県立三条高校で模試の受験料不明に

県立高校で模試の受験料不明に



三条市の県立三条高校で、生徒の模擬試験の受験料として集め、金庫に保管していた現金63万円が無くなっているのが見つかり、警察は盗難事件とみて捜査しています。

県などによりますと、無くなったのは、ことし8月に行われた模擬試験の受験料として、2年生の希望者210人から集めた現金63万円です。

受験料はいったん学校の銀行口座に預けられ、今月5日に口座から下ろして事務室の金庫に保管されていました。
そして、今月17日に業者に支払う際、職員が金庫を開けたところ、無くなっているのに気付いたということです。

この間、金庫に現金を入れた翌日の今月6日は金庫に現金があることが確認されていますが、それ以降に確認した職員はいないということです。

また、日中は書類や印鑑などの出し入れで、金庫の鍵を開けたままにすることもあったということです。

金庫の鍵は、事務長を中心に事務室の職員で管理していますが、鍵は紛失しておらず、金庫がこじ開けられた形跡もないということです。

学校から通報を受けた警察は、盗難事件とみて捜査しています。

上杉肇校長は「大切な受験料が無くなり、本当に申し訳ありません。

2度とこのようなことが起こらないよう再発防止に努めたい」と話しています。


NHK 10月21日 17時40分




この高校は、金子恵美議員の出身校です。

あぁ、そういえば今朝のニュースで、ご主人と子育てしている様子が流れていました。


情けない男の方が合っている女性なのでしょう。

同情票はそうそう長くは続かないと思いますけれど・・・ね。


あ、・・・本題からソレてしまいましたな。

[PR]

by miyabinahiro | 2016-10-22 14:17 | 事件 | Comments(0)