<   2011年 01月 ( 81 )   > この月の画像一覧

南極の親子の絆



[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-31 22:17 | 親子 | Comments(0)





e0161915_2044653.jpg
お市役の鈴木保奈美は更に美しい女性になったと思います。

鈴木保奈美が「白鳥麗子でございます」の白鳥麗子役だったことを覚えていますか?


実際の人物がどうあれ、

時代劇で織田信長を見るとどうしても父と重なります。

父が好んで見ていたのが「織田信長」でした。


私の父が天下を取ったわけでなし、

名を残したのでもありませんが、

気の短さは似ていたように思います。


不良だった私を木刀で叩きのめす父の姿は、

織田信長のドラマの再現だったのではないか・・・そう思います。

普段の品の良さなり音楽や自然を愛する心などを持ち合わせていましたが、

恐ろしい存在の父でもありました。

私が男性を恐いと思いながらも怖れないのは父が原点だからです。


時が流れたからか、

「織田信長」を見れるようになりました。


暴力が生み出すものは哀しみだけです。

あらゆる暴力が生まれない世の中を願います。


親に虐待された子供は、

自分の子供を虐待するそうですが、

私に言わせれば「都合のいい言い訳」です。


哀しみの連鎖を断ち切って行く勇気をも人は与えられているのです。


哀しみを繰り返してはならないと、

浅井長政も伝えているではありませんか。
[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-31 21:03 | ドラマ | Comments(0)

真実


10代で気づく人

20代で気づく人

30代で気づく人

40代で気づく人

・・・

50代になっても気づかない人

60代になっても気づかない人

・・・

誰にも影響を受けない人は

誰の心も動かせないのかもしれません


どうせ気づくなら早いほうがいい

どうせ気づかないなら生涯気づかないほうがいいのかな?
[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-30 22:01 | 気づき | Comments(0)

Que Sera Sera


そうなの^^・・・なるようにしかならないのね^^

この曲を再びあなたに・・・そうして私にプレゼント!!




歩くなら前に歩いたほうがいい

昨日には誰も戻れないのだから
[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-30 21:46 | 好きな曲 | Comments(0)

ともに生きること


愛する人と一緒に居られるって素敵なことですよ。

だって・・・あなたの願いは叶ったのですから。

お互いに赦し合い、

お互いに補い合えばいいのです。

お互いが誰かとチェンジするだなんて、

考えられないでしょう?


お互いにお互いを大切にすれば、

大体のことは解決すると思いますよ。
[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-29 22:21 | 願い | Comments(0)

ビートルズ名詞集






[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-29 21:02 | 気づき | Comments(0)

子育ては親育て



[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-29 18:42 | 子育て | Comments(0)



[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-29 02:41 | 好きな曲 | Comments(0)

Tokyo Sweet



[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-28 22:40 | 好きな曲 | Comments(0)


これまで何度か男性の好みについてお話ししました。

あくまでも私の好みですから、

アクセスしてくださっている方が、

例えば雄弁でいらしてもいいのです。


たぶんこれからも、

私の好みは変わらないと思います。

私は口数の多い男性を最も苦手としています。

静かな男性が安心できるのです。

兄や弟の影響が大きいですね。


好みですからどうにも変えようがないと言いますか、

変える理由がないとも言いますが・・・


他事業所の男性ケアマネと、

一緒に動かなければならない案件がありまして、

行動をともにしたわけですが、

彼がですね・・・

ずーっと話し続けるのです。

ご利用者のことならいいのです、引継ぎですから。


自己紹介のつもりだったのかな?

自分が如何に仕事ができて、如何に女性にモテてきたか・・・

というお話しを聞かせてくれました。


事業所を数件立ち上げて来たそうで、

最終的にはその事業所の社長に煙たがられてしまう存在になるそうです。


私が困ってしまうのは、

どこでどう相槌を打てばいいのか分からないことです。


女性からモテるとは?

どんな分野の女性からもてはやされたのかな・・・?

「ナルシストとはあまり感じが良くないな」


私の子どもの父親も女性からはかなり騒がれた男性です。

自分からはモテるなどと一切口にする人ではありませんでしたが・・・


その男性ケアマネは、

「自分が最高峰の男性なのだとの思い込みが彼を支えているのかもしれない。」

・・・と、素直に思いました。


以前の私ならば、

素直にイヤミの一つが出たはずですが、

聞き流す術を身につけてしまいました。


彼と大学病院に行った際に、

「医者っていうのは人から頭を下げられて当然と思っている人種ですから、

 どうしようもない人間の集まりですよ、

 人につくされて当然だと思っていますからね、

 バカというのか、持ち上げていれば機嫌がいいですから。」

・・・との発言がありました。


私からは「そうですか?」としか言えませんでした。


彼は今のまま生きて行くのがいいのかもしれない

・・・そう思いました。

彼は今39才だそうで、

あのままそのまま今のまま・・・

生きて行くのがいいかもしれない。



改めて、

言葉をいっぱい話す男性は好きになれないなぁ。 


おしまい^^
[PR]
by miyabinahiro | 2011-01-28 22:31 | その他 | Comments(0)

虎なmakoです。