<   2015年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧



いじめ・離婚・相続…弁護士費用を補償 

国内損保で初

8月31日(月) 21時43分


損保ジャパン日本興亜は12月から、

遺産相続や子どものいじめ、離婚調停などで弁護士が必要になったときの費用を出す保険を売り出す。

企業向けの団体保険の「特約」として設け、特約部分の保険料は月1千円。


弁護士の相談費用や着手金を合わせて最大約100万円まで補償するほか、

弁護士の紹介も担う。


情報提供:朝日新聞

























[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-31 23:46 | にゅーす | Comments(0)

【法改正】 第 3 弾



練習問題です。

1問 1答

(もんだい1)
高額介護サービス費の利用者負担段階区分に,

『現役並み所得者』が新設された。


(もんだい2)
地域包括ケアシステムでは、

認知症施策を主眼においた街づくりが求められる。


(もんだい3)
1号保険料について、

給付費の5割の公費とは別枠で公費投入となった。


(もんだい4)
地域ケア会議による個別事例の検討は、

地域課題把握を目的の1つとする


(もんだい5)
訪問リハビリテーションにおいて、

社会参加支援加算が新設された。


(もんだい6)
通所介護において認知症加算が新設された。


(もんだい7)
通所介護において中重度者ケア加算が新設された。


(もんだい8)
通所介護における給付外の夜間及び宿泊サービスを行う際には、

都道府県知事等への届出が必要となった。


(もんだい9)
通所リハビリテーションにおいて重度療養管理加算の対象が、

要介護3まで拡大された。


(もんだい10)
通所リハビリテーションにおいて、

延長加算が現行の10時間から、14時間まで拡大された。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



出典:合格オンライン

[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-31 10:11 | ケアマネ試験 | Comments(0)

【法改正】


18回試験より【新制度】。
どなたも60問解答です。

持ち時間は、1問約90秒。



27年度法改正
1問 1答

(もんだい1)
1号保険料軽減強化のため所得段階が、9つに細分化された。


(もんだい2)
地域医療介護総合確保基金が創設され都道府県に設置された。


(もんだい3)
地域ケア会議が介護保険法上に規定された。


(もんだい4)
市町村は地域ケア会議を行うよう努めなければならないとされる。


(もんだい5)
居宅介護支援における認知症加算が基本報酬に包括化された。


(もんだい6)
居宅介護支援における独居高齢者加算が基本報酬に包括化された。


(もんだい7)
訪問介護において新たに身体介護時間区分に20分未満が位置づけられた。


(もんだい8)
訪問介護において通所リハビリテーション事業者との生活機能向上連携加算が創設された。


(もんだい9)
訪問看護において中重度者への支援強化の観点から看護体制強化加算が新設された。


(もんだい10)
サービス付き高齢者住宅が住所地特例対象となった。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

出典:合格オンライン


うふふ、勉強して調べましょう^^



[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-30 20:03 | ケアマネ試験 | Comments(0)


何故?認知症の患者が家族や介護者に攻撃的になる、その理由


認知症患者に見られる独特な行動障害精神症状
(徘徊、社会文化的に不適切な行動、収集癖、暴言、つきまといなど)の多くは、患者とその家族などの介護者間の相互反応に起因するとはよく言われています。


認知症をわずらう患者が、その家族や介護者に対して攻撃性を示すには、ある一定の状況で生じやすいと指摘されています。

介護者が患者に対応する際の行動例としてはつぎのようなものがあります。


1. 相手に対して早口でしゃべる
2. 行動を急がせる
3. 家族同士の口論
4. 患者のいうことに対する否定
5. 禁止や命令

などです。


要するに介護側が苛立ったり、焦ることが怒りの反応を生むと言われています。これは実際に臨床の場で経験してみると納得できる指摘でもあります。


特に「攻撃性」、「不穏」とまとめられる2つの症状に対して、まず患者の視力が良好で会話能力が不良であれば攻撃性を生じやすいことが明らかになっています。

逆に介護者が高年齢であったり、介護年数が長い場合には攻撃性を生じにくいことも明らかにされています。


前者については、周囲の状況を認識できるのに自分の気持ちを伝えられないことが攻撃性につながるものと考えられ、後者については患者の病前性格と今日までの行動様式の変化を知っていれば攻撃性を沈められるものと解釈できます。


身近な家族が認知症になり、それまでとは違った行動や、突拍子もない言動を繰り返すと、家族は驚き、焦り、どう対応したらよいか戸惑い、平常心を失います。

そのような状況で意図せず現れる言動(文句や愚痴や叱責など)が、患者の攻撃性や不穏をあおる結果になってしまうのでしょう。


家族が知るべきことは、まず「認知症」を知り、理解することです。

そして患者の病状を知り、それがどんなに受け入れがたい現実であっても「受け入れる」ことです。

大変難しいことだとは思いますが、それが患者にとっても家族や介護者にとっても必要なことだと言えるでしょう。


出典:http://karadanote.jp/9859



[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-29 01:09 | 介護 | Comments(0)

二度泣く意味



若い世代は気づかないだろうが、

おおよそ先の人生が見えている今、

此処で終えてしまうのか・・・と落胆する。


「札幌の二度泣き」は札幌だからこその比喩である。


札幌を離れたくない・・・と泣くのである。




此処を離れられるなら嬉し泣きもするだろうが、

泣く予定もない。


「因果」とは言ったものだ。

























[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-28 05:42 | 雑感 | Comments(0)

私の日々


普段は仕事帰りにスーパーに寄り、家に帰る。


「飲みに行きましょう」と誘われても行かない。


家でも飲まない。


基本的に、気を遣う人の為に時間を使わない。

だから、メールが来ても返さない。



私はなんとヒマで無礼な人生を送っているのだろ?

と思うが変える気がない。


仕事以外で、人と会うことは、大きな大きなストレスになる。


これまでジェットコースターみたいな人生だったから、

今はトロッコみたいな日々を好んで送る。


趣味はミニチュアダックスのコちゃんと遊ぶこと。



仕事を辞めたらもれなく引きこもりになるな。
























[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-27 02:10 | 自分のこと | Comments(0)

かぼちゃのスープ


①かぼちゃを一口大に切り、茹でてお湯をきる。

②小麦粉をバターで炒める。


③牛乳を少しずつ入れながらゆっくり小麦粉+バターを伸ばす。


④ゆっくり混ぜ(コツ:小さな泡立て器で混ぜる)、徐々に牛乳を足して行く。

⑤コンソメ(顆粒)を適量入れる。

⑥茹でたかぼちゃを入れる。

⑦塩コショウして味を整える。

⑧味見する。


がんばってね-。
























[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-26 21:29 | 今日の料理 | Comments(0)

Natalie Emmons


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/fpTa16Jodko" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>


e0161915_19234546.png



トリバゴというCMの女性が話す日本語が、

あまにも流暢なので検索しました。

美しい女性です。

[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-23 19:20 | 好きな曲 | Comments(0)

目が冴えて



親が生きていた頃、

苦労だと思っていたことなど何も苦労ではなかったな。


イヤな相手とも話せるようになった。


イヤな相手に自分から挨拶できるようになった。


コミュニケーションという名の超えられない壁があったが、

社会に出れば、イヤな相手にイヤな顔ばかりもできない。


心に背くことなく心の命ずるままに生きて来たが、

それでは摩擦ばかりになる。


但し、思ってもいない言葉を言うことだけはできない。




しかし、この、夜中に目が覚める習慣はなんとかならんものだろか。
























[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-23 03:27 | 雑感 | Comments(0)

業務日報なるもの


業務日報を提出しなければボーナスに響くと聞いて、

提出率が上がった。


改善点なり思う事を何でも書くように。

・・・って、ウソね。


本音を書いたらダメだと学び、「きれいごと」ばかりを並べ立てる。


管理者からのコメントは努めて読まないが、

怖いもの見たさにチラ見する。

・・・また誤字だらけ。



誤字について、今は指摘すらしない。


改善しないから。


人とは、相手に期待する内はまだいい。

腹も立つが「なんとかしたい」との展望を持てる。



展望などは、「展望台」に任せればいいのだ。

相手を変えようだなんて、天文学的年数を要するのだろう。



あきらめてしまうことの尊さを学んだ。
























[PR]
by miyabinahiro | 2015-08-22 22:12 | 学習 | Comments(0)

虎なmakoです。