カテゴリ:新潟の言葉( 2 )

よくひ・・・?


翌日・・・「よくじつ」と読むわけですが、

どうして 「よくひ」 と言うのだろう?


未だに慣れない。

小学校の先生も「翌日」を「よくひ」と教えるのだろうか。


方言は方言でいい、

しかしながら学校というところは、

正しい日本語を学ぶところです。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-09-25 12:34 | 新潟の言葉 | Comments(0)

なんぎぃ!


新潟弁は言葉のアクセントが標準語に近いため、新潟県人は言葉さえ直せば、
比較的簡単に標準語を話すことができます。

逆に言えば、言葉さえまねすれば新潟県人のふりをするのも容易ということです。
特に、新潟弁は、語尾に特徴があるので、細かな方言を知らなくても、この特徴
さえ修得すれば、即席の新潟県人のできあがりです。


1.「ら行」の活用
 (1) 「だ」を「ら」に置き換える
   ・ 大変そうだ → 大変そうら

 (2) 「よ」を「れ」または「ろ」に置き換える
   ・ 大変だよ → 「大変だれ」、又は「大変だろ」
    ※ 上の(1)と組み合わせて、「大変られ」、「大変らろ」とすると更に
      県人っぽい
   ・ いいよ → 「いいれ」、又は「いいろ」

2.特徴的な末尾語の活用
 (1) 「ですね」を「ねっか」に置き換える
   ・ おいしいですね → おいしいねっか
   ※ ここで「おいしい」を「うんめ」に置き換え、「うんめねっか」とすれば
     最高です。
   ・ おもしろいですね → おもしろいねっか
   ※ ここで「おもしろい」を「おんもしぇ」に置き換え、「おんもしぇねっか」
     とすれば最高です。

 (2) 「ですよ」を「だて」に置き換える
   ・ 食べるのが早いんですよ → 食べるのが早いんだて
   ・ 勉強が嫌いなんですよ → 勉強がきらいなんだて

 (3) 「~ってば」を「てば」に置き換える
   ・ いいってば → いいてば
   ・ やっているってば → やって(い)るてば


学生時代に新潟出身の同級生がいました。

私は東北の生まれなので、冗談で「新潟は東北の7県目よね^^」と言ったら、

「関東甲信越です!」と本気で言い返されたことがありました。

関東甲信越

1. 北関東

2. 新潟・佐渡

3. 首都圏

4. 伊豆・箱根

5. 山梨・富士

6. 信州・清里

(webから)


ちなみに「なんぎぃ」とは「難儀」のことです。利用者さんもよく使っています。

なん‐ぎ【難儀】
[名・形動](スル)1 苦しみ悩むこと。苦労すること。また、そのさま。「腰を屈めるのも―だ」「雪道を行くのに―する」2 面倒なこと。迷惑なこと。また、そのさま。「―をかける」「―な話をもちこむ」


以上、お父さんのためのワイドショー講座でした^^なんちゃって!
[PR]
by miyabinahiro | 2009-08-18 21:08 | 新潟の言葉 | Comments(0)

虎なmakoです。


by mako
プロフィールを見る
画像一覧