<   2012年 07月 ( 56 )   > この月の画像一覧

理想の男性


男性も、品のある男性に視線が動きます。

話し方、笑い方、歩き方、礼する角度・・・

父は東北に生まれながら標準語を話しました。

話題も豊富でしたし、医学ではない分野でも広い知識がありました。

仕事柄なのでしょう、

相手に話しをして頂くことを優先としました。

医者は患者さまにご自身のことを話して頂く職業だと思います。

自然に訓練されて行くものではないでしょうか。


しかしながら、それは医者に限ったことではありません。

もしかしたら、思いつく職業のほとんどは相手に話して頂くことから始まるように思います。


一を聞いて十を知るなどとは実際には不可能です。

2人として同じ人生を歩む人は存在しないのですから。


兄も例外ではありませんでした。

非常に口数が少なかったです。


私が口数が多い男性を好まないのは、

頭が悪く見える・・・と言いますか、

実際に頭が悪いから相手の話しを最後まで聴けないのかもしれませんが、

単にうるさいからです。


品の良い男性が理想だと申しました。

私が最も理想とする男性は故田宮二郎さんです。

あれほど美しい男性を、私は他に知りません。

俳優さんで「白衣姿」が似合ったのは田宮二郎さんただ1人だと思います。

あの事故があった当時、私は17才でした。

田宮二郎さんは43才の若さでした。

愕然としましたね。


周囲を見渡したときに、

山口百恵さんが21才で引退したわけですが、

山口百恵さんのような21才の女性がそうそういないように、

43才であれほど知性が身を包み、

品格を備えた男性も私の周囲にはいないようです。


俳優だから?

いいえ、人とは普段の生活は隠せないものです。


誤解しないでください。

あくまでも私の理想であって、

あなたが田宮二郎さんとかけ離れていてもいいと思います。

あなただけを愛してくださる女性がいればいいではありませんか。

その女性をどうぞ大切にしてください。



おしまい。

おやすみなさい。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-30 23:17 | Comments(0)

Love Story


穏やかなときの父に雰囲気が似ていたものですから。

このスーツ姿はそっくりです。


[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-30 05:19 | 好きな曲 | Comments(0)


加筆、訂正致しました。


昨日、桑名病院という病院の佐藤正人先生の「脳卒中にならないために」という講義を受けました。

以下、桑名病院のHPです。

http://www.ngt-kuwana.or.jp/


佐藤先生は院長でいらっしゃいます。

「脳卒中」の発症原因や症状、

執刀された手術の1例をCGにして分かりやすく解説してくださいました。

桑名病院ではMRIによる拡散強調(画)像を用いて、

ラクナ梗塞等ほか脳腫瘍も発見がしやすくなっているとのことです。

佐藤先生は、とても紳士的な話し方と紳士的なジョークを交えて聴く側に立ってお話しになりました。

桑名病院では今年8月6日から第1例目の「ボツリヌス療法」による治療を開始するそうです。



ボツリヌス療法とは、食中毒の原因菌でもある「ボツリヌス菌」(ボツリヌス毒素)が作り出すたんぱく質「ボツリヌストキシン」を有効成分とする薬を筋肉内に注射する治療法です。
ボツリヌス菌そのものを注射するわけではないので、ボツリヌス菌に感染する危険性はありません。
この治療法は世界80ヵ国以上で認められて使用されている治療法です。
もちろん、日本でも。
ボツリヌストキシンには、筋肉を緊張させている神経の働きを抑える作用があります。
そのためボツリヌストキシンを注射すると、筋肉の緊張をやわらげることができるのです。
脳卒中によって、手足が麻痺した後のリハビリに、使われることが、最近、多くなっています。


出典;NHK「ためしてガッテン」ボツリヌス療法より


発症から3時間以内(正確な時刻が判明していること)の治療ならば、

「ボツリヌス療法」治療により約4割の人の職場復帰が可能になっているとのこと。

桑名病院には、年間2,500件の救急搬送があります。

現在、脳外科医は5名となり、受け入れ体制も整い、

お1人でも多くの患者様の尊い命をお守りしていると仰っていました。

「少しでも不安な症状等があれば受診してください。」との先生の言葉は非常に心強いものがありました。


佐藤先生を始め、

講演会場での病院スタッフの皆さまが同様の心で同じ方向を向いているのが伝わって来ました。

現在の桑名病院を支持したいと思います。



トリアージという尤もらしい名を借りて、

看護師が勝手に患者を帰してしまう救急外来があります。

私の子どもがそういう目に遭いましたから。


別の整形外科を受診したところ、「半月板損傷」でした。

あの看護師は、医者同様のさぞ優秀な看護師なのでしょう。


トリアージとは、

あの看護師は「患者を選ぶ」ことだと解釈しているのです、きっと。

所属するあの病院は、私など相手にはなさらないのでしょうね。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-29 20:08 | 医療 | Comments(0)


逃がした魚は大きい

【読み】 にがしたさかなはおおきい

【意味】 逃がした魚は大きいとは、一度手に入れかけて失ったものは、実際よりも大きく(素晴らしく)見えるものだということ。

【逃がした魚は大きいの解説】

【注釈】 三寸ほどの鯛でも、釣り落とせば目の下一尺の鯛に思えてくることから。

「逃げた魚は大きい」ともいう。

「魚」は「うお」とも読む。


手に入れそこなったものは、惜しさが加わって、実際より価値があるように思われるものである。

釣り落とした魚は大きい。



出典;「逃(に)がした魚(さかな)は大きい」意味 故事ことわざ辞典より



面白い記事を見つけました。以下、



言葉通りに理解すると、自分を振った彼は将来有望な大物という感じですが、

諺の通りに解釈すると、

「逃した魚は大きい」とは、自分の手に入らないものは、小さいものでも

大きいものだと思いこみやすいという意味なのだそうです。

全然逆じゃん・・・という感じですよね!?

実際は自分が想像してるものよりたいしたことないってことですもんね。


よく振られた女性が綺麗になって彼に見返してやるわという意味で、

「逃した魚は大きいと思わせたい」ということを口にしますが、

これって、言葉通りにとると、

「実はすっごい魅力的な女性だったんだと彼に後悔させたい」ことなんでしょうけど、

諺を踏まえて理解しようとすると、

たいしたことない自分を素晴らしく見せたいってことでずいぶん無理矢理のような気がします。

逃した魚は大きいの意味、諺をみなさんわかっていて使っているんでしょうか。



以上。


つまりはそういうことなのでしょう。

仮にね、

自分の前から去って行った女性や男性がいるとして、

その人が今でも去らずにそばにいてくださっても、

自分には抱えきれない存在だったのではないでしょうか。


相手だけが我慢してしまう、

自分だけが我慢する・・・

そういう関係ならば破綻してしまうのも無理からぬことです。


人には「言葉」や「心」があります。

その最大の知恵(言葉や心)を駆使しても尚、相手が去るならば、

涙を呑んで相手を見送りましょう。


「ご縁がなかった」のではありません。

「縁」のせいにされたのでは「縁」も立つ瀬がありません。

ご縁がなかったのでなく、

自分に原因があるのです。


自分とは、

「あなた」、そして「相手」のことです。


双方が努力もせずに実らなかった何かならば、

最初から実らなかった恋なのです。

あきらめましょう。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-29 09:06 | 学習 | Comments(0)


以前、記事にした事件です。

今月20日にも裁判員による裁判が開かれました。


非常に心が傷みました。

なぜなら少年と佐藤史歩さんは、私の子どもの中学時代の部活の先輩だったからです。

私自身が2人に会っています。


少年は成績優秀で人望もあった生徒でした。

亡くなった史歩さんも同様の生徒さんでした。


札幌から転校して来たばかりで不安だった私の子どもに、

1番最初に優しく声をかけてくれたのが史歩さんだったそうです。


事件の真相は語れないものもあります。

紙面では残忍さばかりが取り上げられましたが、

中学在学中の2人には、

世間が想像するようなものは無かったと云います。


双方のご両親にお会いしたことがある私は何をどうお伝えすることもできません。



少年に言えることは、

命を殺めた事実は消えません。

しかし、

生かされた命です。

どうぞ、生き抜いてください。

亡くなった史歩さんの分まで。

それがあなたができる、せめてもの償いです。


史歩さんのご冥福を心からお祈りいたします。






長岡高専事件 少年に懲役5~10年の判決
(新潟県)

 長岡高専で女子学生が殺害され、同級生だった少年が殺人の罪に問われた裁判員裁判は、27日、判決を迎えた。

 新潟地裁は、被告の少年には殺意も責任能力もあったとして、懲役5年から10年の不定期刑を言い渡した。

 判決を受けたのは18歳の少年だ。判決によると、被告の少年は去年2月、長岡高専で、同級生だった佐藤史歩さんの胸などをナイフで35か所刺し、校舎4階から落として殺害した。

 公判では少年の殺意や責任能力が争点となった。検察側は、どちらもあったとして刑事処分を求めたのに対し、弁護側は、犯行時には精神障害があり責任能力はなかった、矯正教育を行うため保護処分にすべきだと主張していた。

 27日の判決公判で、裁判員6名と裁判官3人は検察側の主張をすべて採用。

 藤井俊郎裁判長は「犯行の執拗さ、残忍さは際立っていた」「深い悲しみとやりきれない思いの被害者両親の処罰感情にも応える必要がある」として、懲役5年から10年の不定期刑を言い渡した。

 判決後、裁判長に「わかりましたか」と問われると、被告の少年は「はい」と答えた。

 判決後に開かれた裁判員の会見では、「少年の今後を優先するか、遺族の感情を優先するのか、みんな葛藤していた」「事件のことを本人が覚えていないということで判断は難しかった」などの意見が出た。

 弁護側は今後、少年と相談して控訴するかどうか決める方針だ。


[ 7/27 19:04 テレビ新潟]

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-28 21:40 | 事件 | Comments(0)

きっかけ

例えばね、

日本で初めて富士山に登った人は自分のことを偉大な人物だとは言わなかったかもしれません。

初めて日本地図を作った人は有名になりたくて日本各地を旅したわけではないのでしょう。

初めて飛行機で空を飛んだ人は純粋に鳥のように空を飛んでみたいと思った。


富士山に登りたくて登り、そこから観た景色の素晴らしさを伝えたいと思った。

地図というものがあればどんなに便利だろうと思った。

鳥のように空を飛んでみたかった。

そのついでに地上を移動するより空の移動の方が時間を縮められると知った。


そうして私たちは誰かが歩んでくださった道を歩いて来ました。


誰かより少しだけ早くそのことを知り、気づき、

そして次の人へ伝えたいと願いました。


あとから気づく人が遅いのじゃない。

気づいたときがそのときなのです。

次の人へと伝えて行くこと。


それが大切です。


誰かと話していて想います。

これから気づいて行く人なのだな・・・と。


私はただのきっかけでしかないのですから。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-27 20:26 | 気づき | Comments(0)


身体の激痛で目が覚めました。

痛み止めを飲みやっと痛みが和らぐ。


今日は午前10時から新規のご利用者との契約があります。

遅れてでもいいから出勤しなくてはなりません。


今、当初より早いペースで担当ご利用者が増えています。

私の指導係りの先輩は、

「教える何もないので思う存分がんばってください。」と言ってくださった。


いつの間にか業務の流れが身についていました。


車の運転をしていて、道に迷っているときは不安が身を包みます。

何度か同じ道を通るといつの間にか走れるようになります。

「あぁ、この道に出るのか。」と。


点と点しか見えなかったケアマネ業務が、

曇りガラスから透明なガラスに変わるが如く、

線で結ばれ全体がストンと見えた瞬間がありました。


ケアマネの受験勉強をしていたころを思い出しました。

やみくもに勉強し、

介護保険制度という大枠が見えず苦戦する毎日がありました。

何時のころからか、

試験問題を作成する人の心までが見えるような時期へと移って行ったのです。

そして受験勉強そのものが楽しくなり、

寸暇を惜しんで勉強し、

もっと知りたいもっと知りたい・・・と、貪欲に知識を得たいと思いました。



実際の道路にて。

東京都内を走っているわけではないから、

時間の予想がつかないのではない。

都内の渋滞を知っているので、

通勤時も仕事での移動も渋滞と呼べる区間はありません。



ふと想う。

過去の出来事は「今、起きていることではない」。


忘れてしまえばそれでいい。


相手を直そうなどと考えなくていい。

相手にとっても私にとっても大きなお世話なのだから。


50パーセントが精一杯の能力の人がいるとして、

その人にとっての50パーセントがその人にとっては100パーセントになる。


100パーセントの力や能力を持つのは全能の神しかいないことを思い出す。



さて、朝まで少しやすみます。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-27 03:47 | Comments(0)

二度と

さて、こちらを離れるまで残すところ約1年と半年です。

子どもがどの大学に進学するかで決まります。


以前も記事にしましたが、

私の願いは私の願いです。


北海道でも東京でも京都でも大阪でも九州でもどちらでもいい。


予備校を考えないではありませんが、

野田クルゼや駿台、河合塾は1年間で私大文系を卒業するくらいの授業料がかかる(?)だろうし、

それなら今つらくても、背水の陣にて受験勉強をしたほうが王道ですからね。


子どもが行きたいと、心から願って行くところなら見るもの聴くもの全部が尊い。


どんなに狭くても、転居先の物件を探すのも楽しいと思うし、

車のナンバープレートも、もちろん直ぐに変えます。

嬉しいですよ、明るい未来を想像するだけで幸せです。

冬が極寒であろうが、夏が猛暑であろうが問題ではありません。


子どもの存在に改めて感謝しています。


こちらを離れるその日、

悦びの涙を流す自分が見えるようです。


そして、二度とこの土地を踏むことはない。


素敵な街だと思いますよ、

私が好まなかっただけです。

愛していますけれど・・・ね。


私が好まなかっただけです。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-26 23:22 | Comments(0)


この曲を歌ったとき、小柳ゆきは17才でした。

すごい少女だな・・・と思いました。





あなたへ届きますように。
[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-26 20:52 | 好きな曲 | Comments(0)


虎は死して皮を留め人は死して名を残す 


虎は死後に立派な毛皮を残すが、人にはそのようなものはなく、残るのは名前だけである。

 だから、人はその名前をはずかしめないような生き方をしなければならない。

 人は名誉を重んじることが大事であること。
 


(類語)人は一代、名は末代

出典;「虎は死して皮を留め人は死して名を残す」より




名誉はあとからついてくるもの。

財力も同じです。

権力も然り。


それらが目的になるからおかしな人種(新種)ができあがります。

へんな新種の交配によって生まれた子供は、

へんな親が相手だから、苦労が絶えません。

その上、「教育」されずに育つので後々苦労を強いられます。



私たちはどんな名前を後世に残すのでしょう。

いいえ、

私たちはどんな名前を後世に残せるでしょうか。


「自分一代でいい」ならば、それなりに生きましょう。

自分自身にだけかかる迷惑なら責任を取れるでしょうから。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-07-25 22:53 | 学習 | Comments(0)

虎なmakoです。