ケアマネmakoのひとりごと

miyabimako.exblog.jp

虎なmakoです。

ブログトップ

自信とは自分で自分を頼ることのできる能力

人はだれでも強く、頭が良く、そして人の上に立てる立派な人間でありたいと思っています。

それがかなわないまでも、そうなれればという願望を持っています。 

だから自分には能力がないとか、弱いと言うことは認めたくないのです。 

そう認めることは社会から落ちこぼれることを意味するからです。  

自分が他の人より劣っていることが事実であればあるほど、その事実は認めたくないのです。 

自分の無意識の世界では自分が人より劣っていることを知っているので、

絶対に受け入れられないのです。


それを隠すためにお金もないのに気前のいい振りをしたり、

虚勢を張ったり、知っている振りをしたり、

有名人や政治家とつき合いがあるとか言って自分の弱さを隠そうとするのです。 


弱い人間は次の二つのパターンに分類できると思います。 

ひとつは自分がなにもできないことを認めて、

なにも言えない、なにもしない、なにも決断しないで流れに飲み込まれていくタイプです。 


もうひとつは虚勢を張るタイプです。 

この意味からすれば虚勢を張る人はいがいと寂しがり屋とか、

自分に自信を持てない人が多いと言えるでしょう。



中略


あなたの周りにも威張りたがりやの人がいると思いますが、

一度視点を変えていやなやつだとばかり思わないで観察してみると、

意外なことを発見できるかも知れませんよ。 

威張り散らす人の中には本当の自分を知られることが恐ろしくて、

威張っている人がかなりいると思います。 

「稔るほど頭を垂れる稲穂かな」と言うことわざがあるように、

本当に自信があって人間ができている人は頭の低い人が多いものです。  

でもこのような人はいったん決断すると、

他の人の言うことは驚くほどきかないこともあります。  

このような人の普段の姿からは考えもつかないような厳しいことや言葉が発せられることもありますが、

それは周囲の人が(正確に言えばあなたが)考え違いをしていただけなのです。 


自信のある人がなぜ普段は頭を低くしていることを気にしないかと言えば、

自分に自信があるからなにを言われても、

いざというときにはなんでもできるという心の余裕があるからです。 

心に余裕のない人は、そのことを隠していないと安心できないのです。



自分の弱さを率直に認めて、

それを克服するために努力する人だけが精神的に本当に強い人になれるのだと思います。 

なぜならそのような人は人間の弱さも知っているので、強さと弱さの両方を知っているからです。  


逆説的で賛成しかねる方も多いとは思いますが、

人間はそもそもが不合理(矛盾)のうえに存在しているからです。 

なにごとも合理性で割り切ろうとするから、よけいな苦労をすることになるのではないでしょうか。 

西洋的な合理主義ですべてを合理化し、

合理化できないものをすぐに排除しようとするから、

すなおに人間を見ることができなくなってしまったのではないでしょうか。 

あなたは自分の恋人や奥さんをなぜ好きになったのかを、合理的に説明できますか。 

説明できたとすれば、それは打算だと言ったらどうしますか。 


弱さを知らない強さは見せかけの強さであって、

はがねのようにもろいものだと思いますが、いかがでしょうか。 

そのような人は自分の価値観や経験で判断できない事態に直面すると、

あわてふためくのではないでしょうか。 


自分の価値観や経験が通用しない世界では、柔軟性がないので対応しきれないのだと思います。 

どんなことやどんなときにも、冷静に対応できる人が心の強い人だと思います。 

ものごとの両面を知っているから、対応が比較的的確にできるのです。 


鋼鉄は折れやすく(もろく)、軟鉄は折れにくいのです(柔軟)。


自分の弱さを認めることは勇気のいることです。 

自分の弱さを認めると、一時的にせよ周囲から奇異の目で見られるかも知れないからです。 

だから周囲の目ばかり気にする人は、自分を変えられないのです。 

周囲の目を必要以上に気にする人は、ものごとを自分の価値観で判断するのではなく、

周囲の価値観によって判断しているから自分を変えようにも変えられなくなってしまうのです。 

自分の価値観にしたがってものごとを判断できれば生き方が楽になります。 

それなのに周囲の価値観に従ってものごとを判断しようとするから苦労ばかりする事になるのです。


なぜなら周囲の価値観が変われば自分の判断基準も変えなくてはいけないからです。


なにごとも習慣づけることが大切なのです。 

一気に大きなことをやろうとしてもなかなかできるものではありません。 

たとえ心構えは十分でも、方法やお金やそのほかの諸々の段取りができないのです。 

方法は経験を通して身に付けていくものなので、

気持ちだけがいくら先行しても全体としてのバランスがとれていないのです。 

なにごとも小さなことから練習して、次第に大きなことにチャレンジすることです。 


小さなことが達成できたことの満足感を軽視すると、

なにごとにも喜びを感じられなくなるような気がします。 

小さなこと・ささいなことをもっと大切にしたいものです。 

このことは気が小さいと言うことではないのです。 

なにごとにも気配りができるということなのです。 

本当の意味で気配りができるということは、気の小さな人にはできないことなのです。 

苦労を苦労と思えなくなってくれば、強くなってきた証拠だと思います。



何度でも繰り返しますが、「自信とは自分で自分を頼ることのできる能力」なのです。 


この世の中のことのほととんですべてが、自分の考え方や見方によって変わってしまうのです。 

それなのに自分の見方や考え方に首尾一貫性がなくなれば、

この世の中のすべてが分からなくなって当然ではないでしょうか。


ことの善し悪しは別にして自分の生き方に首尾一貫性があれば、

そんなに社会や他の人の考えで右往左往させられることはなくなるはずだと思います。 

この世の中のすべてのことの基準は自分だからです。 

その基準がいつまでもぐらぐらしているから、生きることが苦しくなるのです。



出典:「自分の弱さを認められる人だけが強くなれる」より





その基準がいつまでもぐらぐらしているから、生きることが苦しくなるのです。

・・・なるほど。

[PR]
by miyabinahiro | 2012-09-24 05:17 | Comments(0)