ消えたいと思ったものでした。


美しくもなく巨漢だった当時の私は美しくなりたいと思いながら育ちました。

「三つ子の魂百まで」とは言ったものです。

今では食べても太れなくなり、巨漢ではなくなりましたが、

父の「女性は美人でなければ生きる価値がない」と言った言葉が今でも心に突き刺さっています。

よって「私は醜い」という意識が消えません。

(あ、ほんとうにブスですから、父に似て)



話しが逸れました。

ケアマネの試験後に、

「俺、合格しますよ、研修は長いみたいです。」と言っていた職員が不合格でした。

黙っていればいいものを。

もう一人は追加合格になった職員のこと。

急に「エライ態度」になっている。

気づくまで思う存分勘違いしていればいい。



最近ね、「田舎暮らし」を検索することが多いです。

何年か住めばその家が貰えるとかいうの。

自給自足とかいいかもしれない。

それでね、ケアマネを必要としているならお役に立てるかなぁ。


・・・たわごとですから。








[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-07 19:59 | Comments(0)

素敵なsurprise


[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-07 11:09 | Comments(0)

「なぜ犬の寿命は人間よりも短いのだろう?」

犬はペット以上の存在。家族の一員であり、人類の親友とも言われている。彼らは無条件でわたしたちを愛してくれ、なんの見返りも求めない。こちらが愛情を示せばそれを何倍にもして返してくれる。だが悲しいことに動物の寿命は人間のそれよりもはるかに短い。

 6歳の少年、シェーンにはアイリッシュ・ウルフハウンドのベッカーという名の愛犬がいた。ベッカーは、物心ついたときからずっとシェーンのそばにいてくれる文字通り親友だった。


悲しいことにベッカーは10歳にして末期がんに侵され、余命あとわずかとなってしまった。残された家族の悲しみは筆舌に尽くしがたいものがあった。そしてまた、その親友を見送った後の少年の言葉もまた、涙なくしては語れないものだった。

 これは、その様子を見ていた獣医の話である。


e0161915_17452733.jpg


獣医のわたしが呼ばれ、10歳のアイリッシュ・ウルフハウンドのベッカーを診察した。飼い主のロン・リサ夫婦、特に息子のシェーンは、ベッカーをとてもかわいがっていたので、なんとか奇跡が起こらないかと願っていた。

 しかし、ベッカーは末期のがんに冒されていて、もう助かる見込みはなかった。末期がんの苦痛は相当なものだ。家族には家で安楽死をさせてやるのがいいと助言した。

 ロンとリサは、この体験からきっとなにか学ぶものがあるだろうから、6歳のシェーンにも安楽死の場に同席させたいと言ってきた。

 翌日、死にゆくベッカーのまわりに家族が集まった。シェーンは静かに、最期の瞬間までベッカーを抱きかかえていたが、どこまでこの状況を理解しているかはわからなかった。しばらくして、ベッカーは穏やかに息をひきとった。

 シェーンにも、ベッカーが苦しむことなく、別の世界へ旅立ったことがわかったようだった。その後、どうして動物の命は人間よりも短いのかということについて、みんなでひとしきり話した。静かに聞いていたシェーンがいきなり言った。

 「ぼく、どうしてか知っているよ」。

 みんなは驚いてシェーンを見た。そして、次に彼の口から出てきた言葉に驚いた。私はあれほど心が慰められる言葉を聞いたことがない。彼はこう言ったのだ。

 
「人間はみんな生まれてきてから、人を愛したり、幸せな人生を送る方法を覚えるんでしょう? でも犬は、生まれたときからもうすでにその方法を知っているから、長く生きる必要がないんだよ。」



http://karapaia.com/archives/52165577.html



畜生にも劣るという言葉がある。

人間に生まれても、学歴があっても、財力があっても、長く生きても、

愛に気づかないから畜生にも劣るのでしょう。






[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-05 17:54 | | Comments(0)

齊藤元章さんという「天才」 新潟


もしも、「天才」が存在するならば、

「逮捕」を予想し回避できたでしょう


齊藤元章氏 経歴

新潟県長岡市の出身。父親は新潟大学の工学部長。

新潟大学
医学部を卒業、医局東京大学医学部附属病院放射線科

そのときに、画像診断用のソフトウェアを開発。

医療機器開発の起業で渡米。シリコンバレーで医療機器ベンチャーを設立。

プロセッサ開発に特化した会社を日本に設立理化学研究所・KEK(高エネルギー加速器研究機構)と共同研究契約2014年11月1日、7カ月で国産スパコンを開発。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BD%8A%E8%97%A4%E5%85%83%E7%AB%A0





「スパコン」ベンチャー企業社長を逮捕 助成金詐欺の疑い

ことし世界トップクラスの省エネ性能を誇るスーパーコンピューターの開発に成功して注目を集めた東京のベンチャー企業「PEZY Computing」の社長の齊藤元章容疑者(49)ら2人が経済産業省が所管するNEDO=新エネルギー・産業技術総合開発機構から助成金4億3000万円余りをだまし取ったとして詐欺の疑いで東京地検特捜部に逮捕されました。

特捜部はスーパーコンピューターの開発をめぐる不透明な資金の流れについて実態解明を進めるものと見られます。


[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-05 11:44 | 事件 | Comments(0)

誰もぼくを見ていない


川口の、17歳少年が祖父母を殺めた事件のこと。

ずっと考えていました。


彼にとって、家があって、ご飯を食べれて、テレビを見ることも、

お風呂に入ることも、着替えがあることも、エアコンがあることも、

「明日学校に行くこと」も。


当たり前ではなかった。


しっかりした文章が書けるのを知りました。

文章の中にたくさんの彼の優しさや良識がありました。


懲役15年は重い。

「それがしてはならないこと」の判断がつかなかったのか?

という意味なのか。



少年の母親の実名と写真を知りました。

もう直ぐ出所するという。

刑務所の中以外でこの女に生きられる場所があるというのか。

裁判官は、「早めに社会の制裁を受けさせるために刑期を短くした。」

そう思いたい。


行政はなぜ手を差し伸べなかったのかとか、

周囲の大人は見て見ぬ振りをしたのかとか、

誰しもが考えることを考え、


少年は絶望の毎日の中に生き、

神様助けてとすら思えなかった日々だっただろう・・・と。



e0161915_22460300.jpg

御伽噺の中には、実母が子供を虐待するものがあるという。

きれいに書き換えられて「おとぎなばし」にされているという。


子供を生んだだけのこの女に、

命の灯火が消える前に、

せめて、せめて「私が悪かった」と少年に謝ってほしい。



「自分が悪い」と言えた少年の心を知り、

神様は必ず様々の形に姿を変えて、

少年に手を差し伸べるだろうことを祈ります。






[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-04 23:01 | 書籍 | Comments(0)

慟哭


あまりにも残酷で、あまりにも哀しい事件だと思いました。

生まれて来たことを悔やまないで欲しい。


あなたには幸せが待っているはずだから。


http://blog.goo.ne.jp/caffeineaddictionn/e/b448e2ece4e9a3a0ee4790355d69370f
[PR]
by miyabinahiro | 2017-12-03 23:12 | 事件 | Comments(0)