幸せな人生を送るために

e0161915_10363670.jpg


詳細

我々の人生とは、自分自身の魂、もしくは本質である真我の、浄化、純化、深化をするためにある。
これが、もっとも正しい人生の目的、人生の意義なのです。


何のために生まれてきたのか(みなそれぞれに違う人生を歩いている;「たった一回しかない人生」だからこそ ほか)

魂を浄化、純化、深化させるために(まず「あの世」を信じることから始まる;なぜ「思ったことは必ず実現する」のか ほか)

仕事における六つの精進(忙しい毎日の中でも魂は美しくなっていく;魂を浄化するための六つの要素 ほか)

仏教の教えから生き方を学ぶ(人生の指標となる白隠禅師の『坐禅和讃』)
生き方の神髄3 稲盛和夫箴言集

e0161915_10395768.jpg

鹿児島県生まれ。鹿児島市立鹿児島玉龍高等学校を経て、1955年鹿児島大学工学部を卒業、がいしメーカーの松風(しょうふう)工業を経て、1959年、社員8人で京都セラミツク(現・京セラ)を設立し、10年後、株式上場。ファインセラミックスの技術で世界的な企業に成長させた。1984年には第二電電(DDI、現・KDDI)を設立した。(web)


名言

あらゆる事象は心の反映である。

したがって純粋な心でひたすら念じ続ければ、

たいがいのことは成就する。


成功する人と、そうでない人の差は紙一重だ。

成功しない人に熱意がないわけではない。

違いは、粘り強さと忍耐力だ。

失敗する人は、壁に行き当たったときに、

体裁のいい口実を見つけて努力をやめてしまう。



※もう22年も前に買ったカメラは京セラの「サムライ 3倍ズーム」でした。

  当時は本当に「カッコイイ!」と思いました。

  今でも使えるんですよ^^
[PR]

by miyabinahiro | 2009-12-26 10:53 | 気づき | Comments(0)