ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

イクセロンパッチ

アルツハイマー型認知症治療に新たな選択肢、
   
           
  


 パッチ剤を提供

e0161915_12475128.jpg



ノバルティス ファーマ株式会社(代表取締役社長:三谷宏幸)は、本日、軽度及び中等度のアルツハイマー型認知症の治療薬として、経皮吸収型製剤「イクセロン®パッチ4.5mg, 9mg, 13.5mg, 18mg」(一般名:リバスチグミン)を新発売いたします。

「イクセロンパッチ」は、アルツハイマー型認知症における認知症症状の進行を抑制するコリンエステラーゼ阻害薬で、国内で実施されたプラセボとの比較による臨床試験において、認知機能*障害の進行を抑制する効果が示されました。



「イクセロンパッチ」は、1日1回、皮膚(背部、上腕部、胸部のいずれか)に貼付する、アルツハイマー型認知症治療剤としては日本で初めてのパッチ剤です。

貼り付けるだけという簡便な投与方法により、介護者の服薬管理のサポートや服薬介助の負担を軽減することが期待されます。

また貼付の有無や投与量を目で見て確認できるため、服薬遵守や服薬継続にもつながります。一方で、皮膚を通して薬剤が徐々に吸収されるため、血中濃度の急激な上昇が抑えられ、消化器症状(主に悪心、嘔吐)が軽減されます。


ノバルティス ファーマ株式会社 代表取締役社長 三谷宏幸は次のように述べています。

「この度のイクセロンパッチの発売により、アルツハイマー型認知症の治療にパッチ剤という新たな選択肢を提供できることを嬉しく思います。この疾患は、患者さんにおいては日常生活を送るために必要な身の回りの動作ができなくなると同時に、患者さんを介護されるご家族のQOLをも低下させることがあります。イクセロンパッチの上市によって、服薬が簡便となり、患者さんとご家族、双方の負担が軽減できることを期待しています」


「イクセロンパッチ」は、ノバルティス ファーマ社(本社:スイス・バーゼル市)が創製した薬剤で、日本では2007年より小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良 暁)と共同開発を行いました。

本剤は、2007年7月に米国、2007年9月にEUで承認されて以来、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症の標準治療薬の一つとして、世界82カ国以上で承認されています(2011年1月末現在)。

臨床試験で測定された認知機能の「評価項目」は主に、単語再生、口語言語能力、言語の聴覚的理解、手指および物品呼称、見当識などです。



ノバルティス ファーマ株式会社について

ノバルティス ファーマ株式会社は、スイス・バーゼル市に本拠を置くヘルスケアにおける世界的リーダー、ノバルティスの医薬品部門の日本法人です。

ノバルティス グループ全体の2010年の売上高は506億米ドル、研究開発費は91億米ドル(減損・償却費用を除くと81億米ドル)でした。

スイス・バーゼル市に本拠を置くノバルティスは、約121,000人の社員を擁しており、世界140カ国以上で製品が販売されています。

詳細はインターネットをご覧下さい。http://www.novartis.co.jp/


出典:イクセロンパッチ




もうちょっとわかりやすい説明を「ケアマネドットコム」から抜粋させていただきました。


貼り薬の認知症薬『イクセロンパッチ』とは何か?

イクセロンパッチはスイスのノバルティスファーマで作られた新しいタイプのアルツハイマー型認知症治療剤です。小野薬品からでているリバスタッチパッチも同じものです。


使い方は簡単。背中、上腕または胸に1日1回1枚貼るだけです。
薬の有効成分を皮膚から吸収させるようにした新しいタイプの薬(パッチ剤)ですので、皮膚から血液の中に入った薬の有効成分が肝臓を通らずに、直接脳に届けられます。
ですから飲み薬とは異なり食事や胃腸への影響が少なくなります。

イクセロンパッチの効用と副作用

○ イクセロンパッチの効用

イクセロンパッチは、アルツハイマー型認知症の治療薬としては、世界で初めてのパッチ剤(貼り薬)で、アメリカで2007年に発売されたのを皮切りに日本も昨年から使用できるようになりました。なかでも認知機能では、単語再生の改善や気力の障害に対して国内試験で初めて統計学的に有意な結果が示されました。また、介護者評価でも効果が「会話能力」と「着衣と服装」で効果が示されています。

使い方は簡単。背中、上腕または胸に1日1回1枚貼るだけです。
薬の有効成分を皮膚から吸収させるようにした新しいタイプの薬(パッチ剤)ですので、皮膚から血液の中に入った薬の有効成分が肝臓を通らずに、直接脳に届けられます。
ですから飲み薬とは異なり食事や胃腸への影響が少なくなります。


○ イクセロンパッチの主な副作用

高齢者の方では、毛穴から出る脂分(皮脂)が少なく、皮膚が乾燥しやすくなっています。乾燥した皮膚では表面(角質層)のすき間が多いため、皮膚を守る働きが低下しており、刺激に弱くなっています。そのためニコチンパッチ、モーラステープなどの貼り薬を使うと、貼った場所にかぶれ、かゆみが出現することがあります。


イクセロンパッチも同じで、皮膚症状といって赤みや痒みが出現することがあります。 これらは、ヒルドイドなどの保湿剤で予防、リンデロンVなどのステロイド外用剤で対応が可能です。赤みや痒みがでても、お薬が体内に浸透している証拠になりますので、自己判断で服薬中止をしないよう利用者・ご家族に伝えて、主治医と相談することが大切です。





詳細はお勉強くださいませ。
[PR]
by miyabinahiro | 2012-11-27 12:49 | 医療 | Comments(0)