カテゴリ:天地人( 4 )

「世界の渡辺謙」魚沼市民の誇り




「世界の渡辺謙」魚沼市民の誇り…名誉市民授与


 魚沼市は1日、市出身の俳優・渡辺謙さん(55)に名誉市民の称号を授与した。

 同市の小出郷文化会館で開かれた市の合併10周年を記念する式典に合わせて授与式が行われ、渡辺さんは、妻で女優の南果歩さん(50)と一緒に登場。大平悦子市長から「名誉市民の証」と刻まれたガラス製の盾を受け取り、市民ら約1000人が盛大な拍手で祝った。

 渡辺さんは、「今まで魚沼に貢献してこられたかどうか自信がないが、これからは頂いた称号を活用して行動していきたい」とあいさつ。南さんも、「(渡辺さんの)辛抱強さ、耐える力は、魚沼の豊かな自然の中で得た宝物」と話した。


2014年11月02日 The Yomiuri Shimbun






[PR]

by miyabinahiro | 2014-11-02 11:01 | 天地人 | Comments(0)

山本五十六の記録




この方を知らずして新潟を語るな・・・でしょう。


氏の有名な言葉がありますね。


やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。



真実の指導者の言葉だと思います。
[PR]

by miyabinahiro | 2014-06-15 16:05 | 天地人 | Comments(0)

石田三成



e0161915_2216243.jpg

本当にこんなに素敵な人だったのかも・・・

兼続と出逢ったことで三成は人として大切な事に気づきました。26才でした。

ものごとの善悪に気づかずに生涯を終えたのではありませんでした。

e0161915_22195552.jpg


石田三成
1560-1600

若い時から豊臣秀吉の小姓として仕え,織田信長の死後,秀吉が台頭すると,三成も秀吉の下で次第に頭角を現していく。直江兼続とは同い年。兼続と落水城の会見で出会い,意気投合し友好を結んだとされる。関が原の戦いで徳川家康と交戦し敗北。


e0161915_22242472.jpg

[PR]

by miyabinahiro | 2009-05-25 22:17 | 天地人 | Comments(0)

生涯側室を持たなかった兼続


e0161915_2128599.jpg


 御館の乱後の天正9年、論功行賞の争いに巻き込まれた直江信綱(お船の方の夫)が死去しました。直江家の名跡を惜しんだ上杉景勝は樋口兼続を婿に入らせ直江家を継がせます。兼続22才、お船の方25才のときでした。



 お船の方は内助の功に徹した大変聡明な女性でした。北条政子に似ていたとも言われており、兼続とのあいだには1男2女をもうけています。夫婦の仲は睦まじく、当時としては珍しく兼続は生涯側室を一人も持ちませんでした。


 主君景勝の側室・四辻大納言公遠の姫が玉丸(定勝)を産みますが、産後の肥立ちが悪く、この世を去ります。玉丸を母代わりとなって養育したのが、お船の方でした。



 兼続の死後は後室と呼ばれ、定勝の政治に裏から尽力し、女性としては異例の禄3千石を与えられています。



 またお船の方は兼続の遺志であった『文選』の刊行をも手がけており、深く理解し合い価値観を共有した夫婦であったことが、偲ばれます。(資料より)


お船という女性は男性が求める女性像かもしれません。

そして、兼続も女性が望む男性像といえるでしょう。

人は、愛と義を忘れてはなりませんね。

本日放送の石田三成の涙は、それを知った瞬間の涙に思えました。

e0161915_2129174.jpg

[PR]

by miyabinahiro | 2009-05-24 21:18 | 天地人 | Comments(0)