赦すこと



相手をそのまま認めてしまうことが「赦す」ことだと言う。


真実の強さとは、相手を受け入れること。


批判や否定をするとは「弱さ」。


相手をそのまま認めてしまえば、

見えて来るものがあるのだろう。



認知症の人を否定し批判したら、

介護の仕事はできないかもしれない。


無知な子供を否定し批判したら、

児童相談を業とはし難い。



自分の夫や妻を否定し批判したら結婚は継続し難い。



否定し批判するから否定され批判されてしまう。


単純なことを難しく難しくしているのは自分。


人間関係を難しくする原因は「弱さ」。


そのままの相手を赦すことができるなら、

生きやすくなるのかもしれない。



相手に何かかを伝えるときは、「言い方、伝え方」なのでしょう。
























[PR]
Commented by hasi at 2015-11-14 10:44 x
makoさん、ご無沙汰しています。

赦す…なかなかできない自分とせめぎ合っていますf^_^;)
児童相談に携わる私が赦せないのは、児童ではなく理解の得られない関係者。
でも、うまく相手に伝えられない、私の論理的な弱さゆえかも…と、いつマイナスな感情を相手にも自分にも抱く日々です。

人間いくつになっても、未熟で勉強f^_^;)必要ですね…
Commented by miyabinahiro at 2015-11-15 08:34
hasiさん、ありがとうございます。

釈迦に説法になりますがご容赦ください。

もしその関係者が親族ならば、

書面に「父、母」と記載する人でしょうか。


それまで生きて来た知識や経験でものを言うのは不思議ではありません。

直ぐには他の意見や考えを受け入れられない人もいることでしょう。


「あなたの(心の)声をしっかり聴いています。」

・・・そのように相手に伝わるには相当の時間を要することでしょう。

思うように言葉(論理)が出てこなくとも、

「この人が言うことなら」と、伝わる日が訪れると思います。

たとえ今伝わらなくとも、

こちらがブレない強さを持っていることが大切なのでしょう。


hasiさんが、「気づきのきっかけ」になることで、

(いいえ、既にその存在になっていると思います。)

目の前の人の心は変化して行くと信じています。




Commented by hasi at 2015-11-22 13:16 x
makoさん、ありがとうございます(*^^*)

父母に対しては、ゆっくり変化を求めているつもりです。
その人たちに、色々な背景があることが分かるだけに、赦す赦さないというレベルではないと思っています…

私の狭い心がいつも赦せないのは、施設職員。
育てられない親の手元から、引き受けた職員たちは、専門的であるべきなのに、受けた心の影響から問題行動を起こしてしまう子どもたちを、いとも簡単に手放そうとする。
きつい言い方になりますが、育てられない親以上に酷いと思っています。

このままでは他の入所児童に影響がありますから
このままでは、職員が疲弊してしまいますから

どこを見て仕事しているんだろう?
他の子どもへの影響が及ばないようにするのがあなた方の仕事ではないか?

また、戻ることを前提に厳しい施設に期間限定で問題を起こした子どもを措置変更でもしようものなら、あちらの思う壺。
二度とその施設に戻ることはできません。

これが、児童福祉の実態なのだと思うと、心が荒みます。
ごめんなさい、酷い愚痴ですね。
それこそ、お赦しください。

makoさんのごはんだんで、必要なら非公開にしてください。
Commented by miyabinahiro at 2015-11-23 22:01
hasiさん、ありがとうございます。

ずっと考えていました。本当にずっと考えていました。

私の想像など遥かに超える厳しい世界なのだと思います。

例えば、児童相談所であれば、

「通報したのに動いてくれなかった。」

「通報されてしまい、よく話しも聞かずに子供を児相に連れて行かれた。」

「通報があったから動いたのに、結果が社会の反感を買ってしまった。」

・・・どう動いてもマスコミが騒いでしまう等。

想いがあっても上司に遮られてしまう、

児童相談を仕事にしていても、

自分の子供は問題がないから真から理解できない、

職員の人生経験が未熟で教科書通りの回答しかできない。

・・・問題を起こす子供であるからこそ、

目の前の大人の心が自分を向いているかどうかを、

一瞬で見抜く技術を身につけてしまい、・・・

気づけば一筋縄ではいかない人間ができあがるのでしょう。

(あ、これ私自身のこと・・・です。)


相手は変えられないかもしれませんが、

仕事への向き合い方を変えてもらえる方法があります。

hasiさんならきっと見つけられると思います。

by miyabinahiro | 2015-11-12 02:52 | message | Comments(4)

虎なmakoです。


by mako
プロフィールを見る
画像一覧