ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

<   2016年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

不機嫌を抑えよう


不機嫌は、あらゆる害悪のもとです。


子供は、不満があっても、それをうまく表現する言葉を持たないし、

大人と対等にわたり合うこともできないので、

すねたり、だだをこねたりするという手段を用いるのもやむをえません。


しかし、結局、不機嫌からは何も解決策は生み出されないし、

むしろ事態を悪化させるだけであるということを学ぶことが、

大人になるということではないでしょうか。

不機嫌の原因が他人のせいであっても(たいていの場合、他人のせいですが)、

自分が不機嫌になるということが、子供じみた行為であることを認識すべきでしょう。


他人に腹が立ったとき、

怒りにまかせて文句を言ったり、仕返しをしたりすることが、「他人に勝つ」ということではありません。

また、人を許すことは、「負けて引き下がる」ことでもありません。

そもそも、人間関係に勝ち負けなど存在しませんが、どうしても勝ち負けにこだわるなら、

「どちらが大人か」という点で勝負すればよいのです。


嫌なこと、辛いことは避けられなくても、不機嫌は心がけ次第で避けられます。

「ムカツク」「キレル」などという言葉は、自分の甘えや弱さから出てくるものです。


不満があるなら、知恵をしぼって、前向きな解決策を考え出すべきでしょう。

それができない自分、いいたいことをはっきりいえない自分へのふがいなさが、

ますます不機嫌を増幅させてしまうのです。

自分をごまかしてはいけません。

誰も、不機嫌な人と仲良くしたいとは思わないでしょう。

ニコニコと機嫌よくしていれば、自然とまわりに人が集まってくるものです。

他人に媚びを売るというのではありません。

媚びを売るのは、自分に自信のない人です。

笑顔で他人に接するということは、相手を尊重するということです。

自信に裏打ちされた、精神的な強さが要求されます。


朝、目を覚ますと、まっさらな一日があなたを迎えてくれます。

さて、あなたは、今日という日を、にこやかに楽しく過ごしますか、

それとも、イライラと腹を立てて、台無しにしますか。




出典:たかたまさひろさん 「不機嫌を抑えよう」

[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-31 12:53 | たかたまさひろさん | Comments(0)

他人を「気が利かない」と非難する人は、

自分よりも気が利く人から

「お前は気が利かない」と非難されても、

文句を言ってはいけません。


他人を知識が浅いとバカにする人は、

自分よりも教養のある人からバカにされても、

仕方がありません。


そう考えると、私たちは、

うかつに他人を非難してはいけない、

非難する資格などない、

ということに気づきます。




自分にとってどうでもいい人、

嫌いな人に批判されたからといって、

気にすることはありません。


嫌いな人にどう思われようが、

どうでもいいことではありませんか。

言いたいことを言わせておけばよいのです。






[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-31 12:47 | たかたまさひろさん | Comments(0)

ありがとうの数


今年、「ありがとう」を言われましたか?

その数は、あなたの年齢よりも多いですか?





[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-29 06:57 | Comments(0)


1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し、「ラスト・クリスマス」などの世界的ヒット曲で知られる、イギリスの人気歌手ジョージ・マイケルさんが亡くなりました。53歳でした。

イギリスの公共放送BBCなどは25日、広報担当者の話として、歌手のジョージ・マイケルさんが自宅で亡くなったと伝えました。

マイケルさんは1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し、「ラスト・クリスマス」などの世界的ヒット曲で知られています。

1986年の「ワム!」の解散後、ソロ歌手として活動し、最近ではおととし、ソロアルバムを発表したほか、ことしに入ってからも新しいアルバムの制作に向けて準備を進めていたということです。

現地の警察によりますと、クリスマスの25日午後、通報を受けて、自宅に駆けつけた救急隊がマイケルさんの死亡を確認したということです。死因は明らかになっていません。

マイケルさんの広報担当者は「みんなの息子、兄弟、そして友人であったジョージが、クリスマスの時期に自宅で亡くなったことは、とてつもなく大きな悲しみだ」というコメントを発表しました。

NHK 12月26日 8時51分



[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-26 11:43 | Comments(0)

結衣ちゃん^^

e0161915_16333548.jpg

2005年放送の、「ドラゴン桜」に「逃げ恥」の新垣結衣ちゃんが生徒役で出演していました。

ご存知でした?


智ちゃんも共演していたのね・・・^^






[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-25 16:41 | Comments(0)

message     


俳優になったつもりで演技してみるのも道かもしれませんよ。

我を通す、下げたくない頭は下げない、悪くないなら謝らない・・・気持ちはよーくわかります。


イヤな相手ほど「笑顔」が最大の武器になります。

どうせなら気分よく仕事しましょ。


変化を恐れないこと。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-25 16:31 | message | Comments(0)





22日、新潟県糸魚川市の中心部で住宅などおよそ140棟が焼ける大規模な火災があり、10時間余りが経過した今も消し止められず、消火活動が続けられています。総務省消防庁によりますと、地震や津波による火災を除くと過去20年間で最悪の延焼火災だということで、市は360世帯の740人余りに避難勧告を出し、多くの住民が避難しています。

22日午前10時半ごろ、新潟県糸魚川市の中心部にある中国料理店から火が出て、周辺に建ち並ぶ住宅や店舗など北側を中心に燃え広がりました。現地の消防によりますと、住宅などへの延焼はおよそ140棟に上っていて、火や煙は300メートルほど離れた日本海側まで達したということです。

火は、出火からおよそ10時間余りが経過した今も消し止められておらず、現地の消防は、新潟市や富山県の消防などとともに消火活動に当たっています。消防によりますと、消火栓だけでなく、防火水槽に川からくんだ水を運び入れるなどして消火活動を続けているということです。

警察によりますと、この火事で40代の女性1人が煙を吸って軽いけがをしたほか、40代の女性1人が逃げる際に転倒して頭に軽いけがをしました。

総務省消防庁によりますと、焼けた建物の数がおよそ140棟に達している今回の火災は、地震や津波による火災を除くと過去20年間で最も多く、最悪の延焼火災になるということです。

糸魚川市は、大町1丁目と2丁目、本町の合わせて363世帯の744人に避難勧告を出し、安全の確保を進めています。また、市の災害対策本部によりますと、市内の3か所に避難所が設けられ、午後8時の時点でおよそ50人が避難しているほか、今後、増えていく可能性があるということです。

気象台によりますと、糸魚川市では、正午すぎに24.2メートルの最大瞬間風速が観測され、午後8時の時点でも8.2メートルの風が吹いているということです。


NHK 12月22日 20時43分


[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-23 11:52 | Comments(0)

美しいひととき


私が運転する車にて、「割烹の宿 湖畔」にお客様をお連れした。

道中、焼き鳥屋さんが目に入ったので、尋ねてみた。

「焼き鳥屋さんに行ったこと、ありますか?」

すると、「ないわ。」とひと言。

「しまむらってご存知ですか?」と聞いてみた。

「・・・スーパーのこと?」と聞き返された。


岸恵子に似たそのお客様を、息子さんが待つ場所までお連れした。

初めてお逢いする息子さんも美形だった。

「俳優になっても不思議ではないなぁ・・・」と見惚れた。


美しい母は85才、美しい息子は56才。

美しい背景が舞台が似合う、素敵な光景だった。


とやの潟割烹の宿 湖畔より
e0161915_09402645.jpg






[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-22 22:16 | Comments(0)

もしも雪なら







[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-22 18:47 | 好きな曲 | Comments(0)

message        


コメント欄にて、非表示を条件に・・・と、

様々のご相談を受ける。

逆に表示しても構いませんと書いていても、

表示できない内容ならば出すことはない。

messageという形で回答させていただく。


時々聞かれるのは「あなたは何者でしょうか?」。

私はただのばばあケアマネです。


身の上話しなどという大げさなものではありませんが、

まだ小学生だったころ、

「20才までは生きていたくない。」と思っていました。

「良いことがなさそうだから。」が理由です。


家が恐ろしく楽しくなかったですから。

物騒な家でしたしね、私には。


「家が大きいとか親が財力があるから≠幸せ」。

家も大きくお金にも困らないのに幸せを感じないなら、

「考え方がおかしい家」です。

未熟な親がいる家。未熟さに気づかない親がいる家。

そんなこと、世間は誰も教えてはくれませんからね。


私の顔は父曰く、不細工でしたから美しい女性に憧れました。

25才過ぎれば「女性としておしまい」と言われれば、

「そうなのかな・・・」と。


基本的に男性は怖いです、猛獣のような私でも。

「いつ暴力を振るわれるだろう・・・」と怯えることがあります。

男性の靴を見れば、「あの靴で顔を蹴られたら痛いからイヤだなぁ。」

・・・などなど。


トラウマではありません。ただの記憶でしかない。


その記憶から学ばなくてはならないですね。

善い道へ進むには誤った道(心)を選択しないこと。

昔は幸せじゃなかったからこれからは・・・と、

「自分の代」で、幸せに気づけばいいのです。


ちなみに、私は宗教家じゃないです。

「こう考えたほうがしあわせなんじゃないの?」を信仰しています。


神様・・・に会ったことはないですよ、

でもこの世の誰にも存在を否定できないでしょう?

宗教と信仰は似て非なるもの。


例えばね、ロックの神様とか、サッカーの神様・・・

みたいな存在で良いのではないでしょうか。


泣こうが喚こうが暴れようが笑おうが未来は訪れます。

何を選択するかは「自分次第」です。


あとは、「それは当たり前」ではないことに気づくことが大切なのでしょう。







[PR]
by miyabinahiro | 2016-12-21 22:01 | message | Comments(0)