<   2012年 08月 ( 56 )   > この月の画像一覧

レオ



[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-30 22:21 | 好きな曲 | Comments(0)

MSWとは。


「MSW」について盛り上がる福祉系サイトがありました。

読む側にとって傍観者になれる楽しいサイトです。

夫々の想いがあるな・・・と。


医者と対等に話しをしたいとか書いてありましたか。

医者にものを申したらクビになったとか。

白衣を着ていることで看護師にイヤミを言われたとか。



「MSWという資格は医者と肩を並べる仕事です。」と謳っていますか?

「MSWという資格は看護師と肩を並べる仕事です。」と謳っているのでしょうか。

「MSWという資格は医師や看護師が意見を求めますから、

 医師国家試験と同等の知識を1、2ヶ月で修得している者です。」

・・・と謳っていたでしょうか。


医師や看護師と肩を並べたいなら何故病院に勤務したのでしょう。

目的そのものが明後日を向いているが故の愚痴にしか聴こえません。


サイトに書かれてあるような、

「私は天皇陛下クラスの偉い偉い医者です。」と自分で言う医者がいるならば、

「偉い偉い」と持ち上げてあっちに置いとく。

こういう医者は扱い易い存在だと思います。


そうではない、良識ある医師ならば、

MSWという存在に肩を並べようとはしないと思いますが如何でしょうか。

医師が医療の知識に長けているのは当たり前です。

その道のプロなのですから。

言い方を換えるならば、

英語が母国語の外国の人に、

「あなたは英語がお上手ですね。」とは言わないでしょう。


MSWという仕事内容はレントゲン技師ですか?

MSWという仕事内容は薬剤師でしょうか?


何をしたいが為に病院に勤務したのでしょうか。

MSWという仕事は何ですか?


その役割を超えてまで医者に意見を述べるのがMSWでしょうか?

あなたがMSWならば、

勤務する病院に何をしに行っているのでしょうか。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-30 21:31 | 医療 | Comments(2)

Free Willy

フリー・ウィリー(原題:Free Willy)は、1993年制作のアメリカ映画。


あらすじ

ジェシー少年は母親に捨てられて孤児院に入れられたが、脱走してストリートチルドレンとなっていた。

ある夏の夜、ジェシーは忍び込んださびれた水族館で水槽の中で泳ぐ1匹のシャチを見つける。

それがウィリーだった。

警備員に取り押さえられ孤児院に連れ戻されたジェシーは子供のいない里親に引き取られるが、

母親が迎えに来ると信じるジェシーは心を開かない。

罰則として水族館でペンキ落としの作業を命じられたジェシーはウィリーと再会。

ウィリーは誰にもなつかなかったが、ジェシーの吹くハーモニカにだけは優しい表情を見せた。

ウィリーもまた母親から引き離されていたのだった。

同じ境遇同志のジェシーとウィリーは次第に信頼と友情を深め、

ウィリーはジェシーの指導でダイビングやジャンプなどの様々な芸を身に付けていくが、

水族館のオーナーは巨額の保険金を手に入れるためウィリーを処分しようと企んでいた。

それを知ったジェシーはウィリーを海へ逃がそうと考える。








シャチのケイコ


本作でウィリーを演じたシャチのケイコは、

メキシコの遊園地で劣悪な環境の中で飼育されていたのをプロデューサーに見つけられて撮影に使用された後、

再びこの遊園地に戻されていたため病状が悪化していった。

そこへ本作の大ヒットで世界中の子供たちから「ウィリーは解放されたのに、

なぜケイコは解放されないのか」という声が上がり、

基金が集められた結果、

アース・アイランド研究所を主体に「フリー・ウィリー・ケイコ基金」が設立され、

1996年、ニューポートに建設された専用プールに移されて自然に帰るための特訓と病気の治療を受けた後、

1998年、故郷のアイスランドに帰された。

ケイコは2003年12月12日、ノルウェーで27歳で死亡した。


出典:Free Willy




携帯とスマホの方もご覧ください。





臨場感があるでしょ。

e0161915_22132312.jpg



写真:ケイコより
[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-29 22:19 | 映画 | Comments(0)

感情を出したほうが好かれる

※約2年前の記事です。

e0161915_9374765.jpg




もともと人は裸で生まれてきたのである。

人は自分を出したときに強くなる。

努力しながらもなぜかうまくいかない人は、あまりにも安易に人に好かれようとしたのである。

従順とか、ご馳走するとか、お世辞を言うとか、喜ばす話をするとか、何かを与えるとか、

そんな安易な方法で好かれようとした。

自分をさらけ出すという勇気は修羅場を呼ぶかもしれない。

しかしそれが本当に好かれる方法であるときもある。

人生の重荷を逃げて、人に好かれようとどんなに努力しても好かれることはない。

その努力は無駄になるばかりではなく、ずるい人に利用されるだけのことである。

そんな努力はしないほうがいい。

人生の重荷を背負うことを逃げてしまうと、

どんなに善人で、どんなに努力してもどこかに脅えたところがでてしまう。

善良に生きているのになんとなくびくびくしている人がいる。

どこか自信がない。穏やかさもない。努力して優秀でも心は狭い。人望がない。

修羅場を逃げたあとで真面目に生きる人はたくさんいる。

しかし真面目さでは解決できないことはたくさんある。

あまりにも真面目すぎる人は、

真面目さで解決できないこと真面目さで解決しようとしているのである。

だから真面目がすぎてしまうのである。

逃げないでものごとに正面から向き合う、それはつらいことである。

しかしどんなにつらくても心は落ちつく。

修羅場を逃げてしまえば、そのときだけは心理的に楽である。

本当に楽である。

しかし心は落ちつかない。

その落ちつかなさが見ていてなんとなく不安な感じを人に与える。

その不安から安定しようと人に好かれようとする努力が始まる。

そこまでして人に好かれようとするのは心のどこかにやましさがあるからである。

逃げたことを心は知っている。

ものごとに正面から向き合い、自分を出してしまった人は心が落ちついている。

だから人に好かれる。

人にご馳走しなくても好かれる。

人にいい話を持っていかなくても好かれる。

人の申し出を断っても好かれる。


「感情を出したほうが好かれる」より




人に先駆けて行う事を臆するあまり、

結局は何も出来ないでいる者たちが、

目立った行いをする者を「偽善者」だと嘲笑する(似非ニヒリズム)。


出典:「偽善者とは?」より。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-29 17:10 | 気づき | Comments(0)

防衛医大



子どもが、『防衛医大は学費がかからないんだって。』と教えてくれました。



2008年度入試の競争率

入試区分 一般

受験者数 4688人
合格者数  267人
競争率    約17.6倍


防衛医科大学の学費について

防衛医科大学校では、在学中に学費は一切掛かりません。

それどころか、在学中は毎月の給与や年二回の賞与(ボーナス)まで支給されます。

そして卒業後、9年間の自衛隊内で勤務をすれば、学費は一切掛かりません。

一般の病院で勤務を希望する場合のみ、卒業後に学費を支払っていく仕組みです。

ちなみに毎月の給料は平成23年度で108,300円となっています。


将来の進路

▼卒業後は陸・海・空曹長に任命され、幹部候補生として陸上・海上・航空自衛隊の幹部候補生学校に入校します。

▼幹部候補生学校では、幹部自衛官として必要な知識及び技術の修得のための教育を約6週間受けます。

▼医師国家試験に合格し、かつ幹部候補生学校を卒業した者は2等陸・海・空尉に昇任します。

▼医師免許を取得した者は、2年間の臨床研修を防衛医科大学校病院などで受けます。

▼その後各自衛隊の病院、部隊などに勤務します。なお、卒業後9年間は自衛隊に勤務する義務がありま
す。

▼自衛隊を退職する場合
やむを得ぬ理由で、卒業後9年未満に自衛隊を離職する場合は、卒業までの経費を償還しなければなりません。償還金の額は隊員としての勤務期間によって計算されます。

例)平成23年3月の卒業生の償還最高額4,811万円。


学生手当毎月・・・108,300円(平成23年4月現在)

※初任給月額については、法律の改正により改正される場合があります。

賞与・・・年2回(6月、12月)

※入学金・授業料の納入はありません。



出典:防衛医科大学校

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-28 10:33 | 医療 | Comments(0)

『人を語らずして介護を語るな。』


e0161915_20392743.jpg





当法人の「話題の書籍」コーナーにある本です。

北海道登別市の、

特別養護老人ホーム・デイサービスセンター緑風園さんの施設長がお書きになった本です。


実際にお逢いになった人からお聞きすると、

優しく穏やかで紳士な方なのだそうです。

北海道に帰ったなら、叶うならば施設を訪ねてみたいと思います。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-27 20:53 | 介護関連の書籍 | Comments(0)

rehabilitation


リハビリテーションの語源はラテン語で、

re(再び)+ habilis(適した)、

すなわち「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持つ。


リハビリテーション(英語: rehabilitation)とは、

身体的、精神的、社会的に最も適した生活水準の達成を可能とすることによって、

各人が自らの人生を変革していくための手段を提供していくを目指し、

且つ時間を限定した過程である。


出典:リハビリテーションより




リハビリとは、何も特定の人が対象ではないことがわかります。

自分自身へのリハビリは何時(いつ)でも行えるものです。

但し、「人生」という限られた時間の中で。


脳が指令を出さずに手や足は自由にならないのですよ。

そういう気持ちにならなければリハビリにはなり得ない。


心と体は切り離すことはできないのですから。


あなたの心(魂)は、変革が必要ではありませんか?

あなたの心は、あなたの人生そのものです。


あなたの魂が、あなたの人生(軌跡)を創るのですから。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-26 19:53 | 医療 | Comments(0)

spoil

1986年、渡辺淳一作品「化身」という映画を観た。

当時まだ26才だった黒木瞳が出演した。

映画の中で、

長い髪をバッサリ切り、

ショートヘアで空港に姿を現した黒木瞳は鮮やかだった。


宝塚出身の女優は成功しないケースが多いが、

黒木瞳はそのジンクスを破った女優。


黒木瞳は、男性にも女性にも非常に人気があり、

非常なほどの作品に出演している。


黒木瞳の娘とは母親に似ているのだろうか。

青山学院の中学生なのだそうだ。


私は週刊誌は読まないので、

事実がどこにあるのかは疑問ではあるが、

事件内容が確実であるならば、

その中学生の娘は母親の顔に泥を塗ったことになる。


私自身、決して品行方正な生き方をして来てはいません。

私の母の顔に泥を塗りつくした過去があります。



だからこそ思うことは、

黒木瞳の母親としての倫理が問われている事件である。

また、その娘は生き直すチャンスが与えられている。


起こしてしまった事実を財力で覆い隠すことは賢明な道ではない。

財力とは他者の幸せのために使ってこそ意味を持つ。


親というのは子のためならば盲目にもなる。

例えばそれが愚かな道であったとしても、

その道を歩んでしまうものかもしれない。


しかし、結果としてspoilすることは愛にはなり得ない。


愚かであるなら愚かなりに、

その愚かな自分を他人の瞳を通して見つめてみるといい。

そうすれば右へ歩めばいいのか、左へ歩めばいいのかが見えてくる。


愛とは相手をspoilするにあらず。


先ずは形振り構わず謝罪すること。

人として生くる順番を教えられるのも親だからこそです。


「人(命)を傷つければ必ずわが身に還ってくる」ことを、

教える義務と役割が親にはあるのですから。


子供に本当の意味で苦労をさせたくないと願うならば、

愚かな親を演ずるよりも前に、

物事には順序もあることを伝えて行かねばなりません。


馬を買う前に鞍を買うことを、

背中で伝えてはならないのです。


愛があるならば・・・です。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-25 22:19 | Comments(0)

糸がきれそうになったとき。


私にもこんな時代があったのよ。





怒らないと思われています。

気の短さはたぶん光の速度の次くらいです。


堪(こら)えて堪えて糸が切れます。


怒るとこんな感じかな、父に似て。

あ、父はもっと迫力がありました。





ただね、

最近は「怒る価値すらない人間」がいることを知り、

「感情をすり減らしても無駄」な人間がいることを学びました。


糸が切れそうになったなら、

大好きなこと、

大好きなコのこと考えましょ ^^/

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-25 14:14 | 自分のこと | Comments(0)

今、そして無二であること。

私の家族、ミニチュアダックスの「コちゃん」が愛おしい。

日を追うごとに愛おしさも増している。

暑いというのに、

私の側から離れようとしない。


私の子どもはコちゃんにとっては「兄ちゃん」。

兄ちゃんが自転車で帰ってくると聞き耳を立てて・・・玄関で待つ。

玄関が開いて子どもの姿を見ると全身で喜びを表すのだ。

「お帰りお帰り!!」

そのまま子どもの部屋へ一緒に行き、

「さびしかったよ、まってたよ、兄ちゃん兄ちゃん!」

・・・そう言っているかのようだ。


再び犬と一緒に暮らすことに反対していた子どもも、

これだけなつかれたら可愛いのだろう。


中型犬と大型犬しかともに暮らしたことがない子どもと私にとって、

小型犬は未知の存在だった。

最初はどう接して良いのかもわからず、

ヒョイと抱き上げられることの不思議さがあった。

「軽い・・・」


介護用のベッドに「低床型」がある。

コちゃんは正に低床型。


コちゃんは推定年齢3才。

出身は東北。

元の名前は「ココ」。

女の子。

元の飼い主さんは消息不明。


それ以上は知る必要もない。


「今、ここに存在している。」

そのことだけでいい。


この瞬間に過去や未来があるわけでなく、

コちゃんと子どもや私の間には、「現在(今)」がある。


この事実があればそれでいい。


ただひたすら互いを信頼し、

ただひたすら互いを愛している。


相手がこうだからあぁだから・・・ではなく、

「あなたがあなただから尊い。」


計算や飾りで取り繕う必要などなく、


そう、

あなたがあなただからこそ尊いのです。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-08-25 08:06 | Comments(0)

虎なmakoです。


by mako
プロフィールを見る
画像一覧