ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

<   2016年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

おい、おーい、老い。


もう直ぐ2月ですね。

大人になると時の経つのを早く感じてしまうのは、

感動が薄れてしまうから・・・だとか。

その道を進めばどうなるか、どこへ繋がっているのかを知っているから、

わくわくしなくなるのが原因だと聞いたことがあります。


妻が食事を用意して、夫がお箸をつけなかったなら、

「あら、きらいだったなの?ごめんなさいね。」

・・・と、かつては言えただろうに、

長い時間の経過とともに、

「贅沢言わないの!」とか、「せっかく作ったのにもったいない!」

あ、話しがそれたかな。


相手や物事への感動も感謝すら薄れてしまうからなのか。



何かに腹が立ち、誰かに腹が立つとき、

過去に自分が相手にしたことが反って来ているのだという。


そんな言い方ないじゃない?

・・・きっと、そんな言い方を誰かにしたのかもしれない。

どうしてこんな目にあうの?

・・・きっと、そんな目に相手をあわせてしまったのかもしれない。


私の場合はそれが多すぎるから。


されてイヤなことはしない、言わないこと。

小学校で習うことばかり・・・が教育の始まりなのでしょう。


最近平気で約束を破られ、謝罪すら受けなかった場面があった。

とても腹が立ったが、立ち止まった。

過去に私はそうして来た。


それなのに、相手に対して「私は腹が立っています。」と態度に表した。

我の強さを思い知り、悪循環に自分を放り込む。

やり返しては終わらないことを知っていても、

我を通す。


傷つきたくないから相手に興味を持たない・・・

のではなく、最近は面倒という気持ちが先に立つ。


面倒になってしまったのは老いてきた証・・・だな、私は。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-28 21:14 | 雑感 | Comments(0)

佐藤大和さん

三重大学人文学部出身の弁護士 佐藤大和さん。


e0161915_1163998.jpg

photo;佐藤大和弁護士


以下、大和弁護士のプロフィールです。

http://profile.ameba.jp/yamato-lawyer/


素敵ですね^^


法学部でなくとも、びっくりするくらい高い偏差値の大学でなくとも、

弁護士になれることは希望です。


敷居の高い弁護士事務所は・・・相談に行きにくい。

「私と同じ目線になってもらえるだろうか?」



あ、個人的にはあまり素敵な弁護士さんではないほうが緊張しません・・・ね。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-25 11:14 | Comments(0)
第28回介護福祉士国家試験(筆記試験) 解答速報

http://www.o-hara.ac.jp/best/kaigofukushi/sokuhou/#01




私が受験したのは平成17年の試験でした。

今受けたら受からないです。

実技試験も二度と経験したくないです。

ケアマネ資格も車の免許も手放したら二度と手に入らないです。


現場のスタッフさんを拝見していて思うのは、

有資格者よりも、お客様に愛されるか否かということ。

言葉遣いを知っていること、挨拶ができること、

施設内に、オーバーやコートを着たまま入らないこと・・・でしょうか。


施設なら見逃されることも、一般家庭では赦されないことがあります。

よそ様の家のリビングにオーバーやコートを着たまま入りますか?

施設のお客様のお部屋は「家」ですから、ノックするのは当然です。

トイレ介助も居室のドアは開放しません。


有資格者でありながら、マナーがなければ「資格があるのに・・・」と言われかねない。

ほかのどんな国家資格も同様でしょう。

それが「資格に恥じない」という意味なのかもしれません。


豊富な知識と経験がありながら人から愛されないならば、

笑顔も優しさも思いやりも相手に伝わらないからです。

若しくは優しさも思いやりもないからです。

お客様には優しいけれど、同僚や後輩に愛されないならば、

それはきっと、難しい生き方をしているからでしょう。

相手は自分の鏡ですから。



介護福祉士国家試験も大学受験ではありませんから、合格率など気にする必要はありません。

ただ合格しましょう。

1回で合格しようが、5回で合格しようが合格は合格です。


どうぞ、ただひたむきにひたむきに勉強しください。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-25 00:08 | 介護 | Comments(0)

『ナオミとカナコ』


『ナオミとカナコ』というドラマ、ご覧になりました?

以下、ドラマのstoryのアドレスです。



http://www.fujitv.co.jp/naomi-kanako/story/story_03.html


「完全犯罪は成立しない、なぜなら人には良心があるから。」

ま、逆説があるなら、

良心がなければ完全犯罪は成立する・・・では困りますね。


ドラマは夫のDVに耐える妻というもの。

どんなに一見華やかで、物質的に不自由のない生活が保障されていたとしても、

夫のDVが許される理由はありません。


DVは「精神の病」です。

妻の愛情で治りません。


「相手を殺めるくらいなら別れる選択をする。」ことに気づくしかないでしょう。



その愚かな夫を真実に愛していると言うのなら、別れることです。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-22 05:54 | ドラマ | Comments(0)

あいむほーむ^^

今日は関東へ出張でした。・・・日帰りです。

朝8時台の新幹線に乗り上野下車、そして成田空港行きに乗り換えました。

新幹線と言えば東北新幹線のイメージが強いので、終点は上野だと思うのね、

ところが上越新幹線は東京駅が終点なの。

東京新潟間は400㌔ないので、

北海道で言うなら、札幌-函館くらいの距離かな。


東京を離れてもう27年くらいになるから・・・なのでしょう。

やはり「花の都、大東京」です。

車窓から見える景色がまったく違いますね。


こちらはのどかな(雪で真っ白でしたが)畑が続きますが、

関東はマンションやビルがずらーっと並びます。


帰りの新幹線で、思わず「やっと帰ってきたぁ・・・」とつぶやきました。

へっ?「帰ってきた?」・・・

最近ね、こちらの方言が出ます。


まだね、あきらめてはいませんが、

漠然とこちらが終の棲家になるのかな・・・なーんて。


新潟ー長岡間は車なら2時間くらい、新幹線なら20分です。 速いわけだ。


どこに住もうがその土地の良いところに目を向けることなのでしょう。

私は「食べること」に重きを置かないので、

「お米が美味しい」とか思わないのです。

(実際は美味しいのでしょうね。)

どこに行っても良い人もいるし、そうでない人もいる。



さて、明日も仕事だ、そろそろ休もうっと。

慣れないヒールを履いたので足が痛いです。


そうそう、朝ねお弁当を作って行ったの。

最近は節約生活を楽しんでいます。

自動販売機も使わないし、

コンビニは高いから買い物せず、ATMの為だけに行きます。


それでは、おやすみなさいませ^^



追記

今、知ったのですが、東北新幹線も始発終点ともに東京駅になったとのこと。

無知・・・でした^^

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-20 22:02 | Comments(0)


その道しかない・・・だろうか。

こうあるべき・・・と、

なぜ自分の心に枷をつけてしまうのでしょう。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-17 19:49 | message | Comments(0)

斉藤 工さん


今話題の斉藤工(たくみ)さん。

『相棒』に出演したことがあります。

今とはイメージが違うから、一瞬わからなかったけれど、

もしかして・・・と、「相棒 斉藤工」と検索したら・・・ビンゴ!


どこにいるか、わかります?

e0161915_1046272.jpg


e0161915_10464324.jpg



こちらがアップ^^

e0161915_10474459.jpg




こちらが今の斉藤工さん

e0161915_1047983.jpg



相棒では犯人役でした。 かっこよかったですよ。


私は線が細い男性が理想なので、今の斉藤さんは・・・少し違うなぁ。

ま、斉藤さんも私を見れば、「理想とぜんぜん違うなぁ、ばばだし。」と言うのでしょうが。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-17 11:04 | Comments(0)

雑感

新年を迎えて2週間になります。

如何お過ごしでしょうか。


私はシフト上、年末年始は仕事でした。

ケアプラン作成に追われ、アセスメントに追われ、ご挨拶周りに追われていました。


今日と明日は休みです。

車検だったの・・・

今年もどのくらいかかるのかなぁ・・・と憂鬱でした。

ご実家が車関係のお仕事をされている介護スタッフさんから、

「うちで車検をしましょうか?」と声をかけて貰いました。


そうしたらなんと! 2年前の他社の半額でした。

「直す箇所がありませんでした^^」とのこと。


ありがたい、ありがたい・・・本当に感謝です。



仕事は順調です。

いやいや、順調な流れに乗るよう努力をしています。

今月20日は関東への出張があります、日帰りで。

27日は新年会だとか。

私は今はお酒をまったく飲みませんからこの日は休み・・・かな。



この1つ前の記事、たかたまさひろさんの言葉は「私に言っているな」と思います。

期待から生まれるものは「不安」が多い。


身の丈に生きる・・・ことだと思います。

無理をすれば遠くない未来で相応の結果が待っているようです。



世間を騒がせている3才の虐待死事件につきまして。

虐待をした人間に同じことをしてやれと思います。

顔に熱湯をかけても痛くも痒くも熱くもないのだし、

来る日も来る日も怯えさせることがこの人間たちにとって幸せだったのだろうから。

されて嬉しいことを自分の子供にしたのだろうから。


亡くなった羽月ちゃんが、次は幸せな命として生まれて来ますように祈ります。

残された上のお姉ちゃんが、幸せに生きられますように祈ります。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-13 22:11 | 雑感 | Comments(0)

David Bowie died






英BBC放送は11日、英国のロックミュージシャン、デビッド・ボウイさん(69)が死去したと伝えた。

ボウイ氏の息子が明かした。(ロンドン支局)

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-11 21:00 | 好きな曲 | Comments(0)


『腹が立ったときが、自分を見つめ直すチャンス』


他人の言動が気に障ったときこそ、自分の過去を振り返ってください。

「私は、これまで一度も、他人に迷惑をかけずに生きてきただろうか。

知らぬ間に他人を傷つけてしまってはいないだろうか」


他人に何かをしてあげたのに、感謝の言葉が返ってこなくて、悲しいと感じたなら、よく思い出してください。

「私は、他人に感謝すべきことに、きちんと感謝を示しているだろうか。

何かをしてもらうことを当然と考えて、感謝の心を忘れてしまっているのではないだろうか」


他人に侮辱的な態度をとられて憤慨したときは、自分の言動を省みてください。

「私は、他人に接するとき、誰に対しても誠意を示し、相手の人格を尊重しているだろうか。

相手の身分や身なり、性別や貧富の違いによって態度を変えてはいないだろうか」


恋人や友人が、自分の望むとおりのことをしてくれなくて、

腹が立ったときは、自分の胸に問いかけてみてください。

「私は、つねに相手の望むとおりのことをしてあげているだろうか。

人それぞれに性格も価値観も違うのだから、望むことは異なっていても当然ではないか」


いい友人がいないと嘆く前に、思いを巡らせてみてください。

「私は、はたして誰かから『いい友人』だと思われているだろうか。

自分が誰かを求めているのと同じくらいに、自分は誰かから必要とされているだろうか」


仕事がつまらない、やりたい仕事が見つからないと、やけを起こす前に、反省してみてください。

「今の仕事を、プロ意識をもって完璧にこなしているだろうか。

つまらない仕事さえ完璧にできない自分に、それ以上のことができるだろうか」


自分の気持ちを誰も理解してくれないと悲観する前に、考え直してみてください。

「私は、他人の気持ちを理解してあげているだろうか。

自分の気持ちばかりを一方的に押し付ける人を、積極的に理解してあげられるほどの寛容さをもっているだろうか」


腹が立って不愉快な思いをしたとき、

人間は、本能的に、「これは自分のせいではない」という言い訳を見つけようとしてしまいます。

しかし、本当に自分の責任の範囲外のことであるなら、それほど腹は立たないものです。

「自分の力でどうしようもないことは、いくら考えても仕方がない」とあきらめられます。

自分の心のもち方の問題であるのに、

その責任を何とかして転嫁しようとするとき、矛盾にさいなまれて、堂々巡りになって、

そんな自分に腹が立ち、気が晴れないのです。


自分をごまかそうとするより、すべてを自分の問題として考えることの方が、

実は、はるかに気が楽なことなのです。

腹が立ったときは、そのエネルギーを、勇気を出して自分にぶつけ、

自分を成長させるために使ってみてください。

自己嫌悪に陥って、自分の価値を下げることになるのではないか、という心配はいりません。

怒りを心にためておくことの方が、よっぽど精神に悪いことです。


怒りという害悪にしかならない感情を昇華させ、自分の心を清めてください。

真摯に自分の心と向き合えば、きっと自分に素直になり、自分を好きになることができるはずです。



出典:たかたまさひろさん




自分を解放するもしないも、きっと、自分の心の持ち方、心の向き次第なのでしょう。


自分を苦しめているのは、自分自身かもしれませんね。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-01-11 07:11 | たかたまさひろさん | Comments(0)