カテゴリ:未分類( 1404 )

セスキ炭酸ソーダ

e0161915_05402355.jpg

ご存知でした?

これは凄い!

https://sk-imedia.com/sesukitansansoda-11208.html

あれこれ買い揃えて試すより、

これ1つあれば経済的だし、清潔に暮らせますよ^^







[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-21 05:48 | Comments(0)


[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-19 23:40 | Comments(0)

みのたけみのほど


例えば社会福祉法人ならば、施設長になるには段階があるのだろう。


夜勤も入浴介助も排泄介助もしたことがなく、

介護の経験そのものがない相談員が管理者になった場合、

途端に「威張りだす」人間がいる。


ケアマネは「俺より下」だそうだ。


介護保険制度の知識もないから無知ゆえの違反がある。

「それは違反ですよ。」と言えば、

「口を出すな!」だそうだ。

これまで敬語だったはずだが。


「デイサービスのお客様を施設のマージャンレクに参加させることにした。」

・・・はぁ?

違反だけでなく、算定の意味を知らないという。

毎月10日までに国保連に請求をあげることも知らないそうだ。

月遅れ、返戻、利用票、提供票、モニタリング、通所介護計画書の意味も知らないという。


「資格なんて関係ない、資格なんかどうだっていい」なる言葉は、

その資格を取った人に許された言葉であろうな。


資格コンプレックスがあり、

「実はその資格が欲しい」ならば、努力するしか道はない。


社会福祉士を取ったら如何ですか?と言えば、

「忙しいから。」・・・

忙しいからなんだ? 「忙しい」を理由にする、その言い訳。

「忙しいから」は最も嫌いな言葉だ。


あんたが面接した応募者は、10人中10人が辞退している現実。


見た目で勝てない事実を認めること、

見た目で相手を惹きつける何もないなら、

優しさや包容力、穏やかさ、また会いたいと思わせる話し方等、

内面を磨く以外、ほかに何があるだろうか。












[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-15 22:31 | Comments(0)




話し方がとても品の良い方だと思います。

教え方も上手いし、素敵な男性です^^


[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-15 11:10 | Comments(0)

囲碁 その2


ご入居者が「囲碁入門」なる本を貸してくださった。

ずいぶん年季が入った本を手にしながらありがたいと思った。


今日と明日は休み。

朝からpcで囲碁のルールを確認しています。

https://yasashiigo.com/quiz/quiz_1/1_3.html


囲碁をしていると、気が短い私が穏やかな時間の中にいることに気づく。

90代のご入居者は、気長に私の一手を待ってくださる。

ご家族が仰った。

「父に希望をありがとうございます。」








[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-12 17:55 | Comments(0)

message


気に入らなければアクセスしなければよろしい。


[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-11 11:21 | Comments(0)

囲碁




今ね、囲碁に凝っています。

対局相手は施設のお客様(80才)。


最初はルールがわからず、

あっちに石を置けば「なんでそんなところに置くの?」と言われ、

そっちに石を置けば「ぜんぜんダメ!」と怒鳴られ、

「すこし勉強して来い!」と呆れられました。


大体が、悔しいとか、次は絶対勝ってやる!・・・とか思わない私です。


お客様の「手のリハビリ」が目的だから、

ケアプランに将棋と囲碁をレクとして載せているし、

半ば「義務」でユーチューブの「囲碁 初心者」を眺め始めました。


・・・そうしたらね、ある瞬間からふっと理解できたの^^

「これは面白い!」とつぶやき、

早速お客様と対局しに行きました。


「何時の間に覚えた?」と言って頂きました。


そばで様子を眺めていた別のお客様(86才)が、

「実はね、ぼくもやるんですよ^^」と。


ニコニコと楽しそうにご覧になっていた別の女性のお客様も、

「うふふ、私もできるのよ^^」と。


それでですね、正式に、毎週金曜日が「囲碁の日」になりました。










[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-08 21:28 | Comments(0)

何をしに


辞めたいと言っていた相談員が辞めるのを止めた。

誰も引き止めてはいないのに辞めないという。


ある病院で、サービス担当者会議があった。

出席者は看護師、理学療法士、医療相談員、ご家族、ご入居者、福祉用具専門相談員、私。

・・・の予定だったが、福祉用具専門相談員だけが来なかった。

ご家族は「約束を守れないなんて・・・」とお怒りだった。


福祉用具専門相談員に会議の連絡をしたのは当館の相談員だった。

「僕が連絡します。」という言葉を一瞬でも信じた私が悪い。


待ち合わせは病院の5Fだった。


ところが、相談員は病院の受付で待ち合わせだと伝えていたという。

ご入居者の名前も伝えていなかったから身動きが取れなかったのだろう。

受付の前でただひたすらに待つしかなかったのだ。



別の場面では、相談員がお客様のご家族からの5つ依頼を全部忘れてしまった。

まったくメモを取らないのを見て、

近くで聞いていた私がメモを取っていた。


「・・・それは12日にお願いします。」とご家族が仰ったのに、

「はい、かしこまりました。13日ですね。」と相談員が言った。


ベッドのマットレスにはサイズがある。

91㎝幅のベッドに81㎝のマットレスを運んでしまい、

「マットレスにサイズなんてあるんですか?」と。


また「本日、ご家族が荷物やテレビを搬入します。」と申し送りながら、

ブレーカーは下げたまま、カーテンのフックは取れたまま、

ベッドメイキングもできていなかった。

お客様にお詫びをするのは大体が私だ。


有効期限が切れている介護保険証を、

「介護保険証を確認しました、大丈夫です。」



・・・あんたは何をしに来ているの?










[PR]
by miyabinahiro | 2017-04-03 23:40 | Comments(0)

ひこうきvsくるま



どちらも運転、操縦してみたい

飛行機、かっこいいなぁ。




[PR]
by miyabinahiro | 2017-03-30 22:12 | Comments(0)







[PR]
by miyabinahiro | 2017-03-28 15:01 | Comments(0)

虎なmakoです。