<   2016年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

dress shirt

おしゃれな男性は素敵ですね。

目が行くのはYシャツ(和製英語)です。

ま、自分がおしゃれの対極にいるのに図々しいですが。




e0161915_112298.jpg


e0161915_145538.jpg


e0161915_151725.jpg


e0161915_1141893.jpg



あとは靴。

靴の汚れと車の汚れは比例しているように思います。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-30 01:10 | Comments(0)

WITHOUT YOU



[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-28 22:34 | 好きな曲 | Comments(0)

message

こうあるべき・・・と思うから世界が狭くなる。

こうあるべき・・・と、あなたに教えたのは誰でしょうか。

その人もきっと、誰かに「こうあるべき」だと教えられたのでしょう。


基準を作るのも、壁を作るのもあなたの心です。

あなたの心の中まで誰が支配できましょうか。


自分次第です、自分の心は。

それは誰の所為でもないですよ、きっと。


そう決めたのはあなた自身なのだから。



自分の歴史(過去)を学ぶのは、

同じ過ちを繰り返さないため。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-26 14:02 | Comments(0)

Mother Teresa


思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。




あと100年経っても、心を打つ言葉として言い伝えられるでしょう。

なぜなら、人の心にはエゴがあるからです。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-24 21:43 | message | Comments(0)

Life Is...


お客様が逝去した。

昨日はお通夜だった。

息子さんが大企業にお勤めなので、

参列者や弔電の主は誰でも知っているだろう著名な方々ばかりだった。


私は遺影を見つめながら、

生前の明るいお客様を思い出していた。

飾らない気さくな「おかあちゃん」。

「息子は息子、私は私。」が口癖の方だった。

訛(なま)り満載で、一度では聞き取れないけれど、

豪快に笑いながら話すのだから、おそらく楽しい話しばかりだったのだろう。


自分の父親の通夜にも葬式にも出ていない私が、

他人のお通夜の席にいた。


以前も記事にしたことがあったが、

私の最期は通夜も葬式も必要ない。

もっとも無駄な経費だ。


介護の仕事に就いたから「ありがとう」と言われる機会はあるが、

私はそれ以上に人を泣かせてきたのだから、傷つけてきたのだから、

人並みの人生最後の場面はもったいない。




今、ふと浮かんだ曲がある。






[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-23 22:11 | 好きな曲 | Comments(0)

他人を恨まずに生きていくには


他人を恨まずに生きていくには


それぞれの国の文化を知らないために相手の国に恐れを抱くのは、無知だからです。

そして、その恐れが、戦う心を生み出すのです。

精神を病んだ人々をさげすむ人たちは、自分もなりえる病気だということを知りません。

誰でもが境遇や環境次第でなりえる自分なのです。

人間として生きていくために言語を学ぶのは、人を攻撃したり批判するためではありません。

自分の意識を明確にし、他人の思いを受け止め、共に歩むために言語を学ぶのです。

外国語を学ぶのは、その国の人々と心を深めるためです。

歴史を学ぶのは、人が犯してきた過ちを二度と繰り返さないようにするためです。

方法を学ぶのは、より人生を豊かにするためにです。

学ぶということは、人の叡智を人に宿すということです。

個人と個人が知り合うとき、そこに国も人種も必要がなくなります。


ー日木流奈くんの言葉ー

[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-23 14:17 | message | Comments(0)

認知症相談室の相談


以下は、認知症ねっと掲示板 認知症相談室の相談内容です。

なんとアドバイスすれば、良い方向に向かうでしょうか。



認知症の母が、毎朝、物取られ妄想が激しく、父が母の介護をしているので、父を犯人だと、激しく攻撃します。娘の私が、否定してもだめで、話題を変えても、母は、しつこく取られた、と怒ります。

毎朝なので、持病のある父も疲労しています。妄想がおさまるというお薬を服用していても、だめです。いきなり母が父に暴力を振るったりもします。

精神科に入院させた事もありましたが、病室が刑務所かと思うほど、環境が悪かったので、私自身、かなり苦しみました。妄想がない時間の母は穏やかで優しいからです。

4年前から物取られ妄想や浮気している妄想があり、毎日、対応に父も私も疲れきりました。


あと攻撃した時の怪我も心配です。

妄想時は、どのように対処したらよいのか、アドバイスを頂けたら、と思いますので、宜しくお願いします。


追記ですが、ディサービスは母が嫌がって、行きません。何度か連れて行っては、怒って、殴られるので、介護している父の休まる時間がありません。

穏やかな時と妄想の時の差が激しいです。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-21 13:04 | Comments(0)

高齢者夫婦が死亡 認知症介護疲れによる無理心中か


高齢者夫婦が死亡 認知症介護疲れによる無理心中か

2016年5月11日


自宅で息子が発見


東京・町田市の都営アパートで80代の妻と90代の夫が死亡しているのが見つかった。警視庁は、現場の状況などから妻が認知症などの症状がある夫の介護に疲れ、無理心中を図ったとみて詳しい経緯を調べている。


10日正午すぎ、夫婦の部屋を訪れた息子から、「父が倒れていて母が死亡している」と110番通報があった。

警察官が駆けつけたところ、妻がベランダで首をつって死亡しており、ベッドの上では、夫が首を絞められ意識不明の状態で倒れているのが見つかり、その後、死亡したとのこと。

夫婦は2人暮らしで、妻が夫の介護をしていた。

夫は目や足が不自由で認知症の症状があり、室内には妻が書いたとみられる遺書が残され、そこには「じいじ、助けてあげられなくてごめんなさい。一緒にあの世に行きましょう」などと書かれていたことから、警視庁は、妻が夫の介護に疲れ無理心中を図ったとみて詳しい経緯を調べている。



出典:認知症ねっと

[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-21 12:28 | 介護 | Comments(0)

種族を超えて


[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-20 20:33 | Comments(0)

いいかた

今の言葉・・・撤回したい。

でも、一度口にした言葉は消せない。

そのうち、その言葉はひとり歩きを始めてしまう。

人から人へ、語り継がれるうちに、

最初の姿は変化し、まったく別の姿になるのだ。




自分でもキツイ言い方をしていると思う。

相手が男性ならなぜか容赦しないことが多い。



男性は傷つくのだろうか。

私は男性ではないから推し量るしかないが、

くじけないで欲しいと思う。

「言い方があるだろう・・・」って?

惚れた腫れたの話しをしているのではない。

仕事の話しをしているのだ。





・・・ふっ、仕事ができない男性は無駄な言葉が多い。

大体が「言い訳、自己弁護」から始まるようだ。


あ、これもキツイ言い方・・・か。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-06-19 21:49 | Comments(0)

虎なmakoです。


by mako
プロフィールを見る
画像一覧