<   2015年 10月 ( 36 )   > この月の画像一覧


佐藤 健くんがかっこいい! 053.gif053.gif053.gif

どうやって撮影したのかなぁ・・・




来週の金曜日、最期編なの^^
[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-31 21:23 | 映画 | Comments(0)

覚悟


ブレるとは、覚悟を忘れること。

覚悟するとは、ブレないこと。

結婚は、双方がブレずに夫や妻であること。

学生とは、学びに生きること。

就業とは、業(繰り返される)に就くこと。


覚悟とは、覚え悟ること。



覚え、悟るまで続けないから覚悟できない。


覚悟できないなら、早めに方向を変えた方がいい。

























[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-28 21:00 | message | Comments(0)


10代でプロ野球選手になること。

私がどうこう言えるものではないが、

清原さんがPL学園から西武に入団した時も、

派手な生活の話題は好まなかった。

「野球選手は黙って野球をすればいい。」

勘違いからブレて夜の街なんぞに繰り出さなくていいのだ。


得るものが大きければ、失った時の喪失感は筆舌に尽くし難いものだろう。

何も、それは野球選手に限ったことではないだろうが。


ダルビッシュ有氏の元女房をドラマで見るようになった。

非常に不快である。

趣味や暇な時間を持て余して・・・の「役者気取り」か。

特にどこがどうとも輝かない珍しい女性だ。

そのへんに居ても気づかない。


養育費と言う名の「浪費資金」に、

ダルビッシュ有氏は毎月200万円とも1,000万円とも言われる金額を支払うという。


ダルビッシュ有氏に見る目がなかったと言えばそれまでだが、

結婚という話しが流れた時に、「まだ早い」と思ったのは私だけなのだろう。




他人のことはよーく見えるものだな・・・と自分に言い聞かせる。

[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-28 10:49 | 雑感 | Comments(0)

優しい時間



優しい時間が流れた。

私だけでなく、その場にいるスタッフが優しい時間に包まれていた。


あなたの話しをしっかり聴いていますよ・・・と、

穏やかにゆっくりと頷くご家族。



「忙しい」だのの言い訳を自分にしながら、

大切な仕事を「流れ作業の如く」行ってはいないだろうか?


スタッフが、何かに気づき始めた。


優しい時間とは、人を育てるのだろう。




「人には優しくしなさい。」


他界した兄の言葉を思い出していた。

























[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-26 04:36 | マナー | Comments(0)


野球賭博が巨人ドラフトを直撃…泣く泣く「オコエ1位指名」回避


2015年10月24日 6時0分

東スポWeb


 巨人のドラフトを野球賭博問題が直撃だ。22日、都内で開かれた「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」で、41年ぶりに監督不参加となった巨人は、1位で立命大の最速150キロ右腕・桜井俊貴投手(22)を指名。即戦力投手を一本釣りで交渉権を獲得した。一方で“投高打低”が叫ばれながら、当初評価の高かった関東第一・オコエ瑠偉外野手(18)は直前回避。背に腹は代えられない苦しい実情が浮き彫りとなった――。

 大山鳴動した結果、巨人のドラ1指名は「即戦力投手」の桜井だった。異例の監督不参加という事態で、報道陣の取材に応じたのは堤GM。評価については「(桜井指名を決断したのは)昨日の夜です。球種も多彩で、直球も速い。ウチの投手陣の中で、来年の先発ローテーションの一角を狙える力が十分にある」と評価を語った。

 野手ではなく、投手を指名した理由については「ディフェンスの重要性です。もちろん、打者を補強するべきとの声があるのは知っている。ただ何より、ディフェンスだろうと」と語った。

 高橋由伸に監督就任要請を行った際、久保球団社長は「打ち勝つチーム作り」を掲げていた。それでも今回のドラフトで投手を指名せざるをえなかった裏では、いったい何が起きていたのか――。

「オコエがなんとしても欲しい」。世間が夏の高校野球に沸いていたころ、巨人首脳の視線は抜群の身体能力を爆発させて甲子園で躍動する1人の高校生野手に集中していた。先月29日のスカウト会議後には、山下スカウト部長が「オコエは甲子園で評価を上げた選手。評価を変えて(1位候補である)Aクラスになった」と明言。久保社長、堤GMら幹部も熱視線を送っていた。育成を除き5年連続で外野手指名を見送っていること、主力野手の高齢化、若手スター候補の不在…。オコエを1位指名する筋の通った理由はいくらでもあり、球団内では獲得への期待感が高まっていたところだった。

 しかし、会議直後の10月5日に福田と笠原が絡む野球賭博問題が発覚。ここから、事態が急転した。福田はもともと戦力外候補だったが、笠原は今季も20試合に登板していた。将来は先発候補としても期待できる逸材だったが、NPBの裁定がどうであれ、今後戦力として計算できるはずがない。

 さらにドラフト前日には既出の2投手に加えて、2011年のドラ1左腕・松本竜も野球賭博に関与していたことがNPB調査で発覚するという騒動に発展。支配下投手3人が賭博問題で“戦力外”となった事実は、チーム編成上の大打撃だった。

 球団は10月初旬以降、宮崎で開催中のみやざきフェニックス・リーグに編成担当者を派遣し、他球団の来季構想から漏れそうな投手のリストアップを開始したが、笠原らに代わり一軍即戦力となりそうな投手は簡単に見つからない。いまだ賭博問題がくすぶり続けているなか「1位は投手でいくしかない」(球団首脳)と判断。オコエ指名は泣く泣く見送るしかなかった。

 前日に巨人が開いた会見では、ドラフト会議への参加を辞退すべきではとの厳しい声も上がっていた。堤GMは神妙な表情で「若い選手を中心に(野球賭博などの不祥事)再発防止策を立てていく。二度とああいうことが起きないようにしたい。(交渉権を獲得した選手たちには)絶対に間違いのない球団だと申し上げたい」と宣言したが…。傷ついた盟主復活への道のりは果てしなく長い。




なるほどね。
[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-24 12:14 | スポーツ | Comments(0)


以下、ご参考くださいませ。



林先生の受験対策講座

第18回ケアマネジャー試験総評


http://www.caresapo.jp/juken/caremane/hayashi-kouza/16191

[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-24 10:30 | ケアマネ試験 | Comments(0)

message



あなたが気づくまで、

同じ現象は続くでしょう。



あなたを苦しめているのは、

あなた自身です。

























[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-23 06:04 | message | Comments(0)


リクエストにお応えして、もう一度^^


エアロスミスのスティーブン・タイラーがストリートミュージシャンの路上ライブに





・モスクワの路上で弾き語りをしていたストリートミュージシャンとセッション

映像は、ストリートミュージシャンのライブを見守るタイラーさんの穏やかな眼差しから­始まる。ストリートミュージシャンが演奏している曲は映画『アルマゲドン』の主題歌で­エアロスミスのヒット曲「I Don’t Want to Miss a Thing」。

しばらくすると、ストリートミュージシャンに向かって、おもむろに近づいていくタイラ­ーさん。迫ってくる彼に若干キョドるストリートミュージシャン。「エッ? マジで? エッ?」。
・やっぱ凄すぎるタイラーさん

タイラーさんがマイクを取って歌いだした。流石世界的シンガーだ。ストリートの彼とは­声の抜けが比べものにならない。あの映画の1シーンが浮かんでくるようだ。
・大歓声のストリートのお客さん達

二人で最後の「and I don’t want to Miss a Thing」を歌い終え、大歓声が巻き起こったところで映像は終了する。

ちなみに、この動画は、ライブ前日の9月4日のものであり、エアロスミスは、翌5日の­モスクワ公演で「I Don’t Want to Miss a Thing」を演奏したとのこと。モスクワはさぞ盛り上がったことだろう。


出典:世界的ロックバンド、エアロスミスのスティーブン・タイラーがストリートミュージシャンの路上ライブに乱入!!






[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-22 10:35 | 好きな曲 | Comments(0)

一度は断ったが再度誘われ大損、借金取り立て始まり発覚


巨人・福田投手が野球賭博関与


 巨人の福田投手が野球賭博に関与していたことについての球団の調査結果の要旨は次の通り。

 一、福田投手は今年春ごろ、税理士法人勤務という男性から野球の試合で賭けをしないかと誘われて一度は断ったが、8月初旬に再び誘われて全国高校野球選手権大会の複数の試合で賭けを行って大損した。

 一、男性から「遊びだからプロ野球で取り返せばいい」と持ちかけられ、プロ野球と大リーグも賭けの対象に。それぞれ約10試合で賭けをした。巨人戦が3~4試合含まれていた。最終的には百数十万円の損となった。

 一、9月初旬、福田投手は間もなく子どもが生まれることから賭けをやめようと思い、男性からのメールなどに応えなくなった。それから取り立てが始まり、9月30日に男性がジャイアンツ球場を訪れ「借金を取り立てに来た」と話したことから問題が発覚。

 一、男性は巨人・笠原投手の友人の知り合い。笠原投手も何度か野球の試合で賭けをしないかと誘われたが断っていた。
.


[ 2015年10月5日 19:12 ]




むむむ・・・ジャイアンツファンの私としては、
残念至極 ! 



ジャイアンツは絶対的なブランドですからね。

この程度でジャイアンツは動じませんよ。

[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-21 17:20 | スポーツ | Comments(0)

千日回峰行:9日間絶食断眠の荒行「堂入り」 延暦寺の釜堀住職

毎日新聞 2015年10月14日 東京朝刊


 天台宗総本山延暦寺善住院の釜堀浩元(こうげん)住職(41)が13日、荒行で知られる「千日回峰行」でも最大の難関の「堂入り」を始めた。大津市の比叡山・無動寺谷の明王堂に9日間籠もり、食事と水を断ち、眠らずに不動明王の真言を10万回唱え続ける。堂入りした行者は8年ぶりで、戦後13人目。


 堂入りは700日目から始まり、終了すると「当行満阿闍梨(とうぎょうまんあじゃり)」となり、不動明王の化身として信仰の対象となる。この日、釜堀師は先に満行した阿闍梨ら約60人に先導され、明王堂に入った。堂の前では信者ら約500人が命がけの行に臨む釜堀師を見送った。




意味が分からないです。

何のためにするの?


釈迦の真実の教えはそうなのですか?。

[PR]
by miyabinahiro | 2015-10-21 14:13 | 事件 | Comments(0)

虎なmakoです。