すすきの


なつかしい話しをひとつ。


ずいぶん昔、すすきのでは女優のような女性と普通にすれ違うことができました。

「テレビで見る薄野というところに行ってみたい・・・」と思ったものでした。

札幌に住んだ当初、私は円山近郊の女性専用マンションに住んでいました。

すすきのに行くには地下鉄東西線の西28丁目駅から大通りまで行き、

それから南北線に乗り換え「すすきの」下車です。


20年前は飲食店が5,000軒以上はあると言われました。

知る人ぞ知る、故八柳鐵郎氏はすすきのの一時代を築き上げた人物です。

非常に品のある方でした。


今はもうありませんが、ある老舗クラブがありました。

そこNO.1の女性が目を見張るほどの絶世の美女でした。

「NO.1に、美人はいない。」と言われますが、彼女は本当に美しい女性でした。

着物姿など、同性から見ても惚れ惚れしたものです。


指輪などの宝石を纏わずとも彼女そのものが宝石のような女性でした。

(※~でしたと過去形にしていますが、ご健在です。)


私は宝石や着物に関心がまったくないので、

その価値が分からないのですが、

彼女の着物は、相当の数と相当の金額であるとご本人から聞きました。


今現在のすすきのはどんな街なのでしょう。


老舗のお店が次々と姿を消したというすすきの。

私から見れば娘のような世代の若い女の子たちがあふれているのでしょうか。



現在もご活躍の田中ママという素敵な女性がいらっしゃいます。

このママも美人で聡明な女性です。

とっても有名ですよ。

すすきのに行かれる機会がお有りでしたら是非お立ち寄りくださいませ。

「スナック原価」の田中ママを知らずしてすすきのを語るな・・・です。


以下のアドレスが「原価チェーン」のHPです。

http://genka.jp/pc/index.html















この続きはまたいつの日か。

[PR]
by miyabinahiro | 2013-01-25 19:24 | 札幌 | Comments(0)