<   2011年 09月 ( 57 )   > この月の画像一覧

傷み


我は新聞発表の病名を信ずることが叶わず、

また信ずるよりも知らずにいたかったと想う也。


魂の傷みを知るばかり故。
[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-30 21:30 | 自分のこと | Comments(0)

17年間体内にガーゼ残る


17年間体内にガーゼ残る 新潟県立新発田病院

 新潟県立新発田病院(新発田市)は30日、県内の70代男性患者の体内に、手術で使ったガーゼが約17年間にわたって残るミスがあったと発表した。

 新発田病院などによると、患者は平成6年1月に同病院で肝臓の部分切除の手術を受けた。今年7月、別の医療機関のCT検査で肝腫瘍(しゅよう)があることが分かり、9月に新発田病院で手術をした際、ガーゼが残っていたことが発覚した。

 県立新発田病院は病床数約480。29日には、入院患者3人から多剤耐性緑膿菌を検出し、このうち40代の男性1人が感染による敗血症で死亡したと発表している。


産経ニュース 2011.9.30 13:30


「誠に遺憾なことでございます。」

・・・深々と頭を下げるのはトップの役割か。


故橋本龍太郎氏も「敗血症」と診断されたのでしたね。
[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-30 21:00 | 事件 | Comments(0)

体脂肪率


今は便利ですね。

e0161915_16282987.jpg

[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-30 16:30 | 自分のこと | Comments(0)

秋の日本海・・・その2


世界の海が穏やかでありますように

e0161915_16234371.jpg

[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-30 16:26 | 景色 | Comments(0)

受診にともない思うこと

さて、これから受診です。

昨日のお昼から食事を受け付けず、

朝食も摂っていません。

検査があるから丁度良いわけです。


食事をすると体調が優れなくなるので、

エンシュアでカロリー補給しています。

母が生きていたら点滴してくれたろうに。


母だけでなく、

母の時代やそれ以前の医者は全身を診れたと云います。

レントゲン撮影はもちろん、薬の調合をもできたそうです。


現代のお医者さんもそれなりに優秀なのでしょうね。



では、行ってきまーす。
[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-30 09:31 | 医療 | Comments(0)

Desperado





意訳が必要な方はご覧になりながらお聴きくださいませ。

あ、音楽はないの^^


[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-29 22:59 | 好きな曲 | Comments(0)

雑感


先日ね、コンビニに寄って帰ろうとしたとき、

後ろの車の運転手が私の車の前に急に車を出したのね、

「危ないなぁ・・・」と思ったのも束の間、

その車の運転手が「どんくせぇんだよ!」と叫びながら走り去りました。

助手席に乗っていた子どもは内心ハラハラしていたようです。

気が短い私を見て子どもは育ちましたからね。

私が車を降りて運転手を追いかけ、

「ちょっと、今なんて言ったの?車から降りなさいね^^」

・・・という場面を想定したそうです。


そこでひと言私が子どもに言いました、

「こんなかよわい女性に向かって・・・怖いわね^^」

それに対して子どもは「・・・大人になったね^^」と。



日々の生活の中で腹が立つことはあります。

その場面は会社であったりご利用者であったり・・・


ふ・・・と思ったんですね、

「私の役割ではない」と。


「この人の生き方」が私の意に沿わないからと言って、

私が腹を立てて気分を害してまで、

相手を私の思い通りにさせようだなんてセンスがないのかも・・・と。


相手を否定することから始めないこと。


私の役割は、

相手の生き方を変えることではないこと。


自分自身が1番「私」を見ていないことに気づくことなのでしょうね。


あ・・・、「ね。」って、

同意は要らないかな^^
[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-29 18:43 | 気づき | Comments(0)

Anata ga Iru Kagiri


愛・・・

それは強さです。


あなたがいる限り、

明日がある限り。


愛は心を慈しむことだから。


あなたの心にとどきますように・・・



[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-29 07:22 | 好きな曲 | Comments(0)

秋の日本海


e0161915_20202649.jpg



ご利用者宅に訪問した帰り道に撮りました。

すすきの穂が風に揺れていました。


優しい景色や嬉しい出来事を、

大切な人に真っ先に知らせたくなりませんか。


大切なあなたへ。

早く風邪が治りますように。
[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-28 20:25 | 景色 | Comments(0)

Ezofukurou


仲良きことは美しき哉








夕暮れの森でカラス達が騒いでいた。
その中心部の草むらにエゾフクロウの幼鳥がいた。

エゾフクロウは驚きの表情だけど、
人が幼鳥の側に居ることでカラスの襲撃は受けずに済む。

今日は人間と野鳥の世界の境界線に立ったような気がした。

しかし、この幼鳥は何度も地面に落下していた。
大丈夫なのだろうかと思うほど。
辺りが薄暗くなり、カラスも居なくなったので帰路についた。


ー紹介文よりー



『仲良きことは美しき哉』

武者小路実篤


仲が良い関係は、外から見ても、心の中も美しく、

仲が悪い関係は、醜いのかもしれません。


まわりの人を大切にすることが、

 自分の幸せにつながるのではないでしょうか。


『仲良きことは美しき哉』意味より



動物から学ぶことは多いと思います。
[PR]

by miyabinahiro | 2011-09-28 04:38 | | Comments(0)