<   2009年 10月 ( 109 )   > この月の画像一覧

割れ鍋に綴じ蓋


あんなに素敵な男性の奥様なら、きっと素敵な女性ね・・・

あの程度の男なら、女房もきっとその程度かな・・・




母の言葉 語録から
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-31 17:00 | 気づき | Comments(0)

人生観・達観・生き方


・偉くなくとも、正しく生きる。

・人生に夢があるのではない。夢が人生を作るのだ。

・人生の目的は目的のある人生を送ることである。

・すべての出来事は起こるべくして起きたこと。

・道は近きにあり、しかるにこれを遠きに求む。

・人生を愛しなさい、そうすれば人生もあなたを愛してくれる。

・遠回りしても、あとで振り返ってみると、それが一番の近道だった、ということもある。

・「しなければならない」で生きてきた人は「してもしなくてもいい」場合、しないことを選ぶ。

・最も憎むべき狂気とは、あるがままの人生を受け入れて、あるべき姿のために戦わないことだ。

・人生にありうる最大の誤りは誤りを犯すことを常に恐れることだ。

・君には“足りない物が多い”のでは無く“余計な物が多過ぎる”のだ。

・人は紳士に生まれるのではない。紳士になるのだ。

・馬は素質と訓練次第で名馬になれる。しかし、猫は馬にはなれない。前提が違うのだ。

・人生のことがらは全て遊びでありゲームであるが、ゲームというのは必死にやるから面白いのだ。

・あまり人生を重く見ず、捨て身になって、何事も一心になすべし。

・子供叱るな来た道だ 年寄り笑うな行く道だ。

・人生は何かするには短すぎるし、何もしないには長すぎる。

・物事に不満があるのなら、変えようと試みること。もしもそれが変えられないものの場合は、自分の考え方を変えること。

・後悔する生き方をする者は偶然生まれてきたのだ。後悔しない生き方をする者は必然的に生まれてきたのだ。

・人間うまい物食ってる時が一番しあわせだ。後の人生はオマケみたいなもんだ。

・人生が与えてくれるものは、自分が人生に与えたものに他ならない。自分が種を蒔いたものだけを刈り取るのだ。

・人はみな特別な人生を求め、特別になれなかったのが平凡となる。しかし最初から平凡に生きようとするのこそ特別ではないだろうか。

・小手先の技術はいらない。大げさな批評や解説もいらない。生き方がアートだ。死ぬときに、「自分という作品」に感動したいだけ。

・人生でただ一つ失敗があるとすれば、それは失敗から何も学ばないことである。

・人生をやりなおせるなら、誰も後悔なんてしない。人生は一度きりだから生まれかわるなら生きてるうちに。

・夢に日付が入った時、それは目標に変わる。目標に近付く足音を聞いた時、それは自信に変わる。
自信を幾層も積み重ねた時、それは生きる上での希望に変わる。
生きる希望を見出した人間は、何度でも夢を見る事ができる。

・夢を叶えるのは良いことかもしれないが、夢を追わなければいけないという義務は無い。
その夢がかえって自分を不幸にしてしまうくらいなら、そんなものさっさと捨ててしまいなさい。
夢はあくまで幸せになるための手段のひとつに過ぎないのだし、人の価値は夢の大小で決めるわけではないのだ。

・人生は暇つぶし(島田紳助)

・人生は掛け算だ。どんなにチャンスがあっても君がゼロなら意味がない。(ナカムラミツル)

・おもしろきこともなき世におもしろくすみなすものは心なりけり(高杉晋作)

・世に生を得るは事を為すにあり。(坂本龍馬)

・世の中には生きながら心の死んでいる者がいる。その身は滅んでも魂の存する者もいる。
生死を度外視して、なすべきをなす心構えが大切だ。(吉田松陰)

・命もいらず、名誉もいらず、出世も金もいらないという人は始末に困るものだ。
しかしこの困った人でないと困難を極める国家の大業は成功しないだろう。(西郷隆盛)

・もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?
それに対する答えが“NO”の日が幾日も続なら、そろそろ何かを変える必要がある。(スティーブ・ジョブス)

・口紅は、落ちる過程にドラマがある。(ココ・シャネル)

・これがあなたの人生だ。リハーサルではない。(ジム・ドノヴァン)

・もし人生を1日に例えるとしたら。仮に72歳まで生きるのなら、24時間で72歳、つまり1時間3歳ずつ歳を取っていく計算だ。
夜の12時に生を受けるとしたら、4時くらいまでは深い眠りについている時間。
4時から7時までは眠りが浅くなって夢を見ている時間。
7時からは起き出し始めて動き出そうとする時間。
9時ごろはバリバリ働き始める時間。
12時は少し休憩する時間。
13時からはよりバリバリ働く時間。
19時、20時は仕事が終わり家に帰ってくつろぐ時間。
そして24時には眠る時間。(1日の人生)

・人生を時計に例えると、72まで生きるとして、3年で1時間。
君たち(15才)はまだ午前5時。朝を迎えてもいない。だから、どうか君たちの時計を止めないで欲しい。
6時。高校生、今が青春なんていってはいるが日はまだ昇り始めたばかり。
10時。もう三十代なんて落ちこんでいるけどまだ日はピークじゃないよ。
18時。もうそろそろ定年なんて言ってるけど、これから夕方。きれいな月が昇ってくるよ。 (1日の人生)

・心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる
(星稜高校野球部監督・山下智茂)


人生観・達観・生き方より
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-31 16:49 | 気づき | Comments(0)

胡蝶蘭


これまでの人生で、たった一度だけ自分からついて行きたいと思った人がいます。

生来、あまり人に関心を持たずに来たからか、

積極的に相手を知りたいと思ったことがないからなのか、

それでも、たった一度だけ私から慕った人がいました。

ただただ私のしあわせを願った人でした。


その人の誕生日に贈ったのが胡蝶蘭です。

私と同い年の人でした。


私が人生の道に迷ったとき、選択に迷うとき、

いつも最後は心の中の兄とその人に尋ねます。


そっちの道ではないよ・・・と教えているのに、

エゴであるその道を行けば、誤った道になるのを知りました。


そっと指針を示してくれることに感謝します。e0161915_124861.gif
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-31 12:38 | 感謝 | Comments(0)

誤用


慇懃無礼・・・表面は丁寧で礼儀正しいように見えるが、実は尊大で無礼なこと。また、そのさま。慇懃尾籠(いんぎんびろう)。「―な態度」

表面の態度は丁寧だが、心の中では相手を軽くみている・こと(さま)。

・ ―な態度

とある受験サイトにて、慇懃無礼という言葉が多少違う意味に解釈されていました。



よく耳にする表現に「~しております」があります。

いる【居る】
居合わせる 来合わせる #(相手方が) いらっしゃる おいでになる おられる いられる ▽(自分側が) おります 

例えば、〇〇さんが話しておりました 〇〇さんがテレビを見ておりました・・・は適切ではないのですが、記録等で気をつけたい表現です。


日本語の誤用は他にもありますね。私自身が誤って解釈しているものもありました。
(ウェブから引用)


姑息
一時凌ぎをすること。また、その様。(用例: 姑息的治療)→×卑怯・卑劣なこと


煮詰まる
構想などが固まること。→×新しい(良い)アイデアが浮かばず、行き詰まること。


憮然(ぶぜん)
失望・落胆してどうすることもできないでいるさま。また、意外なことに驚きあきれているさま。憮(ブ)は放心しているさまを表わす。→×怒りをあらわにして、ふて腐れるさま。


鼻につく
飽きて物事に嫌気がさすこと。 →×(個人的な嫌悪感情などで)物事に嫌気がさすこと。


×一人で爆笑した。→○一人で大笑いした。
爆笑とは、大声で笑うことではなく、大勢が笑うことであるため、一人や二人がどんなに大声で笑ったとしても爆笑ではない。


お気に入り
お気に入りとは相手が気に入っていることに対し、その「お気に召されている」様子を丁寧語で呼んでいるものであり、自分に対して使う言葉ではない(ドラマタイトルにもなっている「先生のお気に入り」が正しい用法)。


確信犯
道徳的、宗教的あるいは政治的な確信(信念・信条)に基づいて(本人としては良い行いだと信じて)犯す犯罪の意。法律用語でありテロがその代表的なものである。→×悪いと知りながら意図的または作為的に犯す悪徳(ないし犯罪)。レトリックで使用されている場合もあるが、法律用語として(例えば「×確信犯的に支払いを怠った詐欺/確信犯の器物損壊」⇒「○故意に支払いを怠った詐欺/故意の器物損壊」)使用すれば誤用となる。転じて、そのような行動を好んで行う性格・人格をさす場合もある。
殆どの場合は「故意犯」が正しい。


社長さんはいらっしゃいますか。→単に「社長」でよい
これは敬称の重複。「社長」「部長」「専務」等の肩書きはそれ自体が敬称であり、「さん」を付けるのはむしろ軽蔑に当たる。


×宛名書きにおける先生様表記。→職名をつけて「先生」または「様」のいずれかで十分だが、付け加えるならば「先生机下」。

※き‐か【机下/×几下】
《相手の机の下に差し出す意》手紙で、相手に対する敬意を表す脇付(わきづけ)としてあて名の横に添えて書く語。案下。


△確認していただけないでしょうか。→確認して下さい(確認をお願いします、ご確認下さい)。
「~してください」という表現を使うことで相手に「君はわたしに指図するつもりか」と思われたくないので、深慮遠謀で左記の方が無難と感じることはあろう。だが、もし相手が嫌だと断わったら取り下げるわけにいかない事情があり、なおかつより丁寧に頼む場合は()内を使うべきだろう。
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-31 00:41 | 学習 | Comments(0)

Story



[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-30 22:01 | 好きな曲 | Comments(2)

おおね・・・^^


この葉の野菜の名前、わかります? 近所の畑にて、許可を得て撮りました^^
e0161915_20122457.jpg


e0161915_20124249.jpg

大根です^^
e0161915_2013468.jpg



昔、大根を「おおね」と呼んだそうです。

わが息子に伝授したく、大根に関する事について調べました^^

以下、webからの引用です。


※大根と役者をかけた説は数種ある。

大根は食材として利用範囲が広く、どのような調理を行なってもめったなことでは食中たりせず、
大量に食べても消化を促進する成分を含み殺菌作用があり漢方薬としても用いられることから腹をこわすことがない。

食中たり(しょくあたり)することを食べ物に中たると表現することから大根はあたることがない。

役者が何かの演目や配役でヒットし、人気が出て成功することをあたると表現することから、

役者として当たらない、または当たりのとれないことをかけたとする説。

何かしらの理由で役者が演目の配役を外されることを舞台が観客席よりも高い位置にあったことから下ろすと表現する。

演技の下手な役者は観客動員数を左右することで演目の興行成績にも影響し、早々に舞台から下ろされることが通例である。

このことから役者を下ろすことと大根の簡単な調理法として卸金(おろしがね)を用いてすり砕く大根おろしの卸すをかけた説。

演技が下手なために人の役まで至らず、馬の前足・後ろ足を演じ、馬の脚が大根を連想させた、とする説。

役者の付き人や予備の役者を「ダイコウ」と呼び、訛ってダイコンとした説。

大抵の大根の品種は皮も中身も白いことから、

技量が乏しく表現力に欠けた役者や俳優の演技は素人同然である。

このことから白いのしろと素人のしろをかけた説。

演技の下手な役者は白粉(おしろい)を多用することから白をかけた説。

演技の下手な役者が舞台に出ると場が白けるとする説。
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-30 21:02 | 景色 | Comments(0)

チャンス


朝、犬たちの散歩に行ったら見事な「あさひ」に出逢った。

あまりの美しさに、犬たちも私も走るのをやめた。

新しい1日の訪れを知る。

毎日こうして新しいチャンスが与えられている。

そのことに改めて気づく。


毎日のこのチャンスを生かせるのかは・・・自分自身。
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-30 07:16 | 気づき | Comments(0)

リフレインが叫んでる





そうでもしなければ あなたは真実に気づかなかった

その哀しみをどうぞ 繰り返さないで


幸せはあなたのすぐ隣りにあるのだから
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-29 22:52 | 好きな曲 | Comments(0)


「与えるものが受け取るもの」


こちらが投げかけた言葉や態度は、

相手が相応の言葉や態度で返してくれます。

相応の結果を「私」が受け取ります。

始まりは「私」です。


原因は相手にあるのではなく、「私」にあるのです。

「それ」を引き寄せているのは「私」だと気づくことなのでしょう。
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-29 22:28 | 気づき | Comments(0)

変わらない?


40才からは人の性格は変わらないわよ・・・って

あなたが決めたの?
[PR]
by miyabinahiro | 2009-10-29 19:34 | 気づき | Comments(0)

虎なmakoです。