ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

<   2009年 09月 ( 73 )   > この月の画像一覧

はろー キティ


かわいいでしょ^^
e0161915_19563740.jpg


切手シートなんです!しかも切手がシールになっています。

ハートもあるんですョ。

一枚使っちゃいました。


お求めはお近くの郵便局でどーぞ^^
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-30 19:30 | その他 | Comments(0)

困難事例


困難事例・・・困って難しい事例という解釈でいいですか?

誰が困難なのだろう・・・


以前も書きましたが、時として「困難にしてしまっている事例」もあるかもしれません。

困難な人、困難な介護、困難なケース・・・


困難事例という表現をされる利用者さんは、

私とそんなに差があるのかな・・・


例えばその利用者と同じ環境(境遇)だったならば、

例えばその利用者と同じ病気になったならば、

私も同じようにならなかっただろうか。

私がこの人だったなら、同じ言動をしないだろうか。


その人に聞けば済む事も、

あの人はこういう人だから・・・と、昨日今日出会った他人が勝手に決め付けてしまう。


「虐待をする息子だから・・・」

「介護放棄をされている利用者なのよ・・・」


情報を得るのは必要でしょう。

あくまでも「情報を得る事」は必要でしょう。


その利用者本人を知る(会う)前から、

その利用者を審判し裁く事から「介護」という名のスタイルができあがってはいないのか。


困難事例だからできなかった・・・

困難事例だから他事業所に依頼した・・・


そう言われた利用者の心はどこへ行けばいいのでしょう。

他人から、人生そのものを審判され裁かれた人の心はどこへ行けばいいのでしょう。


誰の「困難事例」なのだろう。


介護とは、エゴで行うものだろうか。

介護とは、「介護者のエゴ」という意味なのだろうか。
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-30 03:27 | 介護 | Comments(0)

あたえたまま


与えたままでいいじゃない

見返りを望むからその感情が生まれるんでしょ?


あの人が喜んでくれたかな?

そう想うだけで・・・ 

あなたの心も温かくなったでしょ

それだけでいいじゃない
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-29 23:28 | | Comments(0)

気づき


あなたが本当に真実を求めるならば、必要な努力を惜しまないはずです。


あらゆる争いに共通する原因、それは一人ひとりの利己主義です。


人生は、自身の考えと行いが創るものです。


不運は、あなたの心を正し、よりよい自分になるためにあります。
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-29 22:43 | ジェームズ・アレン | Comments(0)

今 しあわせですか?


1時間くらい前にやはり目が覚めました。

朝まで、続けて眠ってみたい・・・

外は・・・元気に雨が降っています。


札幌から、泣きたくなるほど優しいメールが届いていました。

本当に本当に優しい人なんですね・・・

自分のことよりも、相手を思いやれる心は何ものにも変え難い尊さがあります。


待つこと、この一瞬を待つこと・・・

それをそっと教えてくださる優しさに感謝いたします。




心の声は 君に届くのかな?・・・

沈黙の歌にのって


半信半疑 傷つかないための予防線を

今 微妙なニュアンスで

君は示そうとしている・・・


あなたがしあわせならそれでいい
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-29 04:44 | 好きな曲 | Comments(0)

エゴ


数日前の、他事業所のサービス提供責任者の言動が心に引っかかってしまいました。

私はケアマネとして、いいえケアマネとしてなどと言える知識も経験もない途上にあります。

ミスに気づくならまだ良いのでしょう、

ミスにすら気づかない事も多い毎日・・・です。


「わかったかな?だいじょうぶ?」


たったそれだけの言葉に私の気持ちが動揺していました。

無知やミスを指摘されるのは、勉強不足にも気づかせて頂いているのですから有り難く思います。

きっと彼女は何気なく出た言葉だったのかもしれません。


「マイナスに取らないでね、忙しかっただけだから。」


マイナスに受け取ったことを悟られたことに、

再び気持ちが動揺し始めていました。


・・・私の心の中のエゴが動き出しました。

忙しい貴女に、私が合わせるのね?忙しいなら、上から目線もありなのね?

私が同じ言動をしてもいいのね?・・・


私は、エゴというオーラで自分を包んでいました。


5年以上の介護の経験を持つ彼女です。

何気なく「ケアマネ受験しないんですか?」と尋ねたことがありました。


彼女にとって、1番言われたくない言葉だったと知ったのは今日のことです。


しばらく考えました。

「そんなに気にすること?」


1番言われたくない・・・と言っているのだから、その通りなんですね。

言われたくない・・・そのままの意味なんですね。


そのままを赦すと言いながら、

受け止めるどころか、なぜ聞いちゃいけないの?と心の中で彼女を責めて(裁いて)いました。


私は、既に自分中心でいることにすら気づかなくなっていました。


家でも似たことがあります。

子どもが「ちょっと待って。」と言っているのに、

「ママは急いでるの。」と言い返してしまう場面があります。

待って・・・と言っているのだから、待てばいいのに・・・

子どもにも私のエゴを押し付けるのです。


心に余裕がない・・・?ことを、

相手が分かってくれるだろう、理解してくれるだろう・・・


分からない相手が悪い、理解しない相手が悪い・・・


私の心は私の中にあるのだから、

余裕を持つも持たないも私自身がコントロールするもの・・・

誰かがコントロールするものではないことを知っていたはずでした。


都合が悪くなったら相手に原因を探し出す私の中のエゴ。


相手ばかりを見つめていた私にしばらく気づかずにいました。

少なくない心のダメージが、当然のように私を待っていました。


一瞬のエゴが、こうして何日も私にダメージを与えるのです。

一瞬のエゴをコントロールできるなら、

人も自分も大切にできることを知っていたはずなのに・・・


ここまで書いてきて、「・・・のに」が多いのに気がつきます。

「・・・のに」のあとに続くのは、否定的な想いが多いですね・・・


相手を否定し、自分も否定し・・・

何も生まれていないことに気づきます。


さぁ・・・明日はエゴを笑顔に換えて笑って1日過ごすぞぉ!
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-28 22:55 | 気づき | Comments(0)

水平思考と垂直思考

水平思考と垂直思考についてwebから引用いたしました。

尚、前回の問題はコメント欄にて見事!正解を解答して頂きました^^

ありがとうございます^^


※水平思考(lateral thinking)は既成の枠に捕らわれずに視点を様々に変えて問題解決を図る思考方法です.


※与えられた枠の中での問題解決を探る通常の思考方法は垂直思考(vertical thinking)と呼ばれます.


「年老いた醜い金貸しと娘の具体例での水平思考」

多額の借金をした父娘に対して年老いた醜い金貸しがチャンスを与えます.

敷地に散らばっている石から白い石と黒い石をひとつづつ選んで袋にいれた籤(くじ)を作って引かせてあげようと提案したのです.

「娘がもし白い石を引いたら借金は帳消しだし何もしなくていいが,黒い石を引いたら借金は帳消しにするが娘は嫁として貰い受ける」と言いだしたのです.

「このチャンスに掛けないなら借金をすぐに返せ」と金貸しは迫ります.

若く美しい娘は年老いた醜い高利貸しのところには嫁に行きたくありません.

でも,高利貸しが2つとも黒い石!の籤を作るところを娘は見てしまいました.

「このとき娘はどうするのが賢いか?」...っとデボノは問いかけました.

既成の枠に捕らわれた垂直思考では,

「籤を引くのを拒否する」,

「インチキを暴いて籤を作り直させる」,

「父親を救うために諦めてお嫁にいっちゃう...!?」とかいう考えしか浮かびません.

垂直思考では「娘が取出す石の色」に捕らわれたままなので,有効な問題解決方法が見いだせないのです.

水平思考では袋の中に残る石の色にも注目します. 娘は籤を引きます.

が,石の色を確かめる前に!敷地に落してしまうのです!...

「あらっ, 私ってそそっかしいわね. でも大丈夫!袋に残ってる石の色を見れば引いた石が何色だったか分かりますものね♪」
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-28 21:52 | 気づき | Comments(0)

慈しみ


失ったのではありません

あなたは もっと優しい自分に出逢えたのです
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-28 08:07 | 気づき | Comments(0)

発想の転換


「嫌われないことと 愛されることは違う」と聞いたことがあります。


嫌われたらどうしよう・・・ではなく 愛されるにはどうしたら良いのか

不幸になりたくない・・・ではなく 幸せになるにはどうしたら良いのか


身近かにもありますね

試験に落ちたくない・・・ではなく 合格するにはどんな勉強方法があるだろう

恋人と別れたくない・・・ではなく 魅力ある自分になるにはどうしたら良いだろうか


あなたが思考する世界があなたの世界なのだから

ほんの少しだけ発想を換えるだけで 


あなたのその世界(自分)が一瞬にして変わるかもしれませんね^^
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-27 21:07 | 気づき | Comments(2)

ひらめき

朝のとあるTV番組(全国放送)で、「〇〇思考と××思考」について放送していました。

(〇と×にはある単語が入ります。) 

ご覧になった方もいらっしゃいますね^^

では早速、以下の問題を解いていただけますか?

問題①

ある日、2人の姉妹が庭のすみにある古い小屋の掃除にとりかかった。
掃除を終えたとき、姉の顔はホコリで真っ黒に汚れ、
いっぽう妹の顔はきれいなままだった。
しかし、きれいな顔のままの妹は、顔を洗いに行き、
汚れた顔の姉は、顔を洗わなかった。

いったいなぜ?

※ヒントです。

①普通に掃除して無事に終わりました。

②誰も怪我はしていません。

③妹は姉と顔を合わせたので、顔を洗いに行きました。



問題②

ある男がバーに入ってきて、「水をくれ」と言った。
するとバーテンダーの男は、銃を取り出し男に向けた。
すると男は、「ありがとう」と言ってバーを出て行った。

いったいなぜ?

※ヒントです。

「ある」ものを止めるために、「水」を頼んだ!
さて、「ある」ものとは何でしょうか?


問題はwebから引用致しました。

解答はのちほど・・・^^
[PR]
by miyabinahiro | 2009-09-27 10:24 | 気づき | Comments(2)