カテゴリ:学習( 94 )

ランドセル




こういうのを作れると喜ばれますよ^^
[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-01 15:40 | 学習 | Comments(0)

人を動かす




一般の会社だけではなく介護業界にも通ずるものがありそうです。

「勘違いの上司」が少ない企業は淘汰されないのでしょう。


勘違いは勘違いです。

修正できると思います。


勘違いのまま誤った道を進めば結果も誤るのは至極当然のことです。









[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-01 06:38 | 学習 | Comments(0)

自由


自由とは、「自分を拠り所とする」ことだという。

自由に生きるとは、「その」選択することも、

選択した結果が良くても悪くとも、

自分で責任を取ることだという。


由の意味より
  

1. 基づく。経る。従う。手本とする。
2. なお。より(助字)
3. 理由。方法
4. 木の切り株から生えた芽。ひこばえ
5. 孔子の弟子の名前
6. 伝え聞いたことを示す言葉。




[PR]
by miyabinahiro | 2017-03-01 09:25 | 学習 | Comments(0)

その仕事は?


大愚住職から学んだ。

まともな仕事、まともじゃない仕事があるのではなく、

「まともな人がする仕事か、まともじゃない人がする仕事か。」なのだと。


[PR]
by miyabinahiro | 2017-02-21 09:15 | 学習 | Comments(0)



生活に使える優しい社会福祉理論


~モテたい男女のためのバイスティック7原則~


藤田孝典 | NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授

2014年5月9日 0時39分配信



アメリカの社会福祉学者のフェリックス・P・バイスティックが1957年に示した人間関係を円滑に送る上で大切な原則がある。

社会福祉業界では誰もが知っている理論である。

それは『バイスティックの7原則』といわれ、人間関係を構築するうえで、最も重要な原則である。

今回は、この人間関係や恋愛関係を円滑に進めるための原則を解説してみたい。

人間関係をどうしたら上手く築けるのか、皆さんの経験と照らして、気軽に最後まで読んでいただきたい。

バイスティックの7原則は以下の7つである。


1個別化の原則

2意図的な感情表出の原則

3統制された情緒的関与の原則

4受容の原則

5非審判的態度の原則

6自己決定の原則

7秘密保持の原則



これだけでは意味がわからない。解説は以下のとおりだ。


バイスティックは、相手と良好な人間関係を築く上で、相手があなたに期待することがあると述べている。


1個人として対応してほしい、

2感情を表現したい(気持ちを伝えたい)、

3共感してほしい、

4価値ある人間として受け止めてほしい、

5一方的に非難されたくない、

6自分の人生は自分で決めたい、

7秘密を知られたくない、

というニーズをもっていると解説している。


まず、個別化の原則とは、相手を個人として捉えるということ。

あなたが出会った方は、人には言えない過去を持っていたり、コンプレックスを抱えているかもしれない。

また、特殊な経験をしているかもしれない。

そのような話をされた際には、あなたはどうするだろうか。

どのような経験や過去があったとしても、とても魅力的な人だと伝えてみてほしい。

そして、非審判的態度の原則は、相手を一方的に非難しないということ。

一方的に非難したり、決めつけたり、裁いてはならない。

人間関係や恋愛関係は、様々な危機が訪れる。

相手のことが道徳的に許せない場合や怒りたいときもあるだろう。

自分自身の価値観から照らして、「とんでもない!」という行為があるかもしれない。

そのようなときはどうしたらいいだろうか。

その際はどうしてそんな行動をとってしまったのか、責めずに審判することなく、優しく話を聞いてみてほしい。

「相手が何故そのような言動をしたのか」という理由を理解することが大事である。

受容の原則とは、受けとめるということ。

相手の態度や行動を、道徳的・感情論的な立場から、批判・是認をしないで、あるがままに受け入れることである。

相手の長所と短所、好感のもてる態度ともてない態度、肯定的感情と否定的感情、建設的な態度と行動あるいは破壊的な態度と行動などを含んで道徳的な批判を加えずに、あるがままの相手を受け容れることが重要である。

要するに、どのような部分もその人であり、すべてが素晴らしいと認めること。

これによって、相手は自己防衛から抜け出て、あなたに心を許して、話したり接することが可能となるだろう。

一気に相手との距離は縮まることとなる最重要の原則だ。

その人の存在をあるがままの姿で受け止めること。それを伝えたい。

あなたが存在することが尊くて、生きていてくれるだけでいい

秘密保持の原則は、当たり前だが、口の軽いヤツはモテない。

相手との関係や話した内容をベラベラ他言してはならない。

モテるやつは寡黙で相手の話を聞くことに徹するくらいがよい。

自己決定の原則は相手の自己決定を促して尊重すること。

相手が自己の判断をもとに、したいことをさせてあげること。

可能な範囲で意見をきき、相手の趣味や娯楽や選択に合わせてあげてほしい。

自己決定を尊重することによって、あなたがどんな決定にも合わせてくれると思った場合、相手はあなたと付き合いやすいと思うだろう。

統制された情緒的関与の原則とは、あなたが自己の感情をコントロールし、相手の感情的側面に対して、感受性を働かせることによって、感情の意味について理解し、意図的に反応することである。

人間関係はストレスが多い。自分の思い通りにならないこともあるだろう。

相手から嫌なことを言われて、怒りたいときもあるかもしれない。

そんな感情が沸き起こったときには、相手がどうしてそのような言動をするのか、一歩下がって理解することが大事だ。

'''そのうえで相手の感情に適切に反応するように心がけたい。

あなたも感情的になってケンカしてはいけない。'''

意図的な感情表現の原則は、相手が感情をうまく表現できないでいる場合、

あなたは相手が自由に自分の感情を表現できるように働きかけるようにしないといけない。

要するに、何でも話しやすい雰囲気や関係性を保っておく必要性がある。

話しにくいこともあなたになら気軽に話せるし、審判されることがないと思ってもらえたら、コミュニケーションは円滑に進むだろう。

あなたは話しかけやすい人だろうか。

「今日は仕事どうだった?」、「最近困ったことはない?」など、日常的にあなたから相手を気にかける声かけの配慮が求められる。

以上がバイスティックの7原則を活用した人間関係に利用できる考え方だ。


人間関係や恋愛関係は難しい。良好な関係性を維持することは、とても大変なことである。

しかし、頭の片隅にバイスティックの7原則を置きながら、人間関係を良好に保ち、幸せな生活を送っていただきたい。

社会生活を営む上で、人間関係なくして豊かな生活は送れないのだから。




藤田孝典 NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授


1982年生まれ。埼玉県越谷市在住。社会福祉士。

首都圏で生活困窮者支援を行うソーシャルワーカー。

生活保護や生活困窮者支援の在り方に関する活動と提言を行う。

NPO法人ほっとプラス代表理事。聖学院大学客員准教授(公的扶助論など)。

反貧困ネットワーク埼玉代表。ブラック企業対策プロジェクト共同代表。

厚生労働省社会保障審議会特別部会委員。

著書に『貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち』(講談社現代新書 2016)

『下流老人 一億総老後崩壊の衝撃』(朝日新聞出版 2015)

『ひとりも殺させない』(堀之内出版 2013)

共著に『知りたい!ソーシャルワーカーの仕事』(岩波書店 2015)など多数。

[PR]
by miyabinahiro | 2016-10-05 22:18 | 学習 | Comments(0)


アップルマンゴーを生んだ元シャープ副社長:佐々木正


世界的には黄色いマンゴーが一般的


赤いマンゴーは日本だけしか栽培されていない

赤いマンゴーの正式名称は、アーウィン

通称、アップルマンゴーという

赤いマンゴーを開発したのは、

元シャープの副社長:佐々木正


佐々木が高校生のときに

卒業制作の研究課程として開発したものだった

佐々木はシャープに入社後、世界で初めて電卓を作った


のち副社長に就任した佐々木に、

若干20歳の若者が訪ねて来た

「新しいビジネスのアイデアがあるんです。


 他の会社では門前払いを食らってしまいました。


 あなたはどうか話を聞いてください」

そのアイデアとは、電子翻訳機

佐々木は、見どころがあると、「そのアイデア買った」

20歳の若者に40年前当時に1億円を与えた

シャープで電子翻訳機を開発、販売した

それが「ポケット型電訳機IQ3000」

その後、若者は1億円を元手に会社を興し、大成功する

それが後の、孫正義


翻訳機が話題を呼び、スティーブ・ジョブズが佐々木を訪ねて来た

「佐々木さん、あなたのビジネスのルーツは何ですか?」

「僕のビジネスのルーツは、アップルマンゴーなんです」

北国のりんごと南国のマンゴーを掛け合わせた

真逆のものを組み合わせて新しい物を作る、

これがビジネスだ、と答えた

ジョブズは感動した

「素晴らしい話です。実はうちの会社はアップルって言うんです。

 もしかしたらわが社もいつかマンゴーとなる何かを見つけなければいけないですね」

そんな話をして2人は別れた

数年後、アップル社は、iPodを発売する



出典;
http://zatsugaku.myblogs.jp/2016/06/24/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E6%AD%A3/


テレビで知ったとき、

天才って存在するのね・・・と思い、

孫正義氏の名前が出たときは心から感動しました。


[PR]
by miyabinahiro | 2016-09-15 21:33 | 学習 | Comments(0)

まちがいさがし


① 「ぐずぐずしているからライバル会社に先(さき)を越されるんだ。」

② 「女房の家は名家でね、敷居が高くて滅多に行けないよ。」

③ 「聞いた風なことをぬかすな、お前がどれだけのことを知ってると言うんだ!」

④ 「悪いと知っててやったそうだな、お前は確信犯だ!」

⑤ 「結婚式が近いんで浮き足立っているんだ、男なのにね。」



出典;言ってはいけないことわざ成句



①~⑤の言い方は明らかな誤りなのだそうです。知らないと赤っ恥ですって^^
[PR]
by miyabinahiro | 2016-05-30 06:49 | 学習 | Comments(0)

ご存知でした? テレビで知りました。

以下は甲府市(https://www.city.kofu.yamanashi.jp/senior/tsubo/035.html)のHPからの引用です。



「風林火山」には続きがある!?

戦国時代最強といわれた武田信玄率いる武田軍。

その本陣に掲げられていた軍旗(正しくは「孫子の旗」、

「孫子四如(しじょ)の旗」)に書かれている文字「風林火山」は、

古代中国の『孫子』という兵法(ひょうほう)書から用いたとされています。

「風林火山」は、『孫子・軍争編第7』の軍の行動について書かれている最初の部分で、

実はこれには続きが・・・!


その疾(はや)きこと風のごとく

其疾如風

その徐(しずか)なること林のごとく

其徐如林

侵掠(しんりゃく)すること火のごとく

侵掠如火

動かざること山のごとく

不動如山

知りがたきこと陰のごとく

難知如陰

動くこと雷霆のごとし

動如雷霆


e0161915_20594779.jpg


画像:武田家の遺臣たちが納めたといわれる「孫子の旗」。

高さ3.8m、幅78cm(甲州市雲蜂寺所蔵)



知ったかぶりをせずに、

こういう話しをさりげなく教えてくださる男性は素敵です。

[PR]
by miyabinahiro | 2015-12-31 21:07 | 学習 | Comments(0)

Torauma?


Torauma?

トラウマについて

インナーチャイルドセラピーは傷ついた子供の頃の記憶を癒していくセラピーなので、傷ついた記憶としてトラウマという問題がでてきます。そして、多くの場合、トラウマというものをネガティヴな記憶として触れてはいけないイメージと共に持っていると思います。

でも、果たしてトラウマとはどんなものなのでしょうか?

まずはトラウマ(心的外傷)の定義から


個人の精神生活に衝撃を与えるような出来事があり、それがあまりにも強烈であるため適切な対応が出来ず、無意識下に抑圧されて長期にわたる障害をもたらすような経験を言う。

『カウンセリング辞典』

以下、一つだけでなく複数の出来事が重なったことにより起こる場合や、その人の葛藤の度合いにより個人差があることも書かれています。

誰でも心に傷を持っているとまでは言わないけど、人に言えない秘密の一つや二つはあると思います。でも、多くの人は、それを乗り越えて、または気にしないで生きています。しかし人によっては些細なことでも傷ついたり、必要以上に気になってしまうこともあります。

だから本人には悪意はなくても、知らず知らずの内に誰かを傷つけている可能性もあるのです。お互いに被害者であったり加害者であったり。絶対そんなことはないと言える人は、山奥で一人で暮らしている仙人くらいでしょうか。他人と関わる人は必ず両方を経験していると思います。

インナーチャイルドは傷ついた子供

子供は、善悪の判断もつきませんし、親や周囲の感情と自分の感情の区別もついていません。だから、両親が些細な夫婦喧嘩をしている場面でも、両親が喧嘩をしているのは「自分が悪い子だからなんだ」と思ってしまったりします。

初めて希望を伝えた時に、たまたま親の機嫌が悪かったり疲れていたり余裕がなかったりして、子供が望むような対応をしてもらえなかった場合にも、子供は深く傷ついて「自分は嫌われている。愛されていない」と思い込んでしまうこともあるのです。

また、「こんな風には思ってはいけない、だってお母さんが喜ばないから」と、ずっと自分自身の感情を押さえることになるきっかけは、ほんとうに些細な一言「うるさい子ね」だったり、質問に対して答えなかっただけ(無視)だったりするのです。

親の立場からしてみれば、そんなことでトラウマだと言われてはたまらないでしょう。親にとっては記憶もしていないような日常のよくある出来事。でも、その時の子供にとってはずっと影響を及ぼしていたことに後で気づくこともあります。その本人も忘れていた記憶を思い出し「こんなことが」とびっくりされることが多いです。

くり返しのドラマ

多くの人達は、自分が親になったり、くり返しのドラマの中で気づき、親の立場を経験することで自然と癒されていくのだと思います。今までだってずっと、それは昔からあったことです。でも、なぜ今、注目を集めているのか?

くり返しのドラマ。親から子へ、子から孫へ。自分が親と同じことをしていることに気がつき、もうこれはくり返してはいけない、何かがおかしいと気がついた人達が増えたからかもしれません。

大人になって親になったら確かにわかることはたくさんあります。でも、そうではなく、本当はこうしてもらいたかった子供の頃の自分の気持ちを、今、とり戻す必要があると感じているのだと思います。与えることと受け取ることのテーマ。

共通するテーマは愛だと思います。多くの方がよく言われるのが、「愛された経験がないから子供に対してもどう接していいかわからない」、「許してないんだと思う。でも、許すとか愛するとか考えたこともない」、「人に合わせるばかりで自分のことなんて聞かれてもよくわからない」と、自分自身についても愛が必要だと理解しているのです。

同じ親の対応でも、親の精神が安定していて常に愛情を子供が感じていられる環境では、子供は安心していられます。たとえNOの反応を受け取っても、トラウマになったりはしません。

逆にYESの反応でも、親がイライラしていたりすれば子供は不安になるものです。絶対的に愛されている実感を子供が親から受けるには、親自身が自分の内に愛を感じている必要があるのです。


出典:http://www.ray-jp.com/child/torauma.html

[PR]
by miyabinahiro | 2015-12-03 19:01 | 学習 | Comments(0)

言いたい事を言うために


言いたいことを言って、人と意見が食い違ったら、

自分が正しくても、「相手が正しい」ということにして、自分がスッとよければいいんです。


「いや~、いいこと聞いた、いいこと聞いた」とか言って、別の場所でまた自分の意見を言っていればいい(笑)


自分が正しくても、相手が正しい……って言うのはちょっと違和感があるかもしれません。

しかし、これは「争わない」「傷つけない」ための優しさのテクニックなんだ、と思います。

話の内容の正誤を追求するよりも、無意味に人と争うほうがよっぽど「正しくない」ってことですね。


どっちが正しいかは周りが決める


第一、どっちの意見が正しいかって、当事者が決めることじゃないんだよ。

そばで、双方の意見を聞いてる第三者が決める。


「あの人って利口だね。自分が正しくたって、相手に花を持たしてあげて、すっとよけた」って周りの人が決めてくれるんです。


だから意見が食い違ったときは、お互い正しさを言い合う必要がない。

「相手が正しい」ことにして、さっさとよければいい。


そうやって、人と争わないことが正しい。


これはブログにも言えることかもしれませんね。

自分の正しさをどれだけ頑強に言いはったところで、それは周りが決めることですよね。


理論は人をやっつけるためのものじゃない

それに、正論を言うのが正しさではない。

正しいことを言うのが正しさではないケースだってありますよね。


理論というのは、人をやっつけるためにあるんじゃないんです。


人と人が会って話すときは、お互い知らないことを知りあえばいい。

そうやって楽しい時間が過ごせれば、それでいい。

そのために、精神論なりなんなりの理論がある。


ところが、人はその理論で、言い争っちゃう。


その点、自動車とよく似てるね。自動車って移動が便利だけど、使い方一つで事故が起きる。


理論も自動車と同じで、相手が出てきたら自分が下がってあげる、って決めておけばいいんだよね。


この「愛される人生」では「人を喜ばせること」がひとつのテーマになっています。

言葉という道具を使うなら、やっぱり他人を喜ばせてお互いが楽しくなるような流れにしたいですよね。


事故は避けたいものです。


世の中には、理論や正論でひたすら他人を攻撃しているような人がいますが、

ああいうのって悪質な暴走ドライバーみたいなものかもしれませんね。逃げるが勝ちでしょうな(^_^;)


出典:言いたいことを言って、人ともめない知性を持つと人生楽しい

[PR]
by miyabinahiro | 2015-11-09 22:15 | 学習 | Comments(0)

虎なmakoです。