<   2010年 07月 ( 127 )   > この月の画像一覧

Michel Polnareff







[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-31 22:21 | 好きな曲 | Comments(0)

言論の自由


言論の自由(げんろんのじゆう,英: Freedom of speech)

自由権の一種で、検閲を受けることなく自身の思想・良心を表明する自由を指す。

・・・・個人に対する言論の自由は、

濫用すると、名誉毀損罪・侮辱罪に抵触する恐れがあり、

充分に注意して行使しなければならない。

ウィキペディアより


顔が見えないから・・・と言葉が過ぎ

自己を顕示したいから・・・と勘違いを説き

それでも足りない・・・と姿や形を偽り(HNを変えるなど)

言われていやな事を言い

それに対してまた言い返す


良心はどこに行ってしまったのか


教えてくださる人がいないのか

聴く耳をもたないのか


いつになったら気づくのだろう
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-31 17:27 | 気づき | Comments(0)

4万4210件


e0161915_6255823.jpg



児童虐待:相談件数は過去最多 09年度4万4210件

児童虐待相談対応件数の推移 

09年度に全都道府県、政令市、中核市の児童相談所(児相)が対応した児童虐待の相談件数は4万4210件(速報値)で前年より1546件増え、

過去最多を更新したことが28日、厚生労働省の調べで分かった。

90年度の統計開始から19年で40倍超になった。

厚労省は「社会的な関心が高まって軽微な事案が掘り起こされている一方、

深刻な虐待も増えている」とみている。


前年より増えた自治体は

▽大阪市(1606件、1.84倍)

▽静岡市(279件、1.52倍)

▽金沢市(226件、1.52倍)

▽広島市(451件、1.50倍)など。


一方、08年度から虐待の恐れのある家庭に児相が解錠して立ち入ることを可能にした強制立ち入り調査(臨検)は09年度、東日本の1件にとどまった。

児童の不登校が続く家庭で、

強制立ち入りに先立つ出頭要求や任意の立ち入りを保護者が拒んだケースだった。


出頭要求は21件(対象児童25人)あり「外で子供の姿を見ないとの住民の通告を受け、家庭訪問で発達の遅れを確認後、保護者と接触できなくなった」などのケース。

このうち16件は応じず、

その後の家庭訪問や任意の立ち入りにも応じなかったとして再出頭要求に至ったのは2件(同2人)だった。

また、厚労省専門委員会が08年4月~09年3月に発生した児童虐待死107件128人(うち心中が43件61人)について、死亡に至る経過や関係機関のかかわりを検証。

心中以外で死亡した子供67人から年齢不詳の1人を除いた66人のうち39人が0歳児で、このうち1カ月未満児が26人だった。

心中以外の64件のうち、

児相や学校など関係機関が関与しないまま死亡に至ったケースは14件あった。

【野倉恵】


【関連記事】

・1歳虐待死:暴行の母親に懲役6年判決 東京地裁
・親権喪失宣告
・東京・葛飾の1歳虐待死:暴行の母に懲役6年 地裁判決「娘あわれ」
・暮らし・教育 『懐妊の聖母 ある児童養護施設の記録』=野村篤・著
・安心・安全ナビ:乳幼児揺さぶられ症候群の被害を減らすには。

毎日新聞 2010年7月28日 11時43分(最終更新 7月28日 11時54分)
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-31 06:30 | 事件 | Comments(2)

親権喪失宣告


◇親権喪失宣告

 親権は民法で定められ、父母は未成年の子に対して保護・監督や教育、財産管理などの権利と義務がある。親権の乱用や虐待など深刻な悪い行い(著しい不行跡)のある親権者については、家庭裁判所が申し立てに基づき、親権はく奪を決定(親権喪失宣告)できる。申立人は民法や児童福祉法で、親族や検察官、児童相談所長と定められている。

毎日新聞 2010年6月1日 東京朝刊
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-31 06:23 | その他 | Comments(0)

LOVE IS ALL





嘆くことより 何ができるかを・・・
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-31 05:39 | 好きな曲 | Comments(0)

ひとりはみんなのために・・・


北海道グループホーム協議会の会長がラジオ番組に出演するそうです。

以下の森圭一郎さんの番組です。


HBCラジオ「森圭一郎 こころの授業、はじめます」

2010年8月15日 日曜日10:45~11:00放送予定


「会長」という肩書きですが、

非常に謙虚で勉強熱心な方です。

北海道でもかなり有名なのですが、驕ることなく素朴な方です。

本州にも講演でおでかけになります。


ご自身でもグループホーム等を経営していらっしゃいます。

昔、子どもを連れてそのグループホームを見学に行きました。


規則でご利用者を縛らないことや、

スタッフへの信頼の厚さ、

トップとしての責任感などをお話ししてくださいました。


以下は彼の最近のメッセージです。

『僕が夢見ている世界は

 ひとりはみんなのために

 何ができるかを考え言葉にして行動すること

 みんなはひとりのために

 何ができるかを考え言葉にして行動すること

 そして全ての人が

 それぞれに幸せを感じることができる世界になることです』


彼のHPから抜粋させて頂きました。
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-30 22:19 | 気づき | Comments(0)

セカンドラブ





セカンドラブ・・・じゃないけれど

わかるなぁ・・・

私の場合は片想いが丁度いい湯加減です^^
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-30 20:52 | 好きな曲 | Comments(0)





世のだんな様へ

愛する奥様に・・・

愛しているよ・・・って

言ってみましょうか
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-30 20:33 | 好きな曲 | Comments(0)

花火観覧席のチケット!

e0161915_1952414.jpg



お世話になった所長から、

花火の観覧席のチケットをお送り頂きました。

所長、本当に本当にありがとうございます。

なかなか手に入らないと、利用者さんから聞いたことがあります。

・・・本当にありがとうございます。

[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-30 19:58 | 長岡花火大会 | Comments(0)

パンジョ(mako)はどこ?


【ナイロビ=古谷祐伸】南アフリカのヨハネスブルク近郊で、住民が無許可で飼っていた、体重140キロのベンガルトラが逃げだす騒動があった。逃走から2日後の28日夜、森に逃げたトラは、自分の名前を呼ぶ飼い主の声に反応して姿を見せ、無事に首輪をつけられた。

 南アの地元紙によると、ヨハネスブルクの東70キロにある町スプリングスで、夫婦が飼っていた。南アで別の飼い主から生後3カ月のときに購入した。現在は生後17カ月のオス。名前はパンジョ。

 26日、飼い主がピックアップトラックの荷台のオリにパンジョを入れ、獣医師へ予防接種に行く途中にいなくなった。野生動物保護の当局が、麻酔銃でしとめようとヘリや照明器を使って探していた。

 28日夕、消えた場所から北へ約60キロの町ベレナで、松林に逃げ込むパンジョが目撃され、夜になって捜索犬が居場所を特定した。飼い主の男性(51)が呼び始めて10分後、パンジョは森から出てきて、飼い主のほっぺをなめたという。飼い主は「好物の肉を二切れあげた。捜索に感謝している」。

 周辺住民は2日あまり、いつ襲われるかと恐怖におびえた。だが飼い主は「飼いならされている。見かけたら棒を向けてノーと言いきかせるか、鶏肉をあげて」と穏やかな対応を勧めていた。


朝日新聞 2010年7月29日23時44分


そうそう、穏やかな対応が大切です。

何もしないのに噛みつくなんてしませんから。
[PR]
by miyabinahiro | 2010-07-30 06:44 | その他 | Comments(0)

虎なmakoです。


by mako
プロフィールを見る
画像一覧