<   2014年 03月 ( 55 )   > この月の画像一覧

薄野交番


e0161915_2016764.jpg


e0161915_2016814.jpg



恒例、警察24時。


懐かしの薄野交番です。


薄野はどのアングルで映っても『あぁ、あのビル・・・』と分かります。


広い分野の知人友人が多くいたので、

当時は勘違いの驕りから薄野に敵なし・・・などと思っていました。


若(ばか)者でしたし。



今ですか?


1センチか5センチくらい大人しくなりました。


警察航空隊もカッコイイなぁ。

大卒でなければ警察学校には入れないのかな?

[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-31 20:16 | 札幌 | Comments(0)

日本で3位


ある看護師が言った。

『私の娘の(当県内)高校は日本で3位の学力だってさ、目指すは東京医科歯科なの。』


それを聞いた東京出身の相談員が呟いた、


『へぇ、九段や日比谷・・・都立西はそれ以下なんだ・・・知らなかった。』


無知とは恥と同じ意味か。


『恥』もね、8と読み方が似てる気がする。

[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-31 17:31 | Comments(0)


明日から消費税が8パーセントに上がる。


8円の数字に世間は騒いでいると言うのに、


渡辺さんは800000000円を借りたとか。


お父様の名を汚す前に辞職するんですな。


苦しい言い訳は認めたも同じ。

ガードが甘い。
[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-31 17:14 | 事件 | Comments(0)

you needed me


[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-30 13:27 | 好きな曲 | Comments(0)

十訓抄

十訓の内容

第一 人に恵を施すべき事

第二 傲慢を離るべき事

第三 人倫を侮らざる事

第四 人の上を誡むべき事

第五 朋友を選ぶべき事

第六 忠直を存ずべき事

第七 思慮を専らにすべき事

第八 諸事を堪忍すべき事

第九 懇望を停むべき事

第十 才芸を庶幾すべき事




 第二  傲慢を離るべき事


ある人が言うには、世の中の人はみな、驕りが高ぶりが先に出てきて、

真から穏やかで、控えめな人というものは少ない。

ある人は、自由気ままに振舞い、静かに控えめにしているということが少ない。

これは自らの身の程を思いはからず、

たいしたこともない我が身であるにもかかわらず、

高く思い上がり、主人を軽く思い、傍らの人を馬鹿にしていることからおこる。

また、ある人は何かを激しく思い込んで、凝り固まっているということがある。

これは自分の思っていることを一番正しいと思い込み、

他人の言うことを聞こうとしないからである。

ある人は、世間の流れというものに大きく逆らい、平気で振舞っている。

これは素晴らしかったのは昔だけだと思って、

現在の世に合わせようとしないからである。

ある人の場合は、その折には場違いで馬鹿な振る舞いというものである。

これは、「内々には、もう十分に親しくなっているのだから」と思って、

晴れの席に出て行き、人と馴れ馴れしくする。

もしくは、人々が遊び興じている中に入り込んで、自分だけはなかなか打解けず、

真面目くさって、服の紐をきちんと締めたままで、周りの人をしらけさせ、

その場の盛り上がりを醒まさせてしまうのである。

また、ある人の場合は、才知、能力の面で非難されるということもある。

これは自分だけがいろいろなことを知っていて、

才知に恵まれていると思うことによって、

すべての人を馬鹿にしてしまっているからである。


また、ある人は愛情にとらわれて、愚かな振る舞いに及ぶこともある。

これは自分が仕える主人ほど素晴らしい人はいない、

自分の妻や子供ほど顔もよく、

心遣いも優れている者はいないなどと思うからである。

ある人の場合は風流で笑われることもある。

これは、昔の人は心から風流を愛し、花や月につけても見過ごすということはなかった。

しかし今の時代は大きく変わって、

風流を愛する振る舞いというものはほどほどであって、

それに深く心を入れ、心のままに任せるなどというのは、もはや大げさと思われる。

またある人には、行動の面でも良くない癖がある。

これは立居につけて、その様子は人目にさわり、愚かしく見えるのである。



総じて、このようなことは驕りの気持ちがもとで、

慮りの心が足りないことから起こるのである。

これによって、ついには自らの人生を無駄にし、深い後悔に沈むこともある。

それゆえ、たとえ我が身を秀でた者と思っていても、昔は素晴らしかったと思っていても、

人目を気遣い、よく世の習いというものに心慎むべきである。

心というものに、我が身を任せてしまってはいけないのである。

『涅槃経』には「心の師とはなってもよいが、心を師としてはいけない」

と書かれているということだ。

おおよそ貧しき者であっても、へつらわないという者はいるけれども、

豊かに富み栄える者で、驕り高ぶらない者はなかなかいない。

そうしたことは人間、すべての常であるが、身分が高く上がっていくにつけても、

福徳の重さが増していくにつけても、よくよく心を静かにし、

控えめで落ち着いた心というものを、第一にしなくてはいけない。





第三 人倫を侮らざる事


ある人が言うには、人を馬鹿にすることは、それぞれ形こそ違うけれど、

誰にでも必ずあることである。

ある者は、貧しく身分の賤しい者を馬鹿にする。

ある者は、考えの足りない者を馬鹿にする。

身分の低い馬鹿にして、することも言うこともそんなものだろうと、

いつも見下げて思っている。

ある者は、親しく睦まじく付き合っている相手をも馬鹿にする。

大体において、運の開けない者については、

行動においても事柄においても至らないことが多いと思っているし、

身分の低い賤しい者については、その者たちのなすことは、

すべて無意味だと思っているのである。

こうしたことは、無知の人のすることといってよい。

そんなふうに思っているため、言うべきでないことをつい口にしてしまい、

してはいけないことをしてしまい、

蔓(つる)・葛(かずら)に足を取られて、 ひっくり返り、思いがけない恥をかき、

普段であれば言われることのないような者にまで、 悪口を言われる。

人に軽んじられ、馬鹿にされ、どうしようもない奴だと思われてしまうのである。

後ろ盾のない、親のない子であっても、夫に先立たれた女であっても、

騙したりしてはいけない。

書物に戒められている事柄の意味を、いっそう深く受け止めなくてはいけない。

人をして堅く心に守っていかなくてはいけないことであるのだ。



第九 懇望を停むべき事


ある人はこう言っている。

人は心にかなわないことがあるからといって、

心安く頼みにしている人であれ、

互いに親しき人であれ、

怨んだり妬んだりする心を先立ててはいけない。

たとえものの道理に行き違いがあったとしても、

また約束に反することがあったとしても、

しかるべき理由があるのだろうと、気長に我慢していれば、腹を立てて怒るよりも、

かえって立派に思われるし、気の毒にも思われるものである。

しかし、我慢して過ごすことは難しく、よく考えもせず激しい勢いで振舞えば、

逆に周囲をしらけさせ、後々些細なことで大変後悔させられるようなこともあるのである。



老子(中国、道家の祖)は、こう述べている。

「命(めい)を知れる者は天を怨みず、己を知る者は人を怨みず」

(天命をわきまえ知っている者は、天を怨まず。

自己をわきまえ知っている者は、人を怨まず)

本当に、この言葉の通りである。



出典:十訓抄



「命をしれる者は天を恨まず、己をしる者は人を恨まず」

                     『十訓抄』より

    ーー自分を知ることこそ、向上の第一歩であるーー

自分の宿命を知っている者は、逆境にあっても、天を恨んだりしない。

また、自分を理解していれば、苦難にあっても人を恨んだりしない。

それは、何がその苦難を持たらしたか、どうすれば、解決を出来るかが、

よくわかっているからである。

苦しい状況を、運命や他人のせいにして、自分を顧みないうちは、

状況を改善し、前向きに進んでゆくことは出来ない。


出典:慶應義塾大学 山中研究室





人として授かった命の時間を気づきで全うするか、

授かった命の時間を全うしても気づかぬか。


それも、その人の選択なり。




慶應義塾大学は、流石にその名を馳せる理由があるものですね。

[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-30 11:01 | Comments(0)

 「おひとりさまの賢いマネープラン」

老後の安心のために大切なことは? 「おひとりさまの賢いマネープラン」


Update : 2011.03.25

独身、共働き、専業主婦など、女性のライフスタイルはバリエーションも豊か。

それぞれの特徴や準備の仕方を知っておくことで安心感も得られ、将来の選択肢が広がります。今回は独身の場合を考えてみましょう。

おひとりさまで生きていく場合、生涯の生活費はどれくらいかかるものなのでしょうか? 

エスカーラのアンケート調査では、「いくら必要か知らない」という読者が多く、「一生独身の場合のマネープランに不安がありますか?」との質問には「不安がある」と回答した働く女子が8割以上もいました。

いくらかかるかは、どんな暮らしをしたいかによっても変わってきますが、単純に生活費を毎月20万円、旅行や大きな買い物などで年間30万円(年間支出合計270万円)と仮定して、25歳~90歳まで65年間の累計を計算してみます。

  —————————————————————————-
            (毎月20万円×12カ月+30万円)×65年 =1億7550万円
  —————————————————————————-

1億7550万円という金額が出てきました! ビックリした方も多いかもしれませんね。

でもこれはあくまでも一例で、もっと少ない人もいれば、多い人もいます。

そしてずっと同じ支出ではなく、家を買うとなったらまとまった一時金が必要ですし、働くのを辞めたら支出を減らす努力が必要でしょうし、病気や災害など普段はかからない費用が必要になる場合もあります。


いまからできる対策とは? 

大切なのは、総額ではなく、「お金の流れ=キャッシュフロー」


それでは、どのように備えをしたらいいのでしょうか? 

ここで大切になのは、総額ではなく、「お金の流れ=キャッシュフロー」です。

大まかでもいいので、いつごろ、何をするかの予定や目標などを考えつつ、

①入ってくるお金、②いま使うお金、③将来に備えるお金を考えていきたいものです。


①入ってくるお金

会社員の人も一生同じ会社で働き続けるとは限りませんし、何歳まで働くかは自分で決められない部分もあります。

そこで、「いつでも稼げる自分」になっていることが大きな安心感につながります。収入を得る方法もひとつではないので、会社員以外の働き方をしている人に話を聞いたり、インターネットや本などで調べてみるといいですね。

②いま使うお金

何となくお金を使うことは卒業して、自分にとって価値のあるものにお金を使えるように、今の支出を見直してみましょう。

当たり前のようにいつも買っているものも、実はなくてもよいものかもしれません。家の中をキレイに整理整頓してみたり、仮に今の支出の半分で暮らすとしたらどうするか? などとシミュレーションしながら考えてみましょう。

③将来に備えるお金

老後資金を心配する人も多いですが、20代、30代はそれよりも自分の成長につながることにお金を使うほうが大切です。

いざというときのためには、入院に備えた医療保険に加入しておいたり、当面の生活費3カ月分くらいの貯蓄は用意しておきたいところ。

またお金では解決できないこともたくさんあるので、困ったときにも助け合える人間関係を築くことも大切にしていきましょう。

『escala cafe』にて2011年3月にWebアンケート。有効回答数283件(escala cafe会員)。



「俗世間な愛だけ」では暮らせませんから。

「お前を幸せにする。」・・・って、

何を根拠に言うのでしょう。

暑さ寒さも彼岸まで・・・とか言いますが、

「ラブラブなのも3か月まで。」ですから。私の場合。


ひとりの方が世のため私のためです、はい。


俗世間な愛はいつかは冷(目覚)めますが、

お金は冷めません。

[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-29 15:48 | Comments(0)

やったね!! 羽生くん


e0161915_21173460.jpg


世界チャンピオン誕生!!


人をも幸せにする羽生くんに感謝。



世界に通用する美しいスタイルは日本の誇りです。

[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-28 21:17 | スポーツ | Comments(0)

再審決定


袴田事件があった。


人のやることには間違いがある・・・とは言えない判決だった。



死刑判決を下した裁判官の1人は30年以上も苦しみ涙しながら告白した。



捏造とは、警察が決してやってはならない。



無罪判決が出たならば、


国は如何なる謝罪をするのだろうか。



47年という時間を如何に責任を取るのだろう。

[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-27 17:05 | 事件 | Comments(0)

野球と宗教


一般的に、野球と宗教は話題にするのは芳しくないと聞く。



先日、こんな場面があったという。


息子にある外人が英語で話しかけて来た。


道に迷っているので案内して欲しい。


英語を話す息子が説明をしたところ、


実は宗教の勧誘だったそうだ。

あの、輸血拒否で騒がれた宗教だった。


息子は純粋に、困っているだろうからと応じたのだ。


その外人は流暢な日本語で勧誘し始めたという。


実に芳しくない。


この世にもしも神が存在するならば、


それは『その人の心』に在る。

先祖に手を合わせることをせずに、


見知らぬ人間に手を合わせ縋ることが私には理解できない。



野球について、

スポーツはあくまでもスポーツである。


応援しているその球団が勝てば嬉しいのは自然なことだ。


何も、争いいがみ合う為に球団が存在するのではない。


人と人が争う為に宗教も球団も存在するのではない。


誰かの利益目的に存在するものではない。

[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-27 08:58 | Comments(2)

Magic for dogs





8,739,377回の再生回数です。


さて、あなたにはこの面白さが理解できるかな?




[PR]

by miyabinahiro | 2014-03-26 16:00 | | Comments(0)