<   2010年 08月 ( 141 )   > この月の画像一覧


本当はまだせつないけれど、

これはちょっとだけ気持ちが和むから。

ははぁーさては・・・こうやって逃走していたわけだな・・・



教えられなくても泳ぐのよね・・・

[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-31 23:35 | ワンの物語 | Comments(0)

メッセージ

つらすぎて・・・つらすぎて・・・

学校に、会社に行けない人がいます。


そんなとき、

「しっかりして! どうしちゃったの? 

 ちゃんと会社(学校)には行ってますか?」

・・・なんて、

追い詰める言葉を言ってはならないことは誰もが知っていますね?

もう頑張れないから・・・心が渇いてしまったのです。


疲れてしまったその人に、

それでも「がんばれ!」と言えますか?
[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-31 23:01 | 気づき | Comments(0)

感謝


仕事上で、すごーく困ったことがありました。

もう・・・八方ふさがりの状態・・・

毎日毎日考えて考えて・・・

目がさめると、

その事から考え始め、

眠るときにも考え・・・


考えても答えが出ないから行動し、

行動しても断られ、また断られ・・・

遂に上司に相談しました。

「よく頑張りましたね^^そろそろ来る頃かなと思っていました。」

・・・と満面の笑みでした。

私の「困ったこと」を、

ものの10分程度で解決してくださいました。

思いましたね・・・

だから人の上に立つのだと。


意地になって相談しなかったのではなく、

私ひとりで何とかしようと考えたのです。


思いましたね・・・

私ひとりの力など弱いものだと。


試練ではありませんでした。

今回のことを引き寄せたのは私自身です。

その原因が発生したときに、

「お引き受けできません。」と、

お断りしなかった私に責任があります。



今回のことで、

見えなかった「人の心」が見えました。

見たくなかった「人の心」が見えました。

「あぁ・・・そういうことだったのか」と・・・


前事業所のころから親しくさせて頂いている、

訪問看護の管理者さんがいらっしゃいます。

私と年齢が変わりない感じですが、

母性的といいますか、

優しさが全身を包んでいるといいますか・・・

白衣の天使とは彼女のことを言うのでしょう。

私とはまったく正反対の女性です。


今日の出来事をお話ししたのです。

そうしたら、

「お気持ちがよーくわかります。がんばりましたね^^

 私たちもmakoさんと同じ気持ちです。」

・・・そう仰りながら、

美味しいコーヒーを入れてくださいました。


お会いするとほっとする人・・・って素敵ですね。


「この人には話したくないな」とか、

「次は何を言われるのかな?」と・・・

そういう人のところには足は向きません。


相手を不安にさせない人って・・・素敵です。

久々にゆっくり休めます。

ありがとうございました。


やっと・・・やっと解放されました。



人間関係は、利害関係ほど脆いものかもしれません。

見返りを望んだり、

計算ずくめの関係は脆いものかもしれません。

感謝しないほうが悪者になってしまう・・・

そんな関係は哀しいですから。
[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-31 21:28 | 感謝 | Comments(2)

メッセージ


そのことに そのひとに・・・

執着する理由は何でしょうか


なぜ手放したことを悔やむのでしょう


あなたが選択した道は

いずれは出逢う道ですよ


それが早かったか遅かったかの違いです
[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-31 20:03 | 気づき | Comments(0)

翳りゆく部屋



[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-31 19:22 | 好きな曲 | Comments(2)

真実を

心にないことは言わないほうがいい

だって・・・偽りだもの


素直な心を穏やかな言葉にしたほうがいい

だって・・・真実だから
[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-30 22:42 | 気づき | Comments(0)

G線上のアリア



[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-30 22:06 | 好きな曲 | Comments(0)

にしん御殿



北海道にご旅行の際は、ぜひ小樽もご覧下さい^^


ご記憶の方がいらっしゃるでしょうか。

なかにし礼さん作詞の「石狩挽歌」誕生までの実話を。

ドラマにもなりましたね。

北原ミレイが歌い、大ヒットしました。


今回は門倉有希が歌う石狩挽歌です。

お聴きください。






にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)
e0161915_20563.jpg



大正時代に約6年半の歳月をかけて建てられた、鰊漁の網元の別荘。

東京のデパートを建てるのに50万円かかった時代に、31万円で建築されたという。

春慶塗りの廊下、屋久杉の天井、7間の1本物の長押など、内部も見応え十分!

また、当時の一流の絵師・書家の作品が今も襖に残されている。

併設されたレストランでは、四季折々の庭園を眺めながら、

ゆったりとした雰囲気で食事をすることができる。

にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸) 紹介文より



全盛期には、敷地だけで長さは何kmもあったと、

ガイドさんが説明していました。


以下のアドレスにて、イメージをつかめます^^

http://www.otaru-kihinkan.jp/index.shtml

e0161915_2054815.jpg
[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-30 20:22 | 名所 | Comments(0)

忘れないで



[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-30 19:35 | 好きな曲 | Comments(0)


程よい関係でいるために、

距離間は大切です。


地球誕生から46億年、

太陽はそれ以前から?


お互いに近すぎても遠すぎても、

暑すぎたり寒すぎたり・・・


お互いに違う存在だから、

役割も目に見える形も異なります。


お互いに大切だから、

程よい距離を保てるのでしょう。


人は地球に乗り、

太陽の存在を知っています。


「太陽はあってあたりまえ。」

地球は46億年もそう思っているのでしょうか。


気づいていないのは、

その地球に乗っている「人」だけかもしれません。


わがままを言うのは、

人だけかもしれません・・・ね。
[PR]
by miyabinahiro | 2010-08-30 07:01 | 気づき | Comments(0)

虎なmakoです。