博多高校で生徒が教師に暴行を加える

e0161915_11271090.jpg

https://brandnew-s.com/2017/09/29/hakatahighschool/


先生、よく耐えましたね。

この生徒の親の教育から始めましょう。





[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-30 11:29 | 事件 | Comments(0)

主任ケアマネ研修 5日目


昨日今日と2日間、主任ケアマネ研修がありました。

あと6日間です。

最終の連続3日間の会場は別の場所に移り、

駐車場が無料ではないのでバスで行こうかなぁ。


研修にて、夫々事例を提出し、それに対する指導の方法を学ぶのですが、

事例検討ではなく、ケアマネに対する指導です。

なぜそう思ったのか、苦手意識はなかったのか・・・

ケアマネ自身に気づかせるもの。

包括所属の社会福祉士兼ケアマネは得意分野なのでしょう。


私は向学のために研修を受けていますが、

これから居宅は無理かな。・・・要らないって言われるか。


居宅ケアマネの事例を読むとね、

「あぁ・・・私にはこのケースは担当できない。」と思うものがありました。

「ここは人が住む家だろうか。」という家への訪問はできないかもしれない。

施設ならば、掃除が行き届いていないと言っても限度があります。


在宅生活は限界だろうと思う事例があり、

「無理に家で暮らすことがこの家族にとって幸せだろうか。

 施設入居(入所)を決めたほうが本人も家族も幸せだろうに。」

・・・

簡単に特養に入所できないことは知っています。

入所申し込みに添付する介護支援専門員意見書を相当数書いていますから。

「このケースはほぼ順番は来ないだろう。」と思うケースがあります。

その場合は私にできることをします。

ただ、ケアマネに頼めばなんでもやってくれるとは思わないほうがいいです。



研修でね、

あなたが苦手だと思う人はどんな人か?というシート内の質問がありました。

私は①話しが長い人②自分だけの話しをする人③自慢話しをする人④上から目線の人

・・・ですが、高齢者は①と②と③が多いわけで、

つくづくケアマネとしての資質に欠けることを痛感します。


でもね、少しの成長がありました。

知識が豊富な人は魅力があります。 顔は二の次だということ。

それでも多分、「山下智久」のようなケアマネがどこかにいると信じています。


あ、話しがそれました。

以下の知識があるかないか・・・で、ケアマネの在り方がかわるのでしょう。


「技術の基本 はじめてのスーパービジョン」

http://www.caresapo.jp/fukushi/kihon/vision/83dn3a000000nlvy.html








[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-29 18:48 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

人間関係を改善したいなら。


「バイステックの7原則」は様々の人間関係に役立つのでしょう。


https://matome.naver.jp/odai/2144428810260916101
[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-28 21:14 | Comments(0)

施設の同僚のお茶にパイプ用洗剤…女を逮捕





う・・・ん?

こういう事件は介護業界だから起きるのでしょうか・・・ね?


「このやろぉ・・・」と思うことって私はあります。

気が短いですから。

あと、執念深いですし^^

きっと末代まで恨みますし。

ただね、その分だけ自分も苦しむものですからね。


木本愛乃容疑者は気が晴れたでしょうか。

「それ」しか方法がなかったのでしょう。









[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-28 21:04 | 事件 | Comments(0)

法律に関する事例(身元保証編)


法律に関する事例


病院や施設で身元保証人として署名した場合の責任について説明します。


【事例】
利用者が緊急入院したとの連絡があり、病院に駆けつけたところ早急に手術が必要であり、手術と入院に関する書類への家族の署名が必要であるとの説明があった。
家族や親戚がないことを告げると入院に関する身元保証人を求められ、書類にサインをして入院の手続きを行った。

【注意点・留意点】
今回の事例は、身元保証人になったことが直ちに法律に抵触するわけではありませんが、身元保証について誤解が生じないように注意する点を整理します。


○身元保証について

入院や施設入所で「身元保証人」と言われるのは原則的「1.身元引受人」と「2.保証人」の2つの契約になります。
1.身元引受人とは、死亡時などの本人や遺品などの残置物を引き取る契約であり、2. 保証人については費用の保証を行なうことになります。
入院や施設入所で「身元引受」と言われるのは残置物引取、ならびに入所・入院費用の債務について保証するという意味で使用されることもありますので書類の内容を十分に確認することが必要になります。


○法的根拠

身元引受(身元保証)という言葉は「身元保証ニ関スル法律(昭和8年法律第42号)」において定められており、就職などで事業主との雇用契約のときにのみ定められています。
入院や施設入所時の身元引受人については法的な定めはありませんが、書類にサインすることにより契約としての責任が生じますので十分な注意が必要です。

利用者などの第三者の身元引受人や身元保証人に個人でなることは相当の責任が発生することを覚悟しなければなりません。
身元保証人としての行動を求められても責任が取れない場合には法に反することになります。
身元保証などの言葉は曖昧な状態で使用されていることも多く、家族や親族であっても身元引受人になることを強制されることはありません。
第三者に身元保証人を求められても身元保証人にならなければならないという責任はないということも理解しておく必要があります。



参照:ケアマネドットコム


[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-25 16:22 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

ONE OK ROCK「Fight the night」


[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-22 21:13 | 好きな曲 | Comments(0)

主任ケアマネ研修 3日目


主任介護支援専門員研修3日目が終了しました。

残るはあと8日。


みなさん知識が凄く豊富で、

私の勉強不足を痛感しています。

知識がある男性はカッコイイなぁ・・・


グループに分かれての受講です。

私のグループはほんわかしていてとっても楽しかったです。

札幌での実務者研修を思い出していました。

研修最終日は飲み会で乾杯167.png167.png167.pngでした。

・・・楽しかったなぁ。

みなさん、元気かな。


フォーマルサービスとインフォーマルサービスがあるでしょ、

フォーマルサービスとは、

インフォーマルサービスを補うためにあると知りました。


大学の先生の講義は勉強になります。

当たり前ですけど、

この3日間、講義の時間はまったく眠くならず、

心の中で「ほぉ・・・そういう意味か・・・それでそれで?」と、

全部の時間、聴き入りました。


今回、研修を受けたことで、

私は如何に日々の業務に慣れと胡坐をかいていたのかを知りました。











[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-22 19:27 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

遠隔死亡診断の指針通知・・・看護師代筆 年内にも


遠隔死亡診断の指針通知・・・看護師代筆 年内にも


https://mainichi.jp/articles/20170913/k00/00e/040/258000c?ck=1


[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-21 21:38 | Comments(0)

主任ケアマネ研修


本日から主任介護支援専門員の研修が始まりました。

私のレベルの低さを痛感。


現在の仕事の環境は包括さんとのつきあいも殆どありませんし、

外部とのサービス担当者会議もなかなか・・・ね。


今後は「居宅の管理者は主任介護支援専門員であること」に移行するらしい。

確かに今日の研修は、

介護支援専門員更新研修を受けても学べない内容でした。

主任ケアマネが部下では話しが通じなくなるかもしれない。


研修を受けて毎回思うことがあります。

ひと前に出るとものすごーく緊張する私は、

講師が違う星の人かと思うほど尊敬してしまいます。

「あがらないのかなぁ?

 ドキドキして頭の中がまっしろにならないのだろうか。」・・・



以下、主任介護支援専門員のサイトです。

https://www.kaigo-shigoto.com/lab/archives/4094










[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-20 21:36 | ケアマネ関連記事 | Comments(0)

シルバー川柳

e0161915_13590066.jpg

シルバー川柳より



介護保険認定調査員の経験があるので、これは共感しました。

「できますと家族を泣かす認定日」



[PR]

by miyabinahiro | 2017-09-18 13:59 | Comments(0)