加計学園問題・前川前事務次官はなぜ安倍政権に「歯向かった」のか

事務方トップの反乱が意味するもの

伊藤 博敏


犯人捜し


永田町に激震が走った。

文部科学省の事務方トップだった前川喜平前事務次官が、『週刊文春』(17年6月1日号)の取材に応じて、安倍晋三首相の意を受けた内閣府官僚らの圧力に負けて、首相の「腹心の友」である加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園の獣医学部新設を許し、しかもその過程を綴った内部文書が「本物」であると認めたのだ。


問題となったのは、5月17日、『朝日新聞』が「新学部『総理の意向』」と、大見出しを掲げ、1面トップで報じた獣医学部新設に絡む記録文書。昨年9~10月に文科省と内閣府のやりとりなどをまとめたA4版で8枚の文書である。

朝日は、これをもとに記事を作成、民進党は国会でこの問題を取り上げたのだが、菅義偉官房長官は、「名前も日時も記載されていない怪文書のようなもの」と、切り捨てた。


すると朝日は、翌18日、日時と氏名が記載された文書を、そのまま掲載。そこには、「平成30年4月の開学を大前提にして欲しい」と、内閣府の官僚が文科省の窓口に伝えたうえで、「官邸の最高レベルが言っていること」と、プレッシャーをかけている様子が記されていた。

前川氏は、この文書の存在も認めたうえで、「総理のご意向かどうかは確認のしようはありませんが、ここまで強い言葉はこれまで見たことがなかった」と、語っている。

プレッシャーをかけたのは内閣府の藤原豊審議官。「経産省からの出向者で、とにかく官邸の意向を大切にする人。国家戦略特区有識者議員で、特区選定の実力者である竹中平蔵・東洋大教授に可愛がられている」(内閣府関係者)という。


前川氏は、一連の文書が文科省のものであることは認めたものの、流出させたのが誰であるかに言及したわけではない。だが、菅官房長官はオフ懇の場で、「(流出させたのは)元最高責任者」と語っており、文科省内部でも「総理の威を借りて獣医学部新設をゴリ押しする内閣府と、特区という例外規定を突破口に、新設を図る官邸のやり方に批判的なOBが流したもの」と、目されていた。


では、そのOBは誰か。その際、本人かどうかはともかく、官邸に対してケンカを売るだけの度胸を持ち、事実、近年、官邸とぶつかることが多かった前川氏とそのチームではないか、というのは菅氏だけでなく霞ヶ関の了解事項だった。

前川喜平とは何者か――。


私は、審議官時代に自ら就職先あっせんの口利きしていたことが発覚して、今年1月に退任した前川氏の「華麗なる経歴と人柄」について、本サイトで配信(2月9日)したことがある。

祖父は前川製作所の創業者で妹は中曽根弘文元文相に嫁いでおり、本人も与謝野馨氏が文相時代に秘書官を務めており、経歴は事務次官コースを辿るに相応しかった。


一方で、小泉純一郎政権の「三位一体改革」に噛み付き、自らの名をもじった「奇兵隊、前へ!」と題するブログで政府方針に歯向かうなど型破り。そんな主張を通すところが、今回、「犯人説」が流れたゆえんだろう。また官邸とは、今回の加計学園騒動の前に新国立競技場建設をめぐって、ギクシャクしていた経緯もある。

続きは
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51847?page=2


総理が言いましたよね、「私がやらせたという証拠があるなら議員辞職します」

男に二言は必要なし。


ま、こんなとこかな。




議員辞めたら「ただのおっちゃん」。

「安い言葉」で前川氏を批判する菅さん、なんか感じ良くなかった。







[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-27 12:42 | 事件 | Comments(0)

前原さんと前川さん


前川喜平氏はどういう人物だろう・・・と、

「前川大臣」と検索したら、「
前原 誠司」さんがヒットした。

経歴を見たら苦労している方だと知った。

「へぇ・・・イメージでは決められないものだ。」と改めて思った。

「自分で自分の人生を切り開いた人」だと知り、「強さ」が伝わった。

政治家は世襲だったり、財力がある家というイメージがあるので、

少なくとも「親の言いなり」ではなかったことが嬉しかった。


ところで、前川前文部科学事務次官の発言はつまりは・・・

あの件もやはりそうだったのか・・・ということ?

ま、事実なら安いドラマみたいだな。


「こんなことをするために東大を卒業したんじゃないもん」・・・

そんな心の声と闘っていたのかもしれませんね。


新宿じゃなく、赤坂や銀座だったなら政治家らしかったということ・・・か。

いいじゃない、もう認めているのだから。

写真を撮られても「やってない」と言い張り、

「あったことをなかったことにしようとする」往生際が悪い人間より。

よほど、人らしいじゃないですか。






[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-26 16:27 | Comments(0)

18才と81才の違い


笑うって体にも心にも良いそうですね^^

以下をご覧くださいませ^^


http://iinee-news.com/post-10584
[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-25 16:57 | 笑い話し | Comments(0)

5キロ・・・


昨日、新しいスタッフさんの歓迎会があった。

新人さんの初々しい姿がうれしかった。


生ビール3杯、ハイボール2杯、カクテル3杯を呑んだ。

夜10時には帰るつもりが居酒屋を出たのは11時30分を過ぎていた。

バス停に向かった。

「最終が22時台・・・か。」

(・・・歩く・・・かな。)

スマホのmapの音声の通りに歩いた。

・・・歩いた。

道中、雨が降ってきたので携帯用の傘をさして歩いた。

家まで距離にして5キロ。


すすきのならば、1次会の後は2次会参加、朝まで飲んでそして始発の電車で帰るのだが・・・


すすきの、会いたい人がたくさんいるなぁ・・・



あ、先日、札幌のエリザベスに強盗が入ったとか。

犯人が逃走する経路は昔普通に歩いていたところだった。




心はいつもここにない。

あと5キロ歩けば札幌に帰れるならば・・・

なんてね。












[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-25 14:11 | Comments(0)


包帯を巻いてあげられないのなら、

むやみに人の傷にふれてはならない。

(続・氷点、三浦綾子)


優しい・・・とは、相手が思うもの。


相手を理解することと、

「興味本位」で「聴きたがり知りたがる」ことは同じではありません。


あなたを信頼すれば黙っていても相手は言葉を発するでしょう。

[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-21 09:44 | Comments(0)

さくらうどん



e0161915_17522266.jpg




参照:http://www.nipponselect.com/shop/g/gF00300004/


戴いたの^^

すごーく美味しかったぁ^^


[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-20 18:00 | 今日の料理 | Comments(0)

【虚偽申請】北海道・旭川市「カムイの森」取り消し


北海道旭川市福祉保険部指導監査課は4月20日、実態より多い職員数を申請して不正に市指定を得ていたなどとして、旭川市内で障がい者の就労支援事業を営む株式会社カムイの森」若井浩士社長、同市神居8条16-2-21)が運営する就労移行支援事業所「障がい福祉サービス事業所 カムイの森」(同市1条通11-2076-1)について、障害者総合支援法第50条第1項第5号・第8号および第10号に基づく事業所指定を取り消した。

市指導監査課によると、カムイ社は2014年10月、市当局に指定を申請する際、職員の配置基準を満たすため、実際は職員を1人しか雇っていないにもかかわらず、5人雇ったとする虚偽の申請書と雇用証明書を提出。さらに、職業訓練などを担う事業所職員の人件費に充てる訓練等給付費について、働いてもいない職員の分も不正に受け取るなどしていた。

そうしたことから、カムイ社は事業所として指定を受けてから昨年10月までの間、市から支給される訓練等給付費約5,200万円を不正に受給していた。市では今後、加算金40%を加えた7,200万円余を返還するようカムイ社側に求めていく方針だ。

カムイ社の前社長は市にたいして「あらためて確認したところ職員をきちんと雇用していなかったことがわかった」などと、不正事実を認めているという。

処分の原因となる事実など詳細は次のとおり。


【不正の手段による指定】

平成26年10月16日付で提出された指定申請書において、従業者として勤務する予定のない者を従業者として記載し、基準を満たすかのような虚偽の申請を行ない、指定後においても当該従業者を雇用しているとした雇用証明書を提出し、不正の手段により指定を受けた。


【不正請求】

平成26年11月から平成27年4月までの間、人員基準を満たしていないにもかかわらず、平成26年12月から平成27年5月サービス提供月まで人員欠如減算を行なわず、不正に訓練等給付費を請求した。


【著しく不当な行為】

平成28年2月に実施された実地指導において、基準条例の規定に基づく就労移行支援計画の作成が適切に行なわれていないとして、改善指導および個別支援計画未作成等減算を指導されていたにもかかわらず、それ以降も利用者全員について就労移行支援計画の作成に係る一連の業務を適切に行なっていないのに、重大な過失により、平成28年1月から同年10月サービス提供月に係る訓練等給付費について、個別支援計画未作成等減算を行なわず訓練等給付費を請求したという、著しく不当な行為をした。


■旭川市「障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律に規定する指定障害福祉サービス事業者に対する行政処分について」
http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/500/548/syougaihukusi/sa-bisu1/p006008_d/fil/tuuti_20170420_kamuinomor.pdf


ケアマネタイムス 

[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-20 17:38 | 事件 | Comments(0)

人間関係が壊れない方法


要介護認定調査なるものがある。

要介護1や要介護5の認定はケアマネジャーが下ろすものではないが、

そう思っている家族がいる。


認定調査の文書が住所に届いたある家族から電話が入った。


「認定調査の連絡が届きましたが、全部こっちでしますから関わらないで頂けます?」

開口一番、無礼な物言いにカチンと来た。

聴けば、

「だって、要介護4の次は要介護5でしょ?
 

 前回の調査もお宅が立ち会ったし、

 勝手なことを言われちゃ困るんです!」


・・・

「お好きにどうぞ。」と言って電話を切ろうとしたが誤解は誤解だと伝えなくてはならない。

前回の調査に私は立ち合っていない。

認定が下りた後で当館に入居して来たのだ。


要介護認定については、ご参考までに以下をどうぞご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/nintei/index.html


http://www.j-dental.or.jp/JEDA/oralcareC/nintei/nintei21.php


一通り私の説明を聴いた後で、

「あら、ごめんなさいね、いつもお世話になっているのに・・・」

と声のトーンが変わっていた。


しかし、元々嫌いな家族だ。

いつも誤解により「わんわん・・・」と騒ぎたて、

最後に「あら、ごめんなさいね。」だ。


入居者ご本人よりも、「家族に難あり」のケース。


心の中で思う、

「奥様が認定を受けてくださいね。

 奥様が見えると旦那様が不穏になりスタッフが苦労するんですよ。」

・・・と。


調査に立ち合ったスタッフが言った、

「調査員の質問に奥さんが答えるからヘンでした。

 調査員が奥さんに、ご主人に質問していますって何回も言う場面がありました。

 調査の後で、お菓子を渡そうとしていましたよ、

 これで軽い認定にして下さいって言ってました。」


・・・世の中には「クレーム処理部門」なるものがあるのだろう。

心から尊敬するな。



命に別状ないならば、

「落ち着いて話しましょう、穏やかに伝えましょう。」

・・・人間関係が壊れない方法だ。


















[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-19 14:06 | Comments(0)


かわいいですよ^^ ご覧ください^^

http://news.livedoor.com/article/detail/13069286/



[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-18 13:47 | | Comments(0)

高次脳機能障害

e0161915_11445104.jpg
      
<高次脳機能障害の症状と脳損傷の部位との関係>  (はしもとクリニック経堂より提供)


思い当ります・・・

幼いころによく殴られていましたから。

あ、私の場合は「症状+性格」だな。


ただね、幼い子供の頭を叩いてはなりませんね。









[PR]
by miyabinahiro | 2017-05-16 11:49 | 医療 | Comments(0)

虎なmakoです。