<   2015年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

「風林火山」には続きがある!?

ご存知でした? テレビで知りました。

以下は甲府市(https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/tsubo/035.html)のHPからの引用です。



「風林火山」には続きがある!?

戦国時代最強といわれた武田信玄率いる武田軍。

その本陣に掲げられていた軍旗(正しくは「孫子の旗」、

「孫子四如(しじょ)の旗」)に書かれている文字「風林火山」は、

古代中国の『孫子』という兵法(ひょうほう)書から用いたとされています。

「風林火山」は、『孫子・軍争編第7』の軍の行動について書かれている最初の部分で、

実はこれには続きが・・・!


その疾(はや)きこと風のごとく

其疾如風

その徐(しずか)なること林のごとく

其徐如林

侵掠(しんりゃく)すること火のごとく

侵掠如火

動かざること山のごとく

不動如山

知りがたきこと陰のごとく

難知如陰

動くこと雷霆のごとし

動如雷霆


e0161915_20594779.jpg


画像:武田家の遺臣たちが納めたといわれる「孫子の旗」。

高さ3.8m、幅78cm(甲州市雲蜂寺所蔵)



知ったかぶりをせずに、

こういう話しをさりげなく教えてくださる男性は素敵です。

[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-31 21:07 | 学習 | Comments(0)

『最強のふたり』










心が温かくなる映画です。

伝わるのは「心のないお上手な言葉」じゃないのでしょうね。

[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-31 14:40 | 映画 | Comments(0)

BRIDGE OF SPIES


[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-26 17:25 | 映画 | Comments(0)

20代女性保育士が乳児虐待か ニチイ学館運営保育園で

食事無理やり口に…20代女性保育士が乳児虐待か

 名古屋市、立ち入り調査 「ニチイ学館」運営



 名古屋市中川区の認可保育園「ニチイキッズ長須賀保育園」で、20代の女性保育士が乳児をたたくなどの虐待を繰り返していた疑いがあるとして、市が児童福祉法に基づき立ち入り調査していたことが25日、分かった。

 市によると、保育士は8~9月、ゼロ歳児6人をたたいたり、食事を無理やり口に入れたりする虐待をしていた。6人にけがはなかった。同僚が園に報告、保育士は虐待を認め退職した。

 同園は4月に開設し、ゼロ~5歳児約50人が通う。園からの連絡で、市が今月15日に立ち入り調査した。市の担当者は「さらに調査し、結果を踏まえて改善勧告する」としている。

 運営する「ニチイ学館」(東京都千代田区)の広報担当者は「現時点ではコメントできない」と話している。



出典;産経新聞 2015.12.25 12:25



いやいや、ニチイ学館の幹部たちが「誠に申し訳ありませんでした。」と、

深々と頭を下げていましたがね。


こういう場面で幹部連中が頭を下げるとき、いつも思うのですが、

誰に対して何に対して「申し訳ない」と言っているのでしょう。

[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-25 18:16 | 事件 | Comments(0)

肩書きを自慢しない人の特徴

肩書きを自慢しない人の特徴

・・・

しかし、これまで私があった
エグゼクティブの人たちは

自分の肩書きを自分で言葉にして
発する事はほとんどいません。

むしろ控えている人の方が多いです。

「私は社長だ」
「私は立場が上だ」

など言葉にすることはありません。

例えば、クライアントのもとに
顧客訪問をして、

始めてお会いする時には
名刺交換をするでしょう。

その際「○○社の○○と申します」

というように会社名と
名前を伝えるだけで、

肩書きについては
伝えない事がほとんどです。

肩書きは名刺を見ればすぐに分かります。

名刺交換が終われば、
お互いが名刺をしばらく眺め、

「この人はこの肩書きで、
こんな仕事をするんだろうな」

と推測しながら会話を始めます。

少し間があいて、

「○○さんは○○(肩書き)なんですね、。
最近はいかがですか?」

と会話が進みます。

肩書きと言うのは
既に多くのものを瞬時に伝えているのです。

だからわざわざ口に出して
伝える必要は無いのです。

自分の肩書きはあえて言葉に
しないと言うのが美徳と言えます。

肩書きは多くのものを端的に伝えるので
言葉にする必要は無いのです。

最終的には肩書きより「その人自身」


先ほど挙げた例のように

肩書きを言葉として発するのを
聞いてしまった瞬間に、

気持ちが離れていく感覚を持つのは
私だけではないでしょう。

「肩書き」が権威の象徴として用いられ
妙なプレッシャーを人に与えます。

緊張感が高まる中で会話すれば、
空気も重苦しくなり

クリエイティブな発想は
生まれにくくなります。

肩書きは何か不思議な力があります。

だからこそ自分に自信が無いひとほど、
つい肩書きに頼ってしまいたくなります。

しかし肩書きには頼らない
自分のあり方を分かっている人は、

本当は一番強いと言えます。

最終的には人は
相手の肩書きではなく
「人となり」に惹かれるものですから。



出典:豊かな人間関係を築く人脈術の極意




お客様の受診時にある病院へ同行したときのこと。

(こちらでは有名な大きな病院です。)

番号で呼ばれ、診察室に入ると、

にこにこと気さくな笑顔で迎えてくださった。

お客様は80代、

この年代の方々にとっては恐らく「お医者様は偉い」から、

認知症ではないが、普段はありとあらゆる暴言暴力で対抗するそのお客様も、

医者の前では「人が変わったようにおとなしくなる」ようだ。


しかしながら、あまりの気さくなその医者に、

拍子抜けをしたかのご様子で戸惑いすら見て取れた。


受診を終えて、帰りに玄関近くに掲げてあった理事長の名前には、

さっき、気さくな笑顔で診察してくださった医者の名前があった。



わざわざ「私が理事長でござい! 平身低頭で接しなさい!」などど、

いまどき流行らない時代錯誤な雰囲気が、

もしも微塵でもあの医者から伝わったなら、

あぁやっぱりか・・・と、落胆したかもしれないが、

お客様だけでなく、同行した私までもが笑顔になり気持ちが温かくなっていた。


用事がなければ医者にかかる必要はないが、

痛みを消して欲しいと願い医者を頼るものだろう。


痛み以上に「傷み」にともし火を与えて温めてくださったあの先生に感謝いたします。

[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-25 07:00 | マナー | Comments(0)

美しい冬


札幌の美しい冬よ、永遠に。







[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-24 21:11 | 札幌 | Comments(0)

playing ball....





もしかしたらこのカラスは間違ってカラスに生まれたか、

前世は人間だったけれど、

人間に疲れたから神様にお願いして、

現世は自由なカラスとして命を吹き込まれた・・・

なーんてね。



姿かたちが人間なら、

生き方や魂も成長しましょうか。


たぶん、それが人間の役割かな。

[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-23 20:57 | Comments(0)

black joke

Ⅰ 熊に襲われたボブとマイク。

逃げながらもマイクが突然リュックをひらきスニーカーをとりだす。


ボブ「お前、正気か?そんなもん履いたって逃げ切れるわけがないだろ」

マイク「ああ、でもお前よりは速く走れるだろう」





Ⅱ ある夫婦には4人の男の子がいたが、ちょっと奇妙な点があった。

上の3人の子は、赤毛で、肌の色も明るく、背が高かったが、

一番下の子は黒髪で、目の色も濃く、そして背が低かった。


やがて父親は病気になり、危篤の床となったおき、妻に向かってこう尋ねた。

「最愛なる妻よ、私が死ぬ前に正直に言ってくれ。本当に一番下の子は私の子なのかい?」

妻はこう答えた。

「神に誓って言います。あの子はあなたの子ですよ。」

それを聞いて、安心したように夫は息を引き取った。


そして妻はこう呟いた。

「神様ありがとう。夫は上の3人の子については何も聞かなかったわ。」





Ⅲ 事故から奇跡的に一命を取りとめた友人のお見舞いに行くとチューブだらけだが、

思いのほか元気そうで回復がめざましかった。

生まれつき口のきけない彼は筆談で答えていたがしばらくすると容体が急変した。


震える手で何かを書きつける頃、

ドクターが来たがもはや手遅れで彼は旅立ってしまった…

悲しみの中、手に残された最後のメモを開くと


『君の足がチューブを踏んでいる。どけてくれ苦しい』




Ⅳ 死因

保険を申し込む男が、用紙に記入するのに困っていた。

セールスマンが問題は何かと尋ねると、父親の死因の欄に書けないのだと答えた。

セールスマンが理由を尋ねた。


しばらく困惑した様子でいた男は、

父親は絞首刑になったのだと説明した。


セールスマンはちょっと考えた。

「こう書いてください。

『父が公式の行事に出ていたとき、足場が崩れた』と。」




Ⅴ レタスの植え時

ある刑務所で、囚人が彼の妻から来た手紙を受け取った。

「親愛なる夫へ」

「実はわたし、家の裏庭にレタスを植える事にしたの。」

「いつ頃に植えるのがベストなのかしら?」


囚人の夫は、刑務官に見られるのを覚悟して手紙を書いた。

「親愛なる妻へ」

「残念だが、裏庭に触っちゃいかん。」

「なぜなら、そこにはオレが隠した金が埋まっているからだ。」


1週間後、夫は再び、妻からの手紙を受け取った。

「親愛なる夫へ」

「大変よ!本当に信じられない事が起こったわ!」

「あれからしばらくして、スコップやらシャベルやらを持った…」

「数人の男達が家にやって来て、裏庭をすべて掘り起こしたの。」


夫は早速、妻に返信した。

「親愛なる妻へ」

「さー、レタスを植えるなら今だよ。」



Ⅵ ブドウが食べたい!

とあるスーパーに、喋るアヒルがヨチヨチ歩きながら現れた。

アヒルは早速、そばにいた店員に尋ねた。

「ブドウはあるかい?」

「いいえ、置いてませんね。」

店員はアヒルに愛想良く返答した。

アヒルは立ち去っていったが、しばらくしてまたやって来て尋ねた。

「ブドウはあるかい?」

「いいえ、ありませんね。私は15分前にも、同じことを言ったはずです。

この店には、ブドウはありません!」

店員がやや興奮気味に言うと、アヒルは再び立ち去っていった。

しかし、その15分後、またしてもアヒルがやって来て言った。

「ブドウはあるかい?」

店員はもの凄い剣幕で、アヒルにまくしたてた。

「だから、無いと言ってるだろう!」

「お前はもう、2度とここに来るな!もし、来やがったら・・・」

「お前の水かきを、釘でこのフロアに打ちつけてやる!」

アヒルは再び、その場から立ち去っていった。


しかし、また15分後、アヒルがやって来て言った。

「釘はあるかい?」

「スーパーには、そんなもの無え!」

怒り心頭の様子の店員に、アヒルはしれっとした顔で言った。


「オーケー、んじゃ、ブドウはあるかい?」



出典:black joke



笑えました? 

平和でなにより^^

[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-21 12:55 | 笑い話し | Comments(0)

粉雪



[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-18 19:56 | 好きな曲 | Comments(0)

太陽に笑え



[PR]

by miyabinahiro | 2015-12-16 18:49 | 好きな曲 | Comments(0)